部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

秋の気配を感じますね・・。

2019年09月19日 | 子ども未来創造局

  こんにちは、子ども未来創造局 高橋 です。

 9月中旬になりましたが、気温が30度を超える日が少なくなり、特に朝や夜は涼しく、 確実に季節は変わっているなと感じられます。

 暑さは和らいできますが、一方で、台風が接近する危険性はまだまだあります。また、今日にも台風が発生し、日本に接近する予報が出ています。

 先日、台風15号が関東地方に上陸し、特に千葉県に甚大な被害が発生しました。昨年、近畿地方に上陸し甚大な被害が発生した台風10号を思い出させる台風でした。被害に遭われた方にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

 これ以上の被害が発生しないことを祈るばかりです。

 

☆「あすチャレ!スクール」が開催されました

  公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンターが実施している「あすチャレ!スクール」が先々週から先週にかけて市内の小中学校で開催されました。

 「あすチャレ!スクール」とは、人間の多様性を認め合い、人間の強さやすごさを身をもって体験することで、子どもたちの心が動き、新たな学びにつながることを目的に、全国の小中高等学校を対象に実施されているものです。

 今年度は、南小学校、東小学校、中小学校、豊川南小学校、第一中学校において行われました。

 そのうち、9月6日(金曜日)に開催された第一中学校に行ってきました。今年度の講師は、シドニーパラリンピックで 男子車いすバスケットボール日本代表キャプテンを務められた根木 慎志 先生でした。

(車いすバスケット用の車いす)

 根木先生からは、車いすバスケットを始めたきっかけや、日常生活で使用する車いすと競技用の車いすとの違い、人を応援することが、応援された人にどれだけのパワーを与えるかなどのお話がありました。 また、実際に根木先生がシュートやドリブルを生徒たちの前で披露されました。

(講師の根木先生)

 その後、生徒代表チームによるショートゲームが行われました。生徒たちも初めて乗る車いすの操作に戸惑い、うまくボールをキャッチできなかなったり、なかなかシュートが決まらなかったりしながらも、一生懸命ボールを追いかけていました。

 さらにその後、今度は先生代表チームによるショートゲームが行われました。こちらも生徒以上(?)に悪戦苦闘していました。ですが、その様子に生徒たちは大盛り上がりでした。

(とても盛り上がった先生代表チーム同士の試合)

 全体を通じて、根木先生のお話が上手で、最初はまじめに静かに聞いていた生徒たちも、根木先生の実演披露のあたりから、 かけ声や拍手などが起こり、先生代表チームのゲームぐらいになると、生徒たちは身を乗り出してかけ声や(時にはため息・・・) 拍手が盛んに起こっていました。

 この時間を通じ、生徒たちは、車いすバスケットをより身近に感じられたと思いますし、健常者のバスケットボールにも勝るとも劣らないほどのパワフルさを目の当たりにして、障害があってもさまざまなことにチャレンジでき、 チャレンジすることに障害はないのだということも学んだのではないかと思いました。

  私自身、ボールと車いすを意のままに操っている根木先生の姿を見て、本当に衝撃を受けました。

 楽しい時間でもあり、学びが多い90分だったと思います。

 根木先生、ありがとうございました!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

この記事についてブログを書く
« 9月 高齢者の催し花盛り | トップ | アイデアメニューコンテスト... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事