部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面の今昔

2011年06月27日 | 子ども未来創造局

 前回「歴史の一コマ」として箕面市郷土資料館での丸善石油学院の企画展を取り上げさせていただきました。
「見に行ってきたよ」
「懐かしかったね」
とご一報をいただいた方もありました。ご覧いただきありがとうございました。
また、「あの写真の場所はどこ?」
とご質問もいただきましたので、今回は企画展で展示できなかった写真も含めて半世紀前と現在の箕面を対比してご紹介したいと思います。

 当時の丸善石油学院は文武ともに力の入った学校だったようで、府や地域の各種大会などにも必ず参加しており、その一つマラソン大会は毎年の恒例行事だったようです。そのマラソンコースの沿道で撮られた写真を中心にご紹介します。

先頭を走るのは私ではありません。
スタート直後ですので後ろには道幅いっぱいの生徒が続きます。
背後に大きな樹が見えますが桜2丁目の正丸稲荷神社の鎮守の森です。

両側のほとんどが二階建てのお家となり視界は大きく変わりました。
右側の側溝の補強材が半世紀前と変わりません。


市内を大きく一週してきてこのあたりでは集団もかなりバラけてきました。

場所は箕面北小学校前交差点で桜並木と右側の水路、左の邸宅の石垣は今もそのままです。


箕面の駅まで帰ってくるとそろそろラストスパート。
まだ駅前ロータリーもサンプラザビルの2棟もありません。
箕面駅前が再整備されるのはこれから20年後のことです。

そして再整備された現在の箕面駅前がこの姿
いえいえ、正しくはつい最近までの箕面駅前です。

直近の箕面駅前はこちら

 箕面市の顔として周辺も含めて整備を進めているところで、誰もが利用しやすく、開放的で回遊性もあり、そして何より箕面らしさを目指したものとなっています。
一際目を引くオブジェが写真の「ガレリア」
改札前の人だまり空間として造られました。

 柱が4本、その対角にある柱にそれぞれ寄り添って2人で話をしてください。他の人には聞こえなくても2人にはしっかり聞こえるはずです。とても不思議ですが一世一代の告白など使い道はそれぞれで。

 もう一つ、中心部で声を出してください、天井がドーム状になっていますのでびっくりするくらいエコーがききます。しかも不思議ですが周りの人にはほとんど聞こえません。

エコーといえば前回にご紹介した「宇宙の宮」

 半円ドーム状の建物はガレリアと同じく内部で声を出すと得も言われぬ反響があり、無宗派な施設とはいえ子ども心には荘厳と神秘を感じる響きでした。


最後にここはどこでしょう?

 左側の横に長い建物は民間会社の社員寮で今は存在しません。右隅の4階建ては箕面紅葉ケ丘住宅の第1棟です。真ん中が箕面第一中学校の体育館で、「宇宙の宮」あたりから見た第一中学校です。

 でもなぜ校舎が写っていないのでしょうか?
実は昭和36年12月25日、前日の24日は2学期の終業式でしたが、その翌未明にほとんどの教室を焼き尽くす火災にみまわれました。
 この時に真っ先に駆けつけてくれたのが丸善石油学院の生徒たち、全寮制の学校が隣にあり、しかも校内に消化班も組織されていたため初期消火にいち早く駆けつけてくれたとのことです。
 また、一年余の後には新校舎ができあがりましたが、その間は体育館を間仕切って職員室等の教室以外の総ての機能をこちらに仮設置したため、体育の授業などは丸善石油学院の体育館を使わせいただいたようです。

 写真の体育館は私にとっても懐かしく中学1年生の時はここを使用していました。そしてこの時に復興された新校舎(と当時は言っていました)で3年間を過ごしました。
 しかし、この新校舎も耐震化をするにあたり、補強工事の施行方法を検討する中で、工事規模が全面的、大規模になるため新たに建て替えて耐震化を図る方が有利との判断から、現在の校舎が2年前に完成したところです。

山並みだけは当時と変わっていませんね。
手前が西小学校のグランドで当時はこの場所に丸善石油学院の校舎が建っていました。


 今回はご質問をいただいたことがきっかけで改めて市内を見て回ることになりましたが、過去と対比させながらの一巡は楽しいものでした。

 

 また、いただいたご意見の中に「郷土資料館の催しはよう知らんかった」とも。
ということで郷土資料館の企画展ですが、今は「箱」をテーマとした展示をしています。

たとえば半世紀前ならどこのご家庭にも必ずあったマッチ箱、今は見なくなりましたね。
一つ一つの箱の絵柄も時代を反映していたり、それ自身が芸術的な作品であったりと。

その他にも箱と名の付くいろんな種類を多数展示しています。
展示できなかったのは玉手箱はくらいでしょうか。
正に開けてびっくり、一度覗いてみてください。
8月1日まで開催しています。


 箕面市立郷土資料館
 箕面市箕面6丁目3番1号(箕面市文化・交流センター地下1階)
  午前10時から午後5時まで 木曜日休館



 箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。

この記事についてブログを書く
« 節電の夏です。熱中症には充... | トップ | 今年の夏も納涼川床で »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事