部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

ひとつずつ いいね!で確認 火の用心

2019年11月11日 | 消防本部・署

消防本部の美谷(みや)です。

朝晩、めっきり涼しくなり、秋の紅葉の季節が始まります。
滝道のもみじも色付き始めてはいますが、見頃はもう少し先のような気もします。

ところで消防本部庁舎では・・・  

夏休みに募集しました、防火作品(図画・習字)の展示を消防本部玄関ロビー(箕面5丁目)で行っています。
11月18日まで展示していますので、是非見に来てください。
 

 

◆秋の全国火災予防運動

先日の沖縄の首里城火災は衝撃的で、火災の恐ろしさと無念さを感じました。
火災は、みんなの心も気持ちも奪い去ります。
これから年末にかけて、空気が乾燥し、火災が発生しやすい時季を迎えますので、しっかりと大切な命や財産を火災から守っていきましょう。


11月9日から11月15日まで秋の全国火災予防運動が始まっています。

防火作品の優秀賞を箕面市オリジナルの防火ポスターにして市内各施設でPRしています。
このポスターは、関西学院千里国際中等部7年 桂 りりさんの作品です。

火災予防運動をきっかけに、今一度、住宅防火のポイントを確認ください。
 (くわしくはこちら)

〔3つの習慣〕
(1)寝たばこは絶対やめる。
(2)ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
(3)ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

〔4つの対策〕
(1)逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
(2)寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
(3)火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
(4)お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

11月8日の朝には、予防運動に先駆け、阪急電鉄箕面駅で、学生消防隊“MATOY”の皆さんと街頭啓発を行いました。







この機会に、住宅用火災警報器の点検をお願いします。

 

◆新名神高速道路合同防災訓練

去る11月7日(木曜日)に新名神高速道路 高槻インターチェンジ内 管理ヤードで合同防災訓練が実施されました。

管轄消防本部(高槻市・茨木市・池田市・川西市・箕面市)とNEXCO西日本、大阪府警察本部高速道路交通警察隊、医療機関(三島救命救急センターDMAT・高槻赤十字病院医療チームドクターカー)が参加し、多重事故を想定した交通事故の対応について、関係機関相互の連携を確認する訓練内容で行われました。
高速道路での事故は、走行する車両のスピードが速いため大きな事故になりやすく、また、進入経路が限られるため、それぞれのインターチェンジからの管轄区域があらかじめ決められており、災害規模に応じた応援隊の出場区分が共有されています。  
今回は、観光バスを含む多重事故を想定し、負傷者が多数発生した場合の連携活動を確認するもので、多重事故の対応が最も混乱しやすいため、一般道でも起こりうる現実感のある訓練となっています。

平成29年12月の開通以来、箕面市担当区域では大規模な事故は発生していませんが、単独事故などはちょくちょく発生していますので、高速道路上での運転は特に気をつけて走行ください。 

 

 

 ◆歳末警戒部隊合同発隊式

毎年恒例になりました、箕面警察署と箕面市消防本部合同の歳末警戒部隊の合同発隊式を11月30日(土曜日)10時から芦原公園で開催します。

 

今年は、1日警察署長・消防長として、アーティスティックスイミング元日本代表選手 吉田胡桃(よしだ くるみ)さんを迎え、歳末の安全確保に向けて、警察消防が一体となって警戒部隊を発足いたします。

 


吉田さんは、箕面市在住でご存知の方も多いと思いますが、リオデジャネイロオリンピック団体で銅メダルを獲得されました。
《シンクロナイズド(同調する)スイミングは、平成30年4月1日から、国際水泳連盟(FINA)の決定でアーティスティック(芸術的な)スイミングに名称が変わりました。》

また、今年のチアリーディングジャパンカップ2019 日本選手権大会で見事優勝されました、梅花女子大学チアリーディング部“レイダース”の皆さんをお迎えし、日本一のパフォーマンスを披露していただき、発隊式を盛り上げていただきます。

 是非皆さん、芦原公園までお越しください。

 

 

【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  11月11日(月曜日) 午前9時00分現在

  ◇火災     21件 (昨年同時期比較    +2件)
  ◇救急  7,156件 (昨年同時期比較 +260件)  

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。 

 

この記事についてブログを書く
« 地域別意見交換会を開催します | トップ | 「箕面・世界子どもの本アカ... »
最近の画像もっと見る

消防本部・署」カテゴリの最新記事