部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

7年ぶりに待機児童ゼロを達成しました!!

2019年04月05日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

今年度、初めての部長ブログです。 私も、現職場(当時の子ども部)に異動してきて、早いもので9年目、私の市役所人生の1/4が子育て担当での仕事ととなりました。 経験に胡座をかくことなく、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っていますので、皆さんのご支援・ご協力を、引き続きお願いいたします。

   
週末に夜桜を見に行ってきました!

今年度は、10月から幼児教育保育の無償化がはじまります。今後、詳細が決まり次第、無償化の内容や手続きなどについて、広報紙やホームページなどを通じてみなさんにお知らせしていきたいと考えています。また、出産後4ヶ月までの方を対象とした産後ケアなど、今年度から新たに取り組む事業についても、次回以降のブログでご紹介したいと思います。

 7年ぶりに待機児童ゼロを達成しました!!
 都市部の多くの自治体で保育所の待機児童が問題になっています。 本市でも、多くの待機児童が発生したことから、平成21年10月に「箕面市待機児童ゼロプラン(案)」、平成25年7月に「箕面市待機児童ゼロプランVer2」を策定し待機児童ゼロに向け様々な取り組みを行ってきました。 平成27年6月に策定した「第三次箕面市子どもプラン」では、「いつでも必要な時期に子どもを保育所に預けられる ”通年の待機児童ゼロ” を目標に485人分の保育所を平成31年度までの出来るだけ早い時期に整備する」 との目標を掲げ市の重点施策として取り組みを行ってきました。 平成28年度以降、新たな整備・運営法人を7次にわたって公募し、13施設 644人分の保育園整備を決定しました。 本年4月1日には、その13園目の施設として船場西地区に「さくらさくみらい 箕面」保育園が開園しました。 この開園効果や市内民間保育園の受け入れ人数の増などにより、平成24年4月以来7年ぶりに、4月の待機児童ゼロを達成しました。

 
「さくらさくみらい 箕面」保育園      新駅予定地からすぐの立地です。
 
4月1日 36名の子ども達が入園しました!
 

この保育園の開園により、本市の保育施設は、公民保育園 36園、民間認定こども園6園の計42園、定員約2900名となります。保育園整備を本格的に進める前の、平成22年度は、13園 定員約1300名だったことから、施設数で約3.2倍、定員数で約2.2倍増えたことになります。 今後も、年度途中に発生する待機児童の解消に向け、さまざまな取り組みを実施していきたいと考えています。


箕面市で保育士として活躍しませんか!
待機児童対策としての保育施設の整備についてご説明しましたが、これも主に都市部の課題として新聞紙上でも取り上げられていますが、保育士不足が大きな課題となっています。 本市でも保育士不足で、保育定員まで子ども達を受け入れできない保育園があります。

この対策として、本市では、箕面市で新たに保育士として働いてくださる方に最大3年間、月2万円を支援する生活支援補助金と保育士養成大学等で学ぶ学生さんの支援として卒業後5年間本市内の保育園で勤務することを条件に、在学中 月2万円を支援する学生支援補助金を実施しています。

この2つの制度は、他市にはない、箕面市独自の補助制度 です。

この4月に保育士をめざし大学などに入学された方、また、在学生の方も補助金の対象になりますので、是非、この制度を使って有意義な学生生活を送ってください。 また、ご近所やお知り合いに対象となる学生さんをご存じの方からも、この制度をご紹介いただけたら幸いです。 生活支援補助金の3年間を加えると最大7年間、補助金をお渡ししています。是非、箕面市で子ども達や就労家庭の支援のため、そして、なにより大好きな子ども達とともに日々過ごす保育士として活躍しませんか?
詳しくは、市ホームページをご覧ください

 

 春です!! 「たのしーば」 に行こう !!

 0から2歳の乳幼児と保護者の方が、屋外で安心して遊べる広場  乳幼児パーク 「たのしーば」 をご存じですか?

「たのし-ば」は、全国的にも珍しい「0から2歳の乳幼児に特化した屋外施設」で、総合保健福祉センター(ライフプラザ)敷地内に乳幼児が全身を使ってのびのび遊べる空間として設置しています。また、ゴムチップで地面を覆っており、ハイハイやよちよち歩きの乳幼児が元気いっぱい動き回れるとともに、もし転倒してもけがをしにくい構造となっています。 芝生の上やベンチから子どもたちが遊ぶ姿を見守りながらお友達と談笑したり、親子やグループでお弁当やおやつを食べていただくことも可能です。

 
楽しい遊具がいっぱいです。
 

暖かくなってきました、家に籠もっていないで、家族で、子育て仲間とお弁当・水筒をもって ”たのしーば” に遊びに来てください。 土・日・祝日も自由に使っていただけます。お車で来られる場合は、市立病院(ライフプラザ)駐車場(有料)を、 オレンジゆずるバスの場合は、「市立病院」バス停をご利用ください。

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ☆平成最後の平成31年度がスタ... | トップ | 大阪の水は「高度浄水処理水... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事