部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

選挙の投票区・投票所を見直します!!

2018年10月16日 | 選挙管理委員会事務局

皆様、こんにちは。選挙管理委員会事務局の中野です。今年の夏は大阪北部地震や台風21号、豪雨などが続きましたが、ようやく秋らしいすがすがしい天候になってきました。朝晩少し冷え込みますので、皆様、風邪などにお気をつけください。

◆選挙の投票区・投票所を見直します!!
選挙の投票日当日の投票区や投票所につきましては、本市では平成22年度に一度見直しを行いましたが、その後8年が経過する中、人口の増加や高齢化の進展などの環境の変化を踏まえ、改めて現行の投票区・投票所を検証したところ、いくつかの課題がありましたので、このたび市内全域の投票区・投票所について見直しを行うこととしました。

<現状における投票区、投票所の課題>
1.投票所までの距離が非常に長い投票区がある。
(投票所までの最大距離(直線距離)が1km以上ある投票区が5箇所)
2.投票所が投票区の端に位置し、投票区内での距離の不均衡が著しい投票区がある。
3.投票所に行くまでに国道を渡らなければならない地域がある。
4.投票区内の一部地域の人口増により、投票所の見直しが必要な投票区がある。 
 
<見直しについての考え方>
上記の課題を踏まえ、次のような手法により投票区、投票所の見直しを行います。 
1.投票所までの距離ができる限り均等になるよう、投票区の境界線や投票所を変更する。
2.国道を渡らなくてすむように、できる限り国道を投票区の境界線にする。
3.投票区内の人口の多い場所の中心付近に投票所を変更する。

<投票区・投票所の見直し(案)とパブリックコメント>
投票区・投票所の見直し(案)について、9月5日から9月28日までの間でパブリックコメントを実施した結果、5名の方からご意見をいただきました。いただいたご意見に対する市選管の考え方は、現在、市ホームページ等で公表しています(11月9日まで)。今後、ご意見を踏まえ、必要に応じ見直し案を修正し、11月開催の定例選挙管理委員会で決定し、来年4月に予定されている大阪府議会議員選挙から適用する予定です。

*投票区・投票所の見直しについて(市ホームページ)

 ・投票区・投票所の見直し(素案)【地図】

 ・投票区・投票所の見直し(素案)【一覧】

 ・(参考資料)見直し前の投票区・投票所【一覧】

 ・パブリックコメント実施結果について

<見直しの効果>
見直しにより、投票所までの最大距離が、次のように短縮されます。

   

◆選挙啓発ポスターコンクールの入選作品が決まりました
前回の私の部長ブログでお知らせしました選挙啓発ポスターコンクールですが、今年は12名(8校)から応募いただき、応募いただいた作品を審査(第1次審査:箕面市選挙管理委員会 第2次審査:大阪府選挙管理委員会)した結果、次のとおり入選作品が決定されました。なお、籠谷さんの作品は、現在、第3次審査(全国での審査)で審査中です。入選されることをお祈りしています!! 

 

    

 

◆箕面東高校生徒会役員選挙で選挙啓発をしました
10月9日(火曜日)に実施された箕面東高校の生徒会役員選挙に、昨年に引き続き、市選管職員が出向いて選挙制度や投票の大切さなどについての話をしました。生徒の皆さんは、選挙の話(真剣に聞かれていました。)の後、立会演説会で立候補者の考えを聞いたうえ、市選管からお貸しした実際の選挙で使う投票箱に投票をされました。皆さん、18歳になったら、必ず選挙の投票に行ってください!!

                

    

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 消防署内で「救急救命想定訓... | トップ | 10月といえば!! »
最近の画像もっと見る

選挙管理委員会事務局」カテゴリの最新記事