部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

サンケイスポーツ旗争奪 第47回飛龍賞競走 只今開催中!!!

2018年07月06日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 6月18日午前、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。大阪府内の自治体では、ガスの供給停止や断水、家屋や建物被害が数多く発生し、多くのかたが避難所生活を余儀なくされる事態となりました。被災されたみなさんには心よりお見舞い申し上げます。
 このような状況の中、地震発生から10日ほどが経過した6月27日、日本モーターボート選手会大阪支部所属のボートレーサー8人が日本財団によるコーディネートのもと、被災地においてボランティア活動に参加しました。
 活動に参加したのは、高橋淳美選手、福本 悠選手、井上尚悟選手、佐藤享子選手、井上一輝選手、立具敬司選手、中村魁生選手、計盛 光選手の8人で、当日は摂津市や茨木市などにおいて、地震により倒壊の恐れがあるブロック塀の解体、撤去や壊れた屋根瓦を撤去し漏水防止のためのブルーシートを掛ける作業などを行いました。

 気温が30度を超える暑さの中で活動に参加頂いたボートレーサーのみなさん、ありがとうございました。
 また、地震発生後、最初の箕面市主催競走となりました「第32回住之江王冠競走〈マスターズリーグ第2戦〉」(6月22日~27日)に出場したボートレーサーのみなさんが、被災地支援金として42,000円を寄付してくれました。今後、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。ありがとうございました。
 さて、ボートレース住之江では、ナイターレースを開催しています。ちょうど今日(7月6日)は「第47回飛龍賞競走」の開催中です。梅雨の真っ只中、雨の多い時季ですが、ぜひ、ボートレース住之江にご来場頂き、迫力あるボートレースをお楽しみください。

 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆サンケイスポーツ旗争奪 第47回飛龍賞競走 只今開催中!

 箕面市主催による「サンケイスポーツ旗争奪 第47回飛龍賞競走〈男女ダブル優勝戦〉」が7月4日に開幕し、本日(7月6日)第3日目を迎えます。
 この開催は、男性ボートレーサー24人、女性ボートレーサー24人が、それぞれ別々に予選、準優勝戦、優勝戦を戦う企画レースです。
 予選期間中は、男性ボートレーサーと女性ボートレーサーが、それぞれ別々に予選レースを戦います。そして、男女それぞれの予選成績上位各12人が準優勝戦(男女各2レース)に進出し、準優勝戦の1着、2着、3着の6人がそれぞれの優勝戦に進出します。
 今日は予選レース第3日目、準優勝戦進出をめざした熱いレースに期待しましょう。

 主な出場選手は、佐々木康幸選手、重野哲之選手、赤坂俊輔選手、山口達也選手、松本晶恵選手、中谷朋子選手、大瀧明日香選手、佐々木裕美選手。また、大阪支部からは、繁野谷圭介選手、宮迫暢彦選手、落合直子選手、原田佑実選手をはじめ10人が参戦しています。
 また、お客さまサービス、イベントも盛りだくさんです。
 今日、7月6日は福田雅一選手と平山智加選手によるトークショー&チャリティーオークションを実施(第6レース、第8レース発売中)するほか、開催期間中毎日先着入場1,000名様に「ボートレース住之江ロゴ入り扇子」や「1本満足バー」などをプレゼントします。

 7月9日の最終日、男女それぞれの優勝戦まで、目が離せないレースが続きます。ぜひボートレース住之江で熱いレースをお楽しみください。

☆友だち(ボレ友)を誘ってボートレース住之江に行こう!

 ボートレース住之江で今月から新しくスタートしたお客さまサービスをご紹介します。
 その名も「2人でトクする!ボレ友キャンペーン」。
 実施期間は7月4日から来年2月5日までのボートレース住之江の開催日、17開催98日間(ただし、12月のSG第33回GRAND PRIX開催期間中は除きます)です。

 実施内容は各日2人以上でご来場頂いたみなさんに抽選券(模擬舟券)をプレゼントし、対象レースの1着2着の組み合わせが的中したかたに「JCBギフトカード2,000円分」をプレゼントします。また、はずれたかたには「グリコCheeza」、「グリコCRATZ」などをプレゼントします。
 抽選券(模擬舟券)の配布人数は平日は先着30名様、土日曜日、祝日は先着120名様です。
 受付場所は、ボートレース住之江1階総合インフォメーションです。
 ぜひ、お誘い合わせのうえご来場ください。
 ボートレース住之江で待ってま~す!

☆新しい企画番組「トワイライト8(エイト)」を実施しています!

 ボートレース住之江では、前回開催の「第32回住之江王冠競走」から、新しい企画番組「トワイライト8(エイト)」を実施しています(多くのみなさんはすでにご存じかもしれませんね)。

 内容は、予選期間中の第8レースにおいて、1号艇と4号艇にA級選手を、その他の枠番にはB級選手を編成します。予選期間中の実施ですので、今開催は残すところ今日、明日の2日間となります。第8レースの締切予定時間は午後6時30分頃です。
 ぜひお楽しみに!

☆SG第23回OCEAN CUP(オーシャンカップ)開幕!!

 来週水曜日、7月11日から、平成30年のSG競走2018シリーズ第4戦「海の日」を記念して創設された「SG第23回OCEAN CUP(オーシャンカップ)」がボートレース若松(福岡県)において開幕します。

 OCEAN CUP(オーシャンカップ)は、過去1年間のG1競走、G2競走の優勝戦出場者から出場選手が決まる競走です。今回も52名のボートレーサーがSG競走覇者の称号をかけ、また、年末の第33回 THE GRAND PRIX(12月19日ボートレース住之江で開幕)出場をめざして、真夏のボートレース若松で熱いレース(ナイターレース)を繰り広げます。
 大阪支部からも4人のボートレーサーが出場します(選出順位順に紹介)。
  石野 貴之選手(4年連続10回目、第32回THE GRAND PRIX優勝戦出場)
  木下 翔太選手(初出場)
  田中信一郎選手(6年連続17回目)
  丸岡 正典選手(3年連続10回目) 
 
 OCEAN CUP(オーシャンカップ)は、ボートレース住之江、ボートピア梅田をはじめ、全国のボートレース場、ボートレースチケットショップにて場外発売を実施いたします。
 7月16日の最終日、優勝戦まで、ボートレーファンのみなさんの熱いご声援をよろしくお願いします。

☆今年度最後のペアボート試乗会は8月4日(土曜日)、5日(日曜日)に実施します!

 4月から実施している「ペアボート試乗会」。今年度最後となる次回は8月4日(土曜日)、5日(日曜日)に実施します。
 両日とも場外発売日、開始時間は午後3時30分。定員は各日30名(中学生以上、身長120㎝以上、未成年者は保護者の同意書必要)で、応募多数の場合は抽選により決定いたします。応募は、ボートレース住之江オフィシャルホームページの専用フォームから、また、開催期間中はボートレース住之江1階の総合インフォメーションでも受け付けています。
 応募期間は、7月18日(水曜日)までです。開催期間中にご来場いただき、総合インフォメーションで申込を。

 ボートレース住之江のレース水面を疾走するペアボートに試乗し、ボートレーサー気分を味わってみませんか。
 たくさんのみなさんのご応募お待ちしています(雨天時は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください)。
 また、秋に開催予定の住之江フェスティバルにおきましても、例年通りペアボート試乗会を実施する予定です。くわしくは後日お知らせいたします。ぜひお楽しみに!

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2学期から市内公立小学校4~6... | トップ | 心からお見舞い申し上げます »
最近の画像もっと見る

競艇事業局」カテゴリの最新記事