部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面森町に簡易保育所オープン

2009年06月17日 | 子ども未来創造局

 みなさんこんにちは、子ども部長の中井です。

 晴れた日、空気の澄んだ日に箕面森町からは遠くまで見渡せることができるので眺めは抜群で、私の好きな箕面一景の一つです。普通、山並みは街から見上げるものですが、ここ森町は街から山並みを見下ろす事ができます。高野山やマチュピチュ(私は行ったことがありません)が有名ですが、同じように森町も立派な「天空都市」と呼べると思っています。

 この箕面森町に6月15日(月曜日)簡易保育所がオープンしました。



 場所は地区センターの中にあり、センターの1室を最新の施設基準を取り入れて改装したもので、経験を積まれたスタッフの配置とあいまって、入所の相談や申請、予約がすでにたくさんあり、当初から人気の施設となっています。平成23年4月には幼稚園と保育所が一体となった認定こども園が小中一貫校の敷地内に併設しますので、この簡易保育所は2年足らずの間となりますが、この地域の保育ニーズを担っていくことになります。



 簡易保育所は2歳児までを対象としていますので、3~5歳児は同じく平成23年4月までの間となりますが、とどろみ幼稚園において預かり保育を実施(こちらは9月からの予定です)します。これにより午前7時から午後7時まで在園していただくことができますので、簡易保育所と併せて保育が必要なご家庭のニーズにお応えしていけるものと考えています。

 とどろみ幼稚園は箕面森町が街開きするまでは規模の小さい幼稚園で、保育所のない地域でもあったことから、市立幼稚園の中では3歳児の保育を実施するなど地域性や小規模ならではの特色ある取り組みをしてきました。その中の一つが保護者の皆さんによる絵本の読み聞かせです。



 現在11人の保護者の方がボランティアとして登録していただき、月2回交代で幼稚園に来てもらって子どもたちに絵本の読み聞かせをしてもらっています。その絵本も保護者のみなさんが選んで持ってきていただくので、子どもたちは普段幼稚園で見ているのとは違って、初めて目にする、初めて聞くお話となり興味津々のようです。今後、子どもたちの数は増えていき、認定こども園へと引き継がれていきますが、このような取り組みは続けていただきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新人先生がんばる | トップ | ジュニアスポーツ教室開催中です »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事