部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

「お買い物にはマイバッグ」を合い言葉に!

2018年06月06日 | 市民部

皆さん、こんにちは。市民部の小林です。

いよいよ今日にも梅雨入りが発表されそうですね。昨年の梅雨入りは6月20日だそうで、昨年と比べると2週間程度早いですが、平年であればこの時期だとか。

梅雨になると体が怠い、頭が重い、めまいがする、など体調不良に悩まされる人も少なくないようです。これから7月20日頃の梅雨明けまで特に体調管理には充分ご注意ください。


●6月1日からレジ袋の無料配布を中止しました

箕面市を含む北摂地区7市3町(豊中市・池田市・吹田市・高槻市・茨木市・箕面市・摂津市・島本町・豊能町・能勢町)では、「ごみとCO2」を削減するため、北摂地区に店舗がある9社のスーパーと連携し、平成30年6月1日(金曜日)からレジ袋の無料配布を中止しました。

 

これは、平成30年2月18日(日曜日)にレジ袋無料配布中止を定める「北摂地域におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」の締結を受けたものです。


<協定締結後の記念写真>

◆レジ袋の無料配布を中止したスーパー
  (1)イオン〔イオンリテール株式会社 近畿・北陸カンパニー〕
  (2)関西スーパーマーケット〔株式会社関西スーパーマーケット〕
  (3)KOHYO/MaxValu/PEACOCK STORE〔株式会社光洋〕
  (4)ダイエー〔株式会社ダイエー〕
  (5)阪急オアシス〔株式会社阪急オアシス〕
  (6)ライフ〔株式会社ライフコーポレーション〕
  (7)イズミヤデイリーカナート/まるとく市場〔イズミヤ株式会社〕
  (8)アル・プラザ/フレンドマート〔株式会社平和堂〕
  (9)万代〔株式会社万代〕

市民の皆さん全員がスーパーやコンビニエンスストアなどで1日に使用するレジ袋の量は約11万5,000枚で、重さにすると約1.1トンになります。

これだけのレジ袋を積み上げると、およそ9mにもなり、なんと3階建てのマンションの高さに相当します。

この約1.1トンのレジ袋を燃やすことで、約3.7トンのCO2が毎日発生し、また、約1.1トンのレジ袋を作るために約1,600ℓの原油が消費されます。

市民の皆さんがスーパーにマイバッグを持参することで、地球温暖化の防止や限りある資源の節約につながります。

この機会に、「お買い物にはマイバッグ」を習慣にしてください。市民の皆さまのご理解ご協力をよろしくお願いします。


●今年は幸先の良いスタート!

春先のインフルエンザ罹患により延期となっていました私の今シーズン甲子園開幕戦が5月26日(土曜日)にやっと実現しました。

天候にも恵まれビールが進むなか、同点に追いつき、そして逆転。阪神の守護神を投入して楽勝と思いきや8回に同点ホームランを打たれ、これはヤバい!とテンションだだ下がりのなか、なっ、なんと、1軍上がりの中谷選手のタイムリーで見事サヨナラ勝ち。

対戦相手が相手なだけに勝利の喜びもひとしお。「六甲颪」はいつもより声高々に歌い、最高の1日になりました。

 

セパ交流戦前の3連戦を見事に3タテ。この流れを交流戦にと願っていましたが、やはりパリーグは強し!

セリーグの大半のチームも阪神同様に負け越しているため、あまり順位に影響はないものの、なんとか一矢報いてほしいものです。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 初診料加算金の改定について | トップ | 生産者と消費者の架け橋に!... »
最近の画像もっと見る

市民部」カテゴリの最新記事