部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

モーターボート競走法制定60周年

2011年07月22日 | 競艇事業局

 こんにちは、競艇事業部の出水です。

 船舶関係事業をはじめとする様々な公益事業の振興や地方財政の改善を目的としたモーターボート競走法が昭和26年6月18日に制定されてから、今年で60年が経過しました。すべての公営競技には個別の法律があり、法にのっとり開催されています。競馬法・自転車競技法(競輪)は63年、小型自動車競走法(オートレース)は制定から61年が経過しており、モーターボート競走法(ボートレース)の制定は公営競技の中では最も遅いものでした。
 特に、このモーターボート競走法は、衆議院で可決されたものの、参議院では否決され、衆議院の再議により可決されるという、紆余曲折を経て成立したものでした。衆議院の再議による成立は、日本憲政史上ではじめてのことでした。

 


 その後も、公営競技が賭け事としての性格を持つことや、戦後復興資金の確保を目的に始められたこともあり、公営競技の存続について国会などで議論されてきましたが、昭和36年に、公営競技調査会(内閣府(当時は総理府)の付属機関)が「現行公営競技の存続を認める」ことを総理大臣に答申したことで、議論が落ち着きました。
 この答申を受け、モーターボート競走法では、時限立法であった日本財団(旧:日本船舶振興会)の設立と交付金に関する規定が恒久法へと改正されました。
 その後時を経て、平成18年には、モーターボート競走事業の健全な発展を図るため、国土交通省海事局長の私的懇談会「モーターボート競走事業活性化検討委員会」が設置されました。今後の事業のあり方について検討がなされ、「KYOTEI・ルネッサンスプラン」として取りまとめられました。このプランを受け、競走事務の一部を私人へ委託すること、場外発売場設置許可、交付金の交付率の改定等、競走法が45年ぶりに大幅改正され、今日に至っています。
 ボートレースは、昭和27年に長崎県大村競艇場で初開催されました。約60年を経た現在では、全国24ヶ所のボートレース場、47ヶ所の場外発売場で37施行者が事業展開をするまでに発展し、多くのファンに支持されています。売上金の一部は、各種助成金・交付金などとして、公益事業の推進や地方財政の改善に大きく寄与しています。

表1

交納付・助成団体
 交納付・助成金額
日本財団
1兆8,545億余円
地方公共団体金融機構
5,312億余円
各種博覧会等
147億余円
B&G財団
1,000億余円
笹川平和財団
170億余円
東京財団
28億余円
学校法人 自治医科大学
70.6億円
財団法人 自治総合センター
26億円
財団法人 地域創造
3.3億円

※平成21年度までの拠出額の累計値である。


表2

項目
繰 出 金 の 主 な 使 途 金 額
教育費
…学校、美術館、体育施設及び公民館の建設費用 933,066,610千円
公営住宅費
…公営の住宅建設費用 103,144,924千円
土木費
…土地区画整理事業、道路・橋・港湾・公園、上下水道の整備費用 1,549,815,576千円
消防費
…消防機器、設備の整備費用 49,405,684千円
保健衛生費
…病院の建設、清掃設備の整備費用 318,292,628千円
民生費
…生活保護費用、福祉施設の建設費用 227,099,714千円
産業経済費
…商工会館の建設、観光地の整備費用 182,591,750千円
災害復旧費
…災害被害を現状復帰させる費用 7,652,507千円
公害対策費
…自治体レベルで公害に取り組むべき費用 8,197,223千円
その他
…他の費目に該当しない費用 429,457,964千円
合計
  3,808,874,661千円

※平成21年度までの一般会計への繰入額の累計値である。

 私たち箕面市も、ボートレースの魅力を高めるとともに、市の財政に貢献し続けるため、今年2月に策定した「競艇事業経営安定化に向けた基本方針」に基づき、諸施策に取り組んでまいります。

 

※昔の舟券にも、箕面市のマークが!

【住之江区民まつり】
 7月10日に、「住之江区民まつり」が開催されました。私たちボートレース住之江関係者は、住之江区役所北側広場で「緑化コーナー」を設け、球根やハイビスカスの鉢植を配布しました。この祭りは、住之江区の誕生と同時に始まり、今年で37回目を迎え、区民手づくりの誰もが気軽に参加できるお祭りとして定着しています。

 

 

【BSイレブンでレース中継スタート】
 ボートレース住之江では、これまでのCS放送による実況番組に加え、より多くのファンに視聴して頂けるよう、BS放送での実況中継放送を新たに開始します。平成23年度は約10回の放送を予定しています。どうぞお楽しみに!
  *番組名 BSイレブン住之江ボートレース中継
  *放送局 BSイレブン(日本BS放送株式会社)
  *第1回放送 7月27日(水)20時~20時54分「第23回大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ(最終日)」
  *出演予定 梅田淳(タレント・元関西テレビアナウンサー)、夏川純(タレント)等


【8月開催のご案内】

*住之江シティーナイター
 「第45回住之江選手権競走」8月3日(水)~8日(月)

*場外受託発売
 「SG東日本復興支援競走」8月5日(金)~10日(水)

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。

この記事についてブログを書く
« なでしこジャパンおめでとう! | トップ | クールスポットへお出かけく... »
最近の画像もっと見る

競艇事業局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事