部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

国外からの投票の登録申請手続きが簡単になります!

2018年06月01日 | 選挙管理委員会事務局

皆様こんにちは。選挙管理委員会事務局の中野です。気象庁によれば、沖縄では5月8日頃、四国では5月28日頃に梅雨入りしたとのことです。近畿地方では梅雨入り宣言はまだですが、昨年(6月20日頃)よりかなり早い梅雨入りとなる見込みです。梅雨の期間は体調不良になりがちですので、健康管理にはご留意ください。

 

◆国外からの投票の登録申請手続き(在外選挙人名簿の登録手続き)が簡単になります!!
国政選挙(衆議院議員総選挙、参議院議員通常選挙)の場合は、海外へ住所を移されたかたについても、申請をして「在外選挙人名簿」に登録されれば、国外からでも投票ができるようになっています。このたび、公職選挙法が改正され、6月1日からこの登録申請手続きが簡単になりました。これまでは、海外での在住期間が3ヶ月以上経過してから、当該地域を管轄する在外公館(大使館、領事館)へ申請をする方法しかありませんでしたが、6月1日以降は、満18歳以上で箕面市に3ヶ月以上住民票がある方は、市役所の住民異動窓口に住民異動(転出)届を出す際に、「出国時申請書」をあわせて提出いただければ、海外での3ヶ月在住を待たずに在外選挙人名簿へ移転登録され、国外から投票ができるようになります。主な改正内容は、次のとおりです。

  

昨年の衆議院選挙では、海外に住所を移されたかた(在留邦人)は約100万人で、そのうち在外選挙人名簿へ登録されたかたは約10万人(約10%)と非常に低い割合になっています。選挙権は国民一人一人に付与された大切な権利です。手続きも簡素化されますので、海外に住所を移される市民の皆様は、市役所での住民異動手続きの際にあわせ、ぜひ出国時申請書をご提出ください!詳しくは、選挙管理委員会ホームページ(国外へ転出される方へ)をご覧ください。また、ご不明な点があれば、選挙管理委員会事務局(電話 724-6763)へお問い合わせください。

       

        

       出国時申請についてのお知らせチラシ(総務省選挙部作成)

 

5月24日、25日に東京で全国市区選挙管理委員会連合会の理事会、総会、選挙事務研究会が開催され、選挙管理委員さんとともに出席しました。当日、連合会の決算、事業計画、予算や総務省への公職選挙法等の改正要望などが議題となりいくつかの質疑、意見の後決定され、とりわけ昨年の衆議院議員選挙では戦後2番目に低い投票率となったことから、選挙制度のさらなる整備等を国に求める特別決議がなされました。

               

平成30年度全国市区選挙管理委員会連合会定期総会

 

        

当日朝9時に羽田空港へ着いたところ、政府専用機(日本版エアフォースワン)が駐機していました。安倍首相ご夫妻(秋田犬も?)は、おそらくこの飛行機でロシアへ旅立たれたのだと思います。

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 住警器!  “10年たったら、... | トップ | 子どもたちの笑顔に囲まれて... »
最近の画像もっと見る

選挙管理委員会事務局」カテゴリの最新記事