部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

G20 消防特別警戒実施中

2019年06月28日 | 消防本部・署

 こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

 いよいよ本日から“G20 大阪サミット”が開催されます。 (詳しくは公式サイトへ)
  (G20については、小野局長のブログでも詳しく取り上げていただいています。)

 サミット会議の内容はともかく、市民に一番影響のあるのは、大阪市内の交通規制と会場周辺の特別警戒です。
 とりあえず、“車では出かけるな!”とのことですので、おとなしくしていましょう!

 今回のG20は、初の議長国となる国際会議で、史上最高の警備警戒体制となっていますが箕面市内の影響はどうなのかな?

 消防本部も警察と同じく、特別警戒体制として、緊急消防援助隊規模の全国レベルで警戒に当たっています。
 箕面市の警戒部隊は、NBC災害(核・生物・化学の特殊災害)対応の活動隊として、1分隊が大阪空港に2交代制で6月24日~30日まで詰めています。
 また、昼間の特別警戒パトロールとして、大阪駅周辺の巡回警備にも参加しています。
 
 各国首脳や関係者の動きの情報はシークレットになっていますので、残念ながら、具体的な警備内容やG20関連の映像はご紹介できません。ゴメンナサイ。

 何事もなければいいのですが、VIPが帰られるまで、気を引き締めて警戒に当たります。

 

 

可愛いお客様が来てくれました

 6月21日金曜日に、彩都の丘学園の3年生の児童約200名が消防署の見学に観光バス4台で訪問いただきました。
 施設見学には、小学校や幼稚園をはじめ、たくさんの方々をお迎えしていますが、観光バス4台は、めったにありません。って言うか、初めてだと思います。
  当日は、4班に分かれてそれぞれの活動や業務について説明しました。

◎119番を受信する通信指令室の見学

◎消防車(救助工作車)の説明

◎救助訓練の披露(担任の先生にもチャレンジしていただきました。)

  消防自動車や訓練披露は、特に興味があるようで、眼が輝き、職員のお話をしっかり聞いていました。
 また、質問では、職員もたじろぐ専門的な内容もあり、子ども達には興味深い職場なんだなぁとあらためて嬉しく思いました。

 担当した職員も、将来の消防士さんになってもらえる様に、丁寧に対応させていただきました。
 また、先生方にも、訓練では無茶ぶりをして申し訳ありませんでした。

 消防署の見学は、箕面消防署だけでなく、東西分署、豊能消防署でもやっていますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

箕面市消防団視察研修が実施されました

 先日6月22日土曜日に、箕面市消防団の幹部の皆さん(正副団長5名・分団長22名・消防長以下事務局4名)で、昨年の西日本豪雨の被災地であります、岡山県倉敷市真備町へ視察研修でお伺いいたしました。
 真備町での被害は、小田川と高梁川の合流地点で、増水により水がせき止められるバックウォーター現象が発生し、広範囲の浸水被害により死者51名を出す大災害となりました。

◎倉敷市の中でも特に被害が大きかった真備町

◎真備町4,400haの内、1,200haが浸水しました。

◎浸水の深さは、最大で5メートルを超え、街中を走る井原鉄道井原線の高架橋では、赤ラインまで浸水したそうです。

 倉敷市消防局では、田村消防局長さんをはじめ担当職員の方より、被災状況から消防活動、また苦労話まで丁寧にご説明をいただきました。
 また、これほどの災害では、通常の消防力では限界で、緊急消防援助隊や自衛隊・警察の受援体制も確保できない苦い経験など、今後の災害活動の検討課題もご教授いただきました。

 講義の後は、真備町へ移動し、まだ復興途上である河川改修状況や家屋の改修状況、想像を絶する広大な地域の浸水の傷跡を眼に焼き付けて帰ってきました。

 今回の研修での生の声と肌で感じた感覚を大切にし、今後の災害対応や消防活動について、消防団の皆さんと共に検討していきたいと考えています。

 

 

救助隊強化訓練頑張っています

 本市消防特別救助隊の強化訓練については、前々回のブログで紹介しましたが、昨日は、兵庫県小野市の救助隊の皆さんと一緒に合同訓練を行いました。

 7月20日土曜日に、兵庫県三木市にあります、兵庫県広域防災センターで開催される、第48回消防救助技術近畿地区指導会に向けて、大阪府・兵庫県の各消防本部の救助隊が目下猛訓練に励んでいます。
 8月に岡山県で開催される第48回全国消防救助技術大会(全国大会)の出場権を懸けた地方大会のため、それぞれの市町村間で技術向上のために合同訓練を実施しています。

 この度は、普段からお世話になっている小野市消防本部 近都(キンツ)消防長さんの計らいで訪問いただき、合同訓練を実施することになりました。

 本市救助隊は、「ほふく救出」の部に5チームエントリーしており、小野市消防本部は、2チームが出場されるそうです。

 いつも同じチームメイトで慣れた環境での訓練になっているので、合同訓練によって、他の所属の訓練のやり方の違いや緊張感のある雰囲気の中での訓練は、メンタル強化に絶好の機会となります。

 近畿地区の大会まで1ヶ月を切りました。
 地域住民の安心につなげるためにも、消防技術と精神力を鍛え上げます。

 


 

火災救急発生状況  平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  6月28日(金曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災   14件 (昨年同時期比較   +6件)
  ◇救急  4,053件 (昨年同時期比較 +302件)  

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

 

 

この記事についてブログを書く
« 全国市議会議長会定期総会が... | トップ | 「箕面シニア塾」がスタート! »
最近の画像もっと見る

消防本部・署」カテゴリの最新記事