部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

地震がきてからでは遅い。今こそ我が家の耐震化を!!

2011年09月29日 | みどりまちづくり部

 こんにちは、みどりまちづくり部長の山田です。
 去る3月11日に発生した東北沖地震では津波で多くの建物が流され、又、山間部でも多くの家屋が倒壊するなど甚大な被害をもたらしました。
 地震から6ヶ月が経過しましたが、いまなお多くのかたがたが仮設住宅など、住み慣れた我が家を離れて不便な生活をされています。一日も早い復興を願うばかりです。

 箕面市では阪神淡路大震災以降、昭和56年5月以前に建てられた住宅を対象に、耐震診断費の補助制度を創設し、又、平成20年度からは耐震改修費、更に今年度からは耐震設計費に対する補助制度を創設するなど住宅等の耐震化に取り組んできました。

木造戸建て住宅の耐震化補助
耐震 診断 費の補助……診断費の90パーセント以内(補助限度額4万5千円)
耐震 設計 費の補助……設計費の70パーセント以内(補助限度額10万円)
耐震 改修 費の補助……40万円(所得の低い世帯は60万円)を限度とする定額補助

 東北沖地震以降、市民のかたから耐震化に対する問い合わせが増加していますが、一方で「耐震対策について検討したいが、誰に相談すればよいのかわからない。」、「訪問販売にきた業者では、リフォーム詐欺などで不安だ。」といった声も聞かれました。

 そこで、箕面市内に本店又は営業所を有する事業者9社と行政とが協力することによって市民のかたの不安を一掃するとともに、住宅の更なる耐震化を促進するために、去る8月8日付けで、大阪府内で初となる「木造住宅等の耐震対策に関する協定」を締結しました。

 


(これは鯰を書きました。ドジョウではありませんので)

 この協定締結事業者は耐震化に関する相談をはじめ、木造住宅の耐震診断から設計、改修、更には面倒な補助金の申請手続きの代行まで、責任を持って対応し、しかも補助金の申請手続きは無料で行ってくれます。 


(協定締結事業者の一覧)

  南海地震、東南海地震など箕面市に甚大な被害をもたらすと予想されている巨大地震は近い将来必ず発生すると言われています。
 備えあれば憂いなし。市民のみなさん、あなたの命、家族の命を守るために、是非この機会に我が家の耐震化を考えてみてください。先ずは協定締結事業者にお気軽に相談して頂きたいと思います。

 


(耐震チラシ:クリックすると大きくなり、印刷できます)

 通常の耐震改修は、建物全体を補強をしますが、改修費が高額になる場合などに木造住宅の一室に鉄骨や木製の耐震シェルターを作ることで家族の避難場所にする方法もあります。

 また、耐震シェルターの内容にもよりますが工期が数日間で設置費も25万円程度の安価な製品もありますし、公的機関の認定を受け安全性や耐久性が確認された耐震シェルターを設置する場合には、耐震改修費の補助も活用できますので耐震診断実施後に、検討してください。


滝道のまちづくりルール検討中

 これから秋が深まっていくにつれて楽しみなのが山なみや滝道を彩る紅葉です。
箕面大滝に通じる滝道は、毎年紅葉狩りに来られる多くの観光客でにぎわいます。
この滝道沿道は、都市計画法では商業地域に指定されていますが、風俗施設や規模によっては工場や危険物の倉庫なども建築が可能です。
 
 昔ながらのもみじの天ぷら屋さんやお土産屋さんが連なるまちなみの中にこの様な建物が建ってしまうとせっかくの風情も台無しになってしまいます。
 
 このため、市では滝道の風情や環境を守るために、きめ細かな土地利用や景観のルールづくりについて検討を進めており、滝への玄関口として、滝道の観光やにぎわいにつながる建築物を増やしたいと考えています。


(一の橋前の橋本亭)

 


 山なみの景観保全に向けた規制の見直し

 市では、「山なみ景観保全地区」の指定や「山すそ景観保全地区」の指定などによって箕面のシンボルである山なみ景観の保全に努めていますが、この山なみ景観を引き続きしっかりと保全して行くためには山すそ部の一部において規制の見直しが必要と考えています。

 課題箇所の検討においては、「市街地からよく見える場所」、「市街化区域で規模の大きな建築物が建つ可能性」、「樹木等で建物が隠せるか(高度地区)」などの条件から更に対策が必要な地域を整理しました。
この結果、温泉町を中心とする地域において地区計画の指定や都市景観条例による形態、意匠などのルール指定について検討の上、法手続きを進めることになりました。
 
 いろいろな制度やルールを活用して、山なみや魅力的なまちなみを守っていきたいと考えておりますが、どのような事を行うにしましても、市民の皆さまの応援がなければ実現出来ませんのでご理解ご協力をよろしくお願いいたします。


(市役所からみた山なみ)

 

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。

この記事についてブログを書く
« 秋本番! | トップ | 秋真っ盛り! 9月議会は後半... »
最近の画像もっと見る

みどりまちづくり部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事