部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

ご存じですか、ごみの出し方のキホン!!

2019年09月05日 | 市民部

皆さんこんにちは。

市民部の浅井です。

9月に入りやっと暑さも和らいで、秋の気配が感じられるようになりました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

9月は台風のシーズンでもあります。

以前ご紹介した、ごみの日の確認にも便利なスマートフォン向けアプリ「箕面くらしナビ」はもうインストールされたでしょうか?

「箕面くらしナビ」では台風をはじめとした災害に関する情報も発信しておりますので、まだインストールされていない方は、これを機にダウンロードして今後の台風シーズンに備えましょう。

 

ごみの出し方のキホン

さて、みなさんは「このごみはどう捨てたらよいのだろう?」と迷われたことはないでしょうか?

 「箕面くらしナビ」や市ホームページでもごみの分別方法についてはご案内していますが、なかなかすべてを覚えるのは難しく、また、結局このごみはどの日に出せばいいのだろう?と判断に迷うことも多いと思います。

そこで、今回はごみ収集の担当部署である市民部環境整備室にごみを出す際の注意点について対話形式で分かりやすく解説してもらいました。

 

●まずはごみの出し方について・・・

~私自身もごみを出すときに、これは何ごみだろうと判断に迷うときがあります。例えば「プラスチックやビニール」はどうすればよいのでしょう?~

環境整備室:プラスチック(ビニールも含む)は燃える素材なので、箕面市指定の燃えるごみ袋に入るものは燃えるごみとして出してください。この他シャンプー容器、発泡スチロール、ペットボトルのキャップ・ラベルも燃えるごみになります。

燃えるごみの例

 

~家電製品はどうでしょうか?~

環境整備室:箕面市指定の燃えないごみ袋に入れば不燃ごみとなります。

~入らなければ?~

環境整備室:入らない場合は大型ごみとなります。長いところが1.5メートル以下であれば大型ごみ処理券を1枚、1.5メートルを超え、3メートル未満であれば2枚貼って大型ごみとして出していただくことになります。これは燃えるごみの場合でも同じです。

例えばこのトースターは、燃えないごみ袋に入るので、「不燃ごみ」です。

~つまり、不燃ごみと大型ごみとの違いは、袋に入るか入らないかで決まるわけですね?~

環境整備室:基本的にはそうなりますが、注意点があります。

~というと?~

環境整備室:テレビ・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫は家電リサイクル法の対象品なので、不燃ごみの日や大型ごみの日に出すことはできません。これらを処分する場合は、家電リサイクル券が必要になります。処分の方法も何通りかありますので市ホームページで確認していたただくか、購入店に相談してみてください。

環境整備室:また、パソコンの本体やディスプレイ(ノートパソコンも含む)も市では収集できません。これらはメーカー回収となっていますのでメーカーにお問い合わせいただく形になります。

~なるほど。ということは電子レンジは大型ごみということでいいのでしょうか?~

環境整備室:環境整備室でもお問い合わせが多いのが実は「電子レンジ」なんです。電子レンジは家電リサイクル法の対象ではありませんので、燃えないごみ袋に入れば不燃ごみ、入らなければ大型ごみとなります。

この電子レンジは、燃えないごみ袋に入らないので、「大型ごみ」です。

~つまり、家電リサイクル法対象製品やパソコンなどのいくつかの例外はあるものの、基本的には「燃えるか、燃えないか」「袋に入るか、入らないか」で考えれば良いわけですね。これを分かりやすくしたものはないのでしょうか?~

環境整備室:ごみの出し方のフローチャートがありますのでご活用いただければと思います。

ごみの出し方フローチャート

環境整備室:このフローチャートに沿って「はい」「いいえ」で答えていくと、何ごみかがわかるようになっています。ちなみに「箕面くらしナビ」にも同様の機能を備えていますのでぜひご活用ください。

アプリ版フローチャート

~他に収集する側として注意してもらいたいことはありますか?~

環境整備室:やはり、「スプレー缶」ですね。箕面市ではスプレー缶は危険ごみとして他のごみとは別に収集しています。中身が入ったままでも構いませんので、必ず危険ごみとして出してほしいです。ごみ袋の中に混入されてしまうと、収集車やクリーンセンターでの火災事故につながります。現にスプレー缶が原因とみられる爆発を私たちは何度も経験しています。

スプレー缶は「危険ごみの日」に「かご型容器」で!

 

~わかりました。私自身も注意したいと思います。~

 

●続いて環境クリーンセンターへ持ち込む場合について・・・

~さて、ごみの日に出す以外の方法についても教えてください。家庭ごみを環境クリーンセンターに直接持ち込むこともできるんですよね?~

環境整備室:はい。その通りです。環境クリーンセンターへ直接持ち込む場合は、10kgまでごとに57.14円(税別)の手数料で処分することができます。直接持ち込む場合は箕面市指定のごみ袋を使用する必要はありませんが、分別のルールはごみの日に出すときと同じように守っていただく必要があります。

~直接持ち込む場合でも分別が必要なのですか?~

環境整備室:そうです。環境クリーンセンターではごみの収集区分に基づき処理ラインが異なっています。ですので、ごちゃ混ぜにして持ち込まれると、処理に支障が出てしまいます。環境クリーンセンターの持ち込みは利用者が多く、混み合うことが多いので、分別搬入にご協力をお願いします。

~そんなに混み合うのですか?~

環境整備室:平成31年4月から、受付日を月曜日から金曜日の平日のみから火曜日から土曜日に変更したため、土曜日が特に混み合っています。次に多いのは火曜日ですね。曜日別の搬入件数は市ホームページにも順次掲載していますので、参考にしてください。混雑緩和へのご協力もお願いします。

 

●話は箕面の自然環境へ・・・

~環境クリーンセンターは、周りが山に囲まれて気持ちの良いところですね~

環境整備室:はい。箕面の山は東京の高尾、京都の貴船と共に日本三大昆虫生息地と称された緑豊かな地域です。環境クリーンセンターはそんな箕面の山の中に位置しています。

箕面の山に佇む環境クリーンセンター

~恥ずかしながら箕面の山が日本三大昆虫生息地とは知りませんでした。ということは環境クリーンセンターでも色々な昆虫が見られるということですか?~

環境整備室:そのとおりです。子どもに人気なクワガタムシを始めカミキリムシ、カメムシ、コガネムシなど、なんでもいます。ところが、最近事件が起きました。

~どういうことですか?~

環境整備室:箕面にいないはずの昆虫が見つかったのです。

~いわゆる「外来種」ですか?~

環境整備室:そうです。環境クリーンセンターでフェモラータオオモモブトハムシという外来種が見つかりました。

~フェモラータ??なんですかその虫は?~

環境整備室:この昆虫は本来東南アジアに生息しているのですが、日本に持ち込まれ、三重県・愛知県に定着してしまったハムシの一種です。三重・愛知以外では兵庫県で2匹しか確認されていなかったのですが、それが今回環境クリーンセンターで見つかりました。大阪府内で確認されたのはこれが初めてです。セアカゴケグモやヒアリのような毒は持っていませんが、クズを主な食草としており、海外では食害の報告もあるそうで今後注意が必要です。

これが今回見つかったフェモラータオオモモブトハムシ

(環境クリーンセンターに展示してます)

 

~大阪初の発見ですか。驚きましたがあまり喜べないですね~

環境整備室:箕面の多様な生態系を守るためにも、本来箕面にいない動植物をむやみに捨てたりしないでください。ごみとして捨てても卵などが残っているかもしれません。環境クリーンセンターへごみとして運ばれてくる途中に風で飛ばされてそこから広がる場合もあります。繁殖力が強い昆虫の場合は対処のしようがなくなる可能性もあります。

~なるほど。ごみの分別だけでなく、私たちが自然環境のために注意しなくてはならないことがあるのですね~

いかがでしたでしょうか?ごみの分別の話や、箕面の昆虫の話など、「知っているようで知らなかったこと」が聞けたように感じました。みなさんにとっても、普段何気なく捨てるごみだからこそ、また、普段何気なく歩いている箕面の街だからこそ、ちょっと立ち止まって考え直してみる機会になれば幸いです。

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします! 

この記事についてブログを書く
« ニュージーランド柔道選手と... | トップ | 箕面船場阪大前駅から千里中... »
最近の画像もっと見る

市民部」カテゴリの最新記事