部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

西南生涯学習センターオープン!!

2018年02月09日 | 人権文化部

みなさん、こんにちは。子ども未来創造局担当部長・人権文化部長の浜田です。

立春を過ぎたものの厳しい寒さが続いています。寒いというより痛い思いをしながらの自転車通勤が身体にこたえます。

さて今回も、生涯学習担当や人権文化部担当の事業などをお伝えします。

◆2月1日、西南生涯学習センターがオープンしました。

2月1日(木曜日)西南生涯学習センターがオープンしました。

主に西部地域の市民の皆さんを中心に文化芸術など広範な市民活動でご利用いただいていた西南公民館は、老朽化やバリアフリーなど多くの課題を抱えていました。

これらの課題を解決し利用者が利用しやすい優しい施設とするとともに、子育て世代の皆さんなど多世代が交流できる施設とするため、「箕面市桜井駅前周辺地区都市再整備計画事業」に位置づけ、社会資本整備総合交付金を活用し再整備を行いました。

2月1日(木曜日)には、オープニングセレモニーを開催。セレモニーには、利用者グループや隣接自治会の代表者のみなさんをはじめとする関係者のみなさん、歌を披露してくれたせいなん幼稚園の保護者のみなさんなど、多方面から多くのかたにご参加いただきました。

倉田箕面市長の挨拶、内海箕面市議会議長のご祝辞を頂戴した後、せいなん幼稚園の園児たちによるお祝いの歌をお披露目していただきました。(しっかりと歌えて、とってもかわいかったです)

また、「箕面左手のピアニスト大使」を務めていただいているピアニストの智内威雄(ちない たけお)さんによるピアノ演奏も行われました。

参加者のみなさんは、智内さんの素敵なピアノ演奏にも負けないホールの音響の良さにふれていただけたのではないでしょうか。

また、2月1日(木曜日)から16日(金曜日)まで、オープニングを飾る催しとして2階ギャラリーで、せいなん幼稚園の園児による絵画作品等を展示しています。お立ち寄りください。

 

西南生涯学習センターは、「子どもから高齢者まで、安心して集い、学べる場所」をコンセプトにグループ活動や多世代交流、子育て支援の機能が充実した施設です。音響・照明設備・防音機能を備えたホールや展示会に利用できるギャラリー、親子で遊べるプレイルームなど幅広い世代が集える施設です。

少し施設をご案内します。

(美術工芸に適したアートルーム)

(講座やちょっとした講演などに利用しやすい大会議室)

(親子で過ごせるプレイルーム)

(自分の姿を見ながらヨガや軽体操などができるフィットネスルーム(活動室))

(料理実習室)

その他30人規模の音楽室や20人程度で使える会議室、和室などが整備されています。

これまで西南公民館で活動し、オープンを待ち望んでおられたみなさん、お待たせしました。新しくなった西南生涯学習センターで、これまで以上に活発な自主活動などに取り組んでいただけたら幸いです。

また、これまでは利用したことがなかった子育て世代のみなさんも、是非一度立ち寄って見てください。

オープン早々ですが、プレイルームには親子で楽しむ姿が見られます。 

 

国際交流や国際理解に関する取り組みを紹介します。

年明けから国際交流や国際理解に関する事業が多く開催されています。

◆国際交流員(CIR)による人権(異文化理解)セミナー

8月のブログでお伝えした、2名の国際交流員(ニュージーランド出身のベラ・リードさんとメキシコ出身のフランシスコ・ラングネルさん(お二人の紹介はコチラ)が、先月1月25日(木曜日)に市役所で開催された人権セミナーにおいて、異文化理解セミナー「更に多文化になる日本で外国人との触れ合い方」と題し、講師を務めました。

セミナーでは、「外国人というものは何ですか。」「どうして国際交流は大事ですか。」「外国人の思いは何でしょうか。」ということをテーマに現代日本の国際状況を述べ、メキシコやニュージーランドの文化と日本の文化を比較、また、外国人の暮らし方と外国に住む問題などについて話をしました。

人権セミナーは、主に職員向けに行っていますが、この回は市民の皆さんにもお知らせし、当日は、市民の皆さん16人を含む67人の参加がありました。

最初は緊張した面持ちでしたが、母国と日本との違いや実際に日本で働く中で経験したことなどを自分たちの言葉で一生懸命に伝えていました。

参加された方も、日本では当たり前のことが外国人の方を困らせていることなど、初めて知ることに驚いていました。

異文化理解の促進の一環として、今後も国際交流員によるセミナーを開催していく予定です。また、このブログでもご紹介させていただきますので、ぜひご参加ください。

※国際交流員は、市立小中学校に配置されている外国人英語指導助手(ALT)と同じ外国人青年招致事業(JETプログラム)を活用し海外から招致し配属されたもので、今回、箕面市においては、本市の姉妹都市(ニュージーランド・ハット市、メキシコ・クエルナバカ市)のあるニュージーランドから1名、メキシコから1名の計2名が配属されています。

 

◆その他国際交流・国際理解の催しや取り組みをお知らせします

東生涯学習センターからのお知らせです。

ピラミッド国際サロン・異文化を学ぶ・ペルー

2月17日(土曜日)午後1時30分から東生涯学習センターで、世界遺産のマチュピチュやナスカの地上絵のほか、ペルーの話をペルーからの留学生が日本語で紹介します。
参加費は無料、定員は30人当日先着順です。

問合せなどは、東生涯学習センター(電話:729-1145)まで

 

多文化交流センターで行われる国際交流協会の催しや取り組みをお知らせします。

○子ども幸福度世界一のオランダの教育を探る

2月10日(土曜日)にオランダで広く実践されているイエナプラン教育に関する研修報告(午前9時45分から11時45分)と体験ワークショップ(午後1時15分から4時15分)が行われます。いずれか一方のみの参加も可能です。

研修報告は定員30名、体験ワークショップは定員20名でいずれも申込み順です。
参加費は、研修報告会500円、体験ワークショップ1,000円です。
申込みは、国際交流協会(727-6912)まで

 

○オランダの教育と社会を知ろう

2月12日(月曜日)午後2時から3時、留学生によるオランダの学校制度や社会についての体験談と参加者交流が行われます。

定員20名で申込み順です。
参加費は、500円です。
申込みは、国際交流協会(727-6912)まで

 

○アラブの調べとトルコ料理

2月17日(土曜日)午後6時30分から8時30分、アラブ音楽トリオによるライブ。トルコ料理がついたアラブ音階のミニ解説が行われます。

定員40名で申込み順です。
参加費は、一般3,500円、22歳以下2,500円、小学生以下1,000円です。
申込みは、国際交流協会(727-6912)まで

 

○日本に帰ってくるということ~帰国子女の体験談~

2月24日(土曜日)午後3時から4時30分、帰国子女が抱えがちな精神的・制度的な問題の発表、参加者との意見交換を行います。

定員20名程度申込み不要です。
参加費は、飲み物代の200円程度です。
問合せは、国際交流協会(727-6912)まで

 

○シカモサロン~外国語で絵本の読み聞かせ~

2月25日(日曜日)午後2時から4時、チームシカモと大阪大学学生団体のはぐみんによる多言語の絵本の読み聞かせが行われます。

申込み不要です。参加費は、500円
問合せは、国際交流協会(727-6912)まで

3月28日(水曜日)午前10時30分から11時15分、チームシカモメンバーによるタイ語による絵本の読み聞かせが行われます。

申込み不要です。参加費は、500円
問合せは、国際交流協会(727-6912)まで

 

○小学校生活についての相談会

3月3日(土曜日)午後1時から3時、外国にルーツを持つ小学生と保護者を対象に、小学校のようすや必要なものについて、先輩保護者や小学校の先生から話を聞く機会を設けます。(外国語の通訳あり)

定員10名で申込みが必要です。
申込みは、国際交流協会(727-6912)まで

 

らいとぴあ21でも、次の催しが行われます。

○エジプトの暮らしとごはん

2月18日(日曜日)午後5時、「ご飯を食べながら世界を知ろう!」が行われます。エジプト料理が食べたい!、世界の暮らし、日本の印象を知りたい!、留学生と日本語/英語/アラビア語などで話してみたい!こんな思いをもったみなさんをお待ちしています。企画は、大阪大学 学生グループODL、らいとぴあ21が共催しています。

 

人権啓発学習会のお知らせです。

◆インターネットと人権(~ネット差別の現状と対策~)をテーマに人権啓発学習会で一緒に考えませんか。

インターネットが普及し、インターネットの輪がひろがり非常に便利な世の中になりました。しかし、一方でインターネットを悪用した他人への中傷や無責任な噂の流布、差別的な書き込みなど、人権やプライバシーの侵害につながる情報が流れています。このような状況について学び、今後の対策などをいっしょに考える人権啓発学習会を開催します。

この機会に身近な課題となっているインターネットによる人権侵害についていっしょに考えましょう。

 

最後に(公財)箕面市メイプル文化財団からのお知らせです。

◆25歳以下のお得なチケットで、あなたも落語会デビュー!

(公財)箕面市メイプル文化財団が試験的に取り組んでいる、若年層の方に古典芸能や舞台鑑賞についてもっと関心をもってもらうため、はじめてメイプルホールへ足を運び、はじめての落語会を体験する、そんなきっかけづくりをご紹介したいと思います。

メイプルホール新春の恒例イベント「桂米朝一門会」では、「25歳以下割引」を導入しています。一般価格よりお求めやすい価格設定とすることで、普段はなかなか訪れることの少ない若い世代の皆さんにとって、メイプルホールでの落語会に足が運びやすくなればと願っています。

はじめての落語では、高座にあがるたった一人の噺家さんが、物語を語り、二役三役と複数の役を演じ分ける姿を生で見て聴いて、その情景を想像して、お楽しみいただきたいと思います。また落語のネタに入る前には「まくら」というお客様の緊張を解くための世間話をするようなお噺部分がありますので、十分リラックスして、落語の世界へ入ることができると思います。

あわせて、毎年、多くのお客様にご来場いただくため、チケットの一般価格についても、昨年より、お求めやすくなっているそうです。リピーターのお客様は、同じ演目でも噺家さんによって、雰囲気や盛り上がり方が違うところを探してみるのも面白いと思います。

出演:桂ざこば、桂南光、桂文之助、桂わかば、桂佐ん吉、桂優々
日時:2018年3月8日(木曜日)午後6時30分開演
会場:箕面市立メイプルホール 大ホール
料金:一般3,000円(会員2,700円)/25歳以下2,000円《全指定席》

※未就学児の入場はご遠慮ください
※ご入場に際し、車椅子をご利用、または介助者が必要な場合はチケットを購入前にメイプルホールまでお申し出ください
※公演詳細は、こちら

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箕面の朝市 新店舗オープン! | トップ | 平成30年度当初予算(案)の... »
最近の画像もっと見る

人権文化部」カテゴリの最新記事