部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

さあ、2019年度のスタートです!

2019年04月03日 | 教育委員会教育長

みなさん、こんにちは。教育長の藤迫です。

今週に入って寒さが戻り桜の開花のスピードが落ちているように感じます。これは、学校・幼稚園・保育所の入学生等を満開の桜で迎えてあげてくださいという心遣いなのでしょうか?ぜひ、元気な子どもたちの笑顔を満開の桜とともに迎えたいと思います。

 いよいよ新しい年度がスタートしました。今年度も引き続き、教育委員会が一丸となって精一杯頑張っていきますのでよろしくお願いします。 この4月は、我々公務員にとって意欲と緊張が非常に高まる時期です。しかも今年度は、年度中に元号が新たに「令和」になることからか、例年にまして身が引き締まる思いです。

さて、今年もこの3月末で多くの職員が退職しました。私が採用された昭和56年度は箕面市立病院が開設するなどの事情もあり、思いのほかの大量採用でした。採用時の年齢に若干の違いがあるため、2.3年前から徐々に退職者が出始め、ついに我々昭和56年組はこの3月末でほぼ全員が退職することになりました。本当にさみしい限りです。再任用で市役所に残るもの、新たな道に進むもの、いろいろですが、箕面市のことをいつまでも気にかけていただき、何かあればぜひ助けてもらいたいです。卒業おめでとう!

 ※こちらの第三中学校長と中小学校長は高校の同級生でした。彼らも子どもたちとともに卒業しました。本当にお疲れ様でした。

  

さあ、教育委員会もこれらの別れを経て、新たなスタートを切りました。

 

【平成31年度第1回指導主事会】

教育委員会事務局には多くの教員がおり、箕面の教育や箕面の全ての子どもたちのために日々頑張っています。学校現場を離れて、慣れない市役所での事務作業に悪戦苦闘しながら、学校現場に対して、時には厳しく指導をしたり、時には優しく親身になって相談に乗っています。間違いなく言えること、「箕面の子どもたちのために」というひとつの目的に向かって、教育委員会事務局と学校現場が一丸になって取り組んでいかなければ、箕面の教育の充実、向上はないということです。人事異動で体制も新しくなりました。さあ、みんなでがんばりましょう!

 

【平成31年度新規採用職員・新規採用教職員辞令交付式】 

この辞令交付式では、最初に、皆さんの前に立って挨拶をするのですが、全員のやる気パワーが半端ではなく、こちらが緊張し背筋がぴーんと伸びました。「組織は人なり」とよく言われますが、正に箕面の教育を向上させるのは「教職員の力」です。大いに期待しています。是非頑張ってもらいたいと思います。そんな新規採用教職員に対しての私の挨拶を要約してここで紹介したいと思います。テーマは、「これからの長い教職員人生に先だっての3つの心構え」についてです。

 ■教職をめざし、そして今日それが実現する。辞令をもらったこの瞬間の気持ちをいつも、いつまでも忘れないでいてほしい。これから苦しい場面に出くわすこともあるが、「人を育てるという大切な仕事をしているのだ」という自覚を持ち、誇りを持って取り組んでいただきたい。

 ■常に子どもたちの模範であることを忘れずにいてほしい。ルールや決めごとを守ること、身の回りの整理整頓、身だしなみなど、子どもたちに指導する以上、教職員自らが模範を示さなければならない。人を育てる教職員として恥ずべき行動はしてはいけない。

■行動の判断基準は説明責任。今、自分がしようとしていることは説明できるのか?逆に、今、この瞬間にそれをしないことを説明できるのか?常にそのことを念頭に行動していただきたい。

  

さらに、この機会にぜひとも伝えたいと前日から考えていたことがあったのですが、さすがに長くなりすぎそうだったので省略しました。しかし、折角ですので、それをこのブログで紹介し、又機会を作って教職員には後日伝えたいと思います。「子どもたちの将来に思いを馳せて今何をすべきか」とう観点です。

■ビッグデータとか人工知能とか、すぐに我々の想像を超えた時代がやってくる。今の子どもたちはそういう時代に生きていかなければならない。ただ単に正解を求めるだけのことには人の力は必要ではなくなる。子どもたちには、多くの情報を編集する力、自分らしい納得解を求める創造性を育むことが大切になる。そういったことも念頭に取り組んでほしい。

 

 ■子どもたちの将来に思いをはせたとき、今、子どもたちにつけさせたい力、整えてやりたい教育環境は、英語とICT環境。箕面市ではこの2つには力を入れている。英語もICTも、まずは教職員自らがしっかり学んで子どもたちに向かい合っていただきたい。

 

 ■子どもたちにつけなければならない力は、「つながる力」。社会で生きていくためには、人とつながることはとても大切なこと。どんなに苦しい時も、人とつながってさえいれば何とか切り抜けることができる。そのためには、まずは、自分のことが好きで大切であると思えなければならないし、人にはそれぞれ持ち味があるというお友だちの多様性も認めあえる子どもでなければならない。ぜひその力を子どもたちに育んでいただきたい。

 

 

そして、子どもたちのつながる力を育てるために、大人たちもつながりましょう!!

  

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 屋内温水プール等の整備を決... | トップ | 新たなスタッフを迎え、市立... »
最近の画像もっと見る

教育委員会教育長」カテゴリの最新記事