部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

滝道・箕面駅周辺の再整備

2011年07月15日 | 地域創造部

 こんにちは、地域創造部専任理事(兼)みどりまちづくり部専任理事の広瀬です。

 先週末、梅雨が明けました。いよいよ本格的な夏! 暑さが苦手な私にとってはつらい時期ですが、ビールで暑気払いをして元気に乗り切りたいと思います。

 さて、今回は、昨年から取り組んでいる “滝道と箕面駅周辺の再整備” について、現在の状況をお知らせします。

 昨年の6月、この部長ブログに みどりまちづくり部理事として “滝道・箕面駅周辺の再整備が始動!” という記事を書き込みました。 大変きびしいスケジュールでしたが、沿道住民の皆さま方のご理解とご協力により工事が順調に進み、無事1年目の工事を完了することができました。 この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。 今年度も引き続き、駅前広場を中心に残りの工事を進める予定ですので、よろしくお願いいたします。

 この事業は、大阪ミュージアム構想の一環である 「石畳と淡い街灯まちづくり支援事業」 のモデル地区に採択され、国や府の手厚い財政支援を受けて滝道から箕面駅周辺を情緒ある明治風のまち並みに再整備しようとするものです。 また、併せて採択された 「電線類の地中化」 についても、滝道の修景整備のため一体的に進めているもので、大阪府との役割分担のもと、橋本亭のある “一の橋” までの区間を市が、それより北の府営箕面公園内を大阪府が施行しています。


1.箕面駅前広場の再整備

 箕面駅前広場再整備のねらいは、年間120万人も訪れる観光客に箕面駅周辺の商店街に立ち寄っていただくための仕掛けづくりで、滝道から商店街へ人の流れを生み出すために、見通しを良くして観光客が商店街の存在に気づきやすくしたり、暗くて閉鎖的だったシェルターを撤去し、新しくガラス屋根のおしゃれなシェルターに造り替えて、舗装を “石畳の風合い” が感じられるものに改修するなど、歩きやすく商店街方面へ行きやすい、開放的な空間づくりを進めようというものです。

 照明はガス灯風の省電力型 LED 照明を採用しており、駅前のガレリアは屋根のある人だまり空間として設置したもので、ひときわ目をひくドーム状のオブジェとしてその存在感が話題を呼んでいます。 本通り商店街の入口に設置したウエルカムゲートは、滝道の観光客が商店街の存在を認識できるようにするためのもので、現在、ガレリア、シェルター、ウエルカムゲートの整備が完了し、駅前から商店街方面への見通しをよくするため、噴水の撤去も完了しています。

 

 また、当初は予定になかった関連事業で、阪急電鉄(株)が創立100周年記念事業として箕面駅舎の一部を改装し、足湯(駅湯)が設置されることになったため、駅前広場の整備計画と調整し、駅舎との段差を解消するとともに、ここに観光案内所を移転して新たに 「箕面交通・観光案内所」 を併設することにしました。 すでに足湯と案内所はオープンしており、新たな人気スポットになっています。
 
 今後の予定としては、今年度中に駅前トイレの建て替えや、小さなイベントができる広場整備など残された工事を完了し、来年春には新たな箕面の玄関口としてリニューアルを完了したいと考えています。

 駅前トイレについては、当初は既存トイレの改修にとどめる予定でしたが、市民の皆さんの強い要望を受けて事業内容を見直した結果、全体事業費の枠内での建て替えに目処がついたことから、現在の約2倍の広さに拡張し、観光地箕面の玄関口にふさわしい清潔感のあるものに建て替えることにしました。

 また、箕面駅舎内へ観光案内所が移転したことに伴ない、旧・観光案内所跡に新たに空間を確保できることになったため、隣接する駅前交番を東側へ移設することにより駅前の人だまり空間を拡大し、より開放感のある駅前広場の整備を進めることにしました。

クリックすると拡大します。

  クリックすると拡大します。 クリックすると拡大します。
(画像をクリックすると拡大されます)


2.滝道の整備


 滝道については、大阪府と箕面市が協調して電線類の地中化を進めるとともに、舗装を自然の風合いが感じられるものに改修していきます。 また、照明についてはガス灯風のものに交換し、川の柵沿いにフットライトを設置して、夜も歩きやすく、昼間とは違った滝道の魅力を楽しめる仕掛けづくりを進めていきます。

クリックすると拡大します。
                       (画像をクリックすると拡大されます) 

 市が施行している一の橋までの区間については、すでに電線類を入れる管路の整備や舗装を完了しており、今後、電線類の移設 (通線工事) と抜柱 (電柱を抜く工事) を予定しています。


3.今後の展開

 箕面市にとって、箕面大滝やそこに至る滝道はかけがえのない観光資源であり、今ある資源を維持・保全するとともに、最大限に活用し、「観光」 に特化したまちづくりを進めることが大切です。

 この度の箕面駅前から滝道にかけての環境整備はこうした考え方に基づいたもので、国・府の補助金を最大限に活用し、全体事業費の15パーセント程度の負担で公共空間の整備を一気に進めたものです。 今後は、滝道沿道部について、昔ながらの風情や落ち着いた街並みを守り、観光地としての魅力を維持・向上させるためのルールづくり、仕組みづくりについて関係者と協議し、実現したいと考えています。


<河鹿荘>

 箕面駅から歩いて2~3分、滝道沿道にある 「河鹿荘」 をご存知でしょうか?
 昭和28年に建築され、料理旅館として営業されていましたが、7~8年前に廃業し、風情ある建物は その後も撮影のロケ地やアートイベント会場として使用され、滝道を代表する建物として知られています。
 この河鹿荘が売りに出されたことから、箕面市では、河鹿荘のもつ風格と風情を後世に残し、滝道の資源として活用するために買い取ることとし、6月議会に提案しました。
 買取り後は、河鹿荘の風格を活かした魅力ある店舗展開をしていただける方への転売、もしくは転貸 (サブリース) で有効活用を図りたいと考えています。 滝道には 「音羽山荘」 や 「橋本亭」 など古い建物の良さをうまく活用した人気店がいくつもあります。 「河鹿荘」 でもそうした利用がなされるように期待しています。

 
     音羽山荘          橋本亭


<夏真っ盛り イベント満載!>


 夏本番を迎え、滝道周辺ではこれからさまざまなイベントが目白押しです。この機会に是非一度、箕面にお越しください。

箕面大滝ライトアップ  7/16(土)~8/31(水)
箕面まつり  7/30(土)~7/31(日)
サマーフェスタ箕面公園2011
  7/31(日) スパーガーデン大駐車場 14:30 ~ 21:00
みのおキャンドルロード
  7/31(日) 滝道沿道~箕面大滝 19:00 ~ 21:00
箕面の森の音楽会
  8/27(土) 瀧安寺前広場 16:00 ~ 19:00
箕面川床
  7/16(土)~8/28(日)の金土日祝お盆 17:00 ~ 21:00
             (詳細は 電話 072-723-1885 箕面交通・観光案内所へ)
箕面山七日市  毎月7日 阪急箕面駅周辺商店街、滝道


箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。

 

この記事についてブログを書く
« GANBAROU(がんばろ... | トップ | 13万人目は大吉。13万???... »
最近の画像もっと見る

地域創造部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事