部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

H30医療・看護フェア

2018年05月15日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

5月も中旬となり、梅雨が気になる季節になりました。近畿地方の梅雨入りは、昨年は平年並みの6月7日頃と予想されていましたが、実際には戦後で3番目に遅い6月20日でした。今年も平年並みと予想されていますが、さてどうでしょうか。
そろそろ熱中症対策も必要です。連休明けは肌寒い日が続いていましたので、一気に気温が上がると体調を崩しやすくなります。十分な休養と水分補給や栄養管理に努めましょう。


(チラホラ咲き出した玄関前のサツキ)

さて、今回は、去る5月10日~11日に開催した「H30医療・看護フェア」について、ご紹介いたします。

○医療・看護フェア
市立病院では、毎年、「近代看護教育の母」フロ-レンス・ナイチンゲール生誕の日(5月12日)にちなみ、その前後の2日間に「医療・看護フェア」を開催しています。今年は5月10日(木曜日)と11日(金曜日)に開催しました。

 

今年も、両日ともに、晴天に恵まれ、昨年比34パーセント増の延べ2,049名のかたにご参加いただきました。毎年、「医療・看護フェア」を楽しみにしていただいている市民や患者さまが増加しており、主催者として、たいへんありがたく思っています。市民のみなさまの健康志向の高まりや医療に対する様々な関心にお応えできるよう、今後も工夫しながら、継続していきます。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

○各種催しのご紹介
各種催しの主な内容について、以下、簡単にご紹介いたします。

◆栄養バランスチェック
食育SAT(Satisfactory A la calte Tray)システム=満足できるアラカルト・トレー・システムにより、実物大のフードモデルを用いて、日常の食事が栄養バランスがとれているかチェックするとともに、管理栄養士が食事の改善点をアドバイスしました。


(栄養相談を行う大阪青山大学健康科学部健康栄養学科のみなさん)

◆からだチェック
毎年、最も人気があるのが、骨密度、体脂肪、肺年齢や血圧などのからだチェック-測定コーナーです。隠れ肥満や骨・肺が衰えているなど、普段はなかなか知ることができない身体の状況について、測定機器を用いて、チェックさせていただきました。


(下肢筋力測定・肺年齢測定)

◆講演会「コツコツ骨活!健康な足腰作り」~いつまでも自分の足で歩き続けるために
今年のテーマは「コツコツ骨活!健康な足腰作り」。当院の看護師と理学療法士から、骨粗鬆症など症状の解説と、いつまでも元気に自分の足で歩けるようにするために気をつける生活上のポイントなどをお話ししました。普段から、ちょっとした足腰の運動を行うことと、少しでも不安に感じたら、無理せず杖を使ったり、手すり・足下照明をつけるなど、予防が大切なことを説明しました。

 

 (講演会「コツコツ骨活!」)

◆医療・薬剤・介護・リハビリ相談ほか
これら以外にも、医療相談、薬剤相談、介護相談、リハビリ相談など、各種相談コーナーを設け、医療等に関するあらゆる相談をお受けしました。また、「救急蘇生法とAEDの使用」を学べるコーナーや、各部門や在宅介護に関する紹介パネル掲示、一日看護師体験を実施しました。

 

 

「医療・看護フェア」の開催にあたっては、毎年、箕面市医師会・歯科医師会・薬剤師会や大阪青山大学のみなさまと箕面市消防本部に多大のご協力をいただいています。改めまして、深く感謝申し上げます。興味を持たれたかたは、ぜひ来年、ご参加ください。

 

 
 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 地域でいつも見守っていただ... | トップ | 毎年5月は「消費者月間」 »
最近の画像もっと見る

市立病院事務局」カテゴリの最新記事