部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアル完成!!!

2019年01月10日 | 競艇事業局

 みなさん、新年あけましておめでとうございます。競艇事業局の栢本です。今回が平成31年の初ブログになります。本年もよろしくお願いいたします。
 平成31年も10日が過ぎようとしていますが、競艇事業局では昨年末の「第52回住之江選手権競走」、そして年始の「第57回全大阪王将戦」と場外発売を連続して実施しており、明日(1月11日)までボートレース住之江勤務が続きます。
 この間、天候にも恵まれ、暖かい日が続いたこともあって、連日たくさんのボートレースファンのみなさんにボートレース住之江にご来場いただきました。本当にありがとうございました。
 新しい年もみなさんにより一層ボートレースを楽しんでいただけるよう職員一同全力で取り組んでまいりますので、引き続きボートレース住之江にご来場いただき、迫力あるボートレースをお楽しみいただきますようよろしくお願いいたします。
 

 また、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています[なお、ボートレースチケットショップ大和ごせは2月6日(水)は休館日となります。あらかじめご了承ください]。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアル完成!

 ボートレース住之江では、平成26年以来5年ぶりの開催となる「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアルが完成しました。
 このポスターでは、近畿地区のボートレース場(住之江、尼崎、びわこ、三国)のレースシーンをボートのシルエットの中にコラージュし、アートビジュアルのようなポップな仕上がりになりました。
 キャッチコピーは、「KING OF KINKI」。角度によって、隠れコピー「近畿王者今、決す。」が見え隠れする視覚効果も加えて話題性を創出します。
 「近畿ダービー」として歴史ある本競走の世界観を、アーティスティックにスピード感と躍動感を表現したデザインとなっています。

 開催は、2月11日(祝・月)から16日(土)までの6日間です。
 なお、この開催は、「近畿地区選手権競走」史上初のナイター開催で実施します。寒さ厳しい中ですが、ボートレース住之江で熱いレースをお楽しみください。また、イベントやお客さまサービスの内容については、次回のブログ(2月4日頃)でお知らせする予定です。お楽しみに!

☆「SG 第33回THE GRAND PRIX」覇者は峰 竜太選手!

 2018年の年末のボートレース界を盛り上げたのは、何といっても平成最後の1億円バトル、「SG第33回THE GRAND PRIX」(大阪府都市競艇企業団主催)。
 「SG第33回THE GRAND PRIX」では、獲得賞金順位第2位で2ndステージから出場した、佐賀支部の「泣き虫王子」、峰 竜太選手が5人のSG覇者を相手に1コースから落ち着いたレース運びで、捲らせない、差させない万全の「逃げ」を決め、THE GRAND PRIX 初優勝、SG2冠目を飾りました。2019年も峰 竜太選手のさらなる活躍を期待しています。
 峰 竜太選手はTHE GRAND PRIXで年間獲得賞金額も2億円を突破し、2億292万4,000円に達しました。

 「SG第33回THE GRAND PRIX」の売上金額におきましても、169億6,434万4,300円となり、目標の155億円を大きく上回る結果となりました。
 これからもボートレース住之江はお客さまに楽しんでいただけるよう精一杯の努力をいたします。引き続きのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。
 また、平成30年次(1月1日~12月31日)の全国の総売上金におきましても、1兆3,236億5,751万5,600円となり、ボートレース業界にとって明るいニュースとなりました。

 さて、話は少し早いですが、今年の12月には、ボートレース住之江において、「SG第34回THE GRAND PRIX」を開催します。ボートレース住之江としては5年連続の開催、また、「THE GRAND PRIX」史上初のナイター開催となります。
 開幕まであと341日。常に箕面市らしさを忘れず、挑戦者であることを忘れず、笑顔を忘れずに、出場するボートレーサーに気持ち良くレースに臨んでいただけるよう、そして何よりもお客さまに最高峰のレースを思い切り楽しんでいただけるよう、万全の準備を整えてまいりますので、ぜひお楽しみに!

☆スポーツで食っていく。
 ~15歳未経験から目指せるプロアスリート、なんて他にあるか?~

 プロのボートレーサーになるためには、日本唯一のボートレーサー養成機関である「ボートレーサー養成所」(福岡県柳川市)に入所し、全寮制による一年間の訓練を受けなければなりません。
 現在、2019年10月入所予定のボートレーサー養成員を募集しています。
 ボートレーサー養成所に入所するためには、身長や体重などの応募資格があり、併せて入学試験(第1次試験~第3次試験)があります。
 【募集人員】 50名程度
 【応募資格】
  ①年齢 15歳以上30歳未満
  ②学歴 入所日において中学校を卒業していること
  ③身長 175㎝以下
  ④体重 男子47㎏以上57㎏以下、女子42㎏以上50㎏以下
  ⑤視力 両眼とも裸眼で0.8以上 など
 【試験内容】 第1次試験:学科試験(高校入試程度の内容)及び体力試験
 【募集期間】 3月8日(金)まで(必着締切)

 年齢、性別はいっさい関係なし!実力がすべてのスポーツ、それが「BOAT RACE」。ボートレースは男女の差のない実力主義のスポーツです。ボートレーサーは男女を問わず、年齢層も幅広いのが特徴(現在は17歳~71歳)で、現在約1,600人のボートレーサーが活躍しており、そのうち約215人が女性ボートレーサーです。
 気になる年収は、全ボートレーサーの平均が約1,600万円。みなさんの努力次第で年収を上げることも、大きな夢をつかむことも可能な世界です。
 スポーツ経験がなくても、ボートに乗った経験がなくても、一年間の訓練を受けるだけで一流のアスリートをめざすことができる世界です。
 また、ボートレーサー養成員やご家族の経済的負担を軽減することで、志願者への門戸を広げ、才能ある人材を確保する目的で、平成29年4月に入所したボートレーサー養成員から養成訓練にかかる費用(従来は年間120万円)を無償化しています。
 まずは、ボートレースについて、また、ボートレーサーについて詳しく紹介しているボートレースオフィシャルホームページをご覧ください。
 ボートレーサーに興味のあるかたはぜひ問い合わせてください。
 【問い合わせ】
   一般財団法人 日本モーターボート競走会 ボートレーサー養成所 
    〒839-0263 福岡県柳川市大和町大坪54-1
    TEL:0944-76-5051
    FAX:0944-76-5058
    URL:http://www.boatrace.jp/yamato/pc/site/index.html
 
☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 最後にボートレース住之江の年始開催(第57回全大阪王将戦)の様子をちょこっと写真でご紹介します。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 本年1月から小中学校の学校給... | トップ | 1月17日は全市一斉総合防災訓... »
最近の画像もっと見る

競艇事業局」カテゴリの最新記事