部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

小野原の歴史・魅力スポット紹介その3~区画整理とゆとりあるまち並み

2013年10月11日 | 市政統括

皆様こんにちは。市長政策室の稲野です。
猛暑が復活したり、台風が襲来したりして、不安定な天候が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。天気予報によると、明日からは本来の“秋”になるようです。「天高く馬肥ゆる秋」。実りの秋です。スポーツに、芸術に、行楽に・・・秋を満喫してください。

(ペチュニアの花)

さて、今回も、小野原や周辺地域の歴史・魅力スポットをご紹介します。

 

◆「おしゃれなまち小野原」ができるまで
1960~70年の「千里ニュータウン」の開発や「万国博覧会」以降、大きく様変わりした小野原ですが、その原動力は3つの区画整理と1つの宅地開発でした。

(西から、阪急小野原住宅と小野原西・小野原・小野原東の各土地区画整理事業)

その最初の取組が、昭和52年(1977年)から開始された「小野原特定土地区画整理事業」です。その前に、千里ニュータウンの開発により、野山や竹林が見事に造成され、整然としたニュータウンができるのを目の当たりにしていましたし、10数年前から大手のディベロッパーが農地をまとめて買収しているという話を聞いていましたので、ある程度の予測はしていましたが、幼い頃から親しんできた田んぼや野山、池などが造成されてなくなると聞いたとき、少し寂しい思いがしたのを覚えています。しかし、半面、「やっと都会になって、便利なまちになる」との期待も大いにありました。

昭和54年(1979年)からは「阪急小野原住宅地」の開発が始まりました。また、昭和58年(1983年)からは住宅・都市整備公団が、小野原特定土地区画整理事業の東側に沿って、茨木市界までの区域で「小野原東特定土地区画整理事業」を開始しました。

昭和54年(1979年)には、小野原に待望の小学校、「市立豊川南小学校」ができました。それまで小野原の子どもたちは、国道171号を渡って「市立東小学校」へ通っていたので、とても喜ばれました。東小学校も、当時の箕面市開発協会が丘陵地を開発したのに併せて、昭和43年(1968年)に開校したもので、私は小学4年生から転校しました。それまでは茨木市宿久庄にある「茨木市箕面市学校組合立豊川小学校」(現在は茨木市立豊川小学校)へ通っていました。

このようにして、小野原周辺は箕面市の発展とともに都市化されていきました。これらの様子は、豊川南小学校が創立30周年を迎えた平成20年(2008年)に発行された写真集によく表れているので、以下にご紹介します。
(まん中に豊川南小学校の校舎やグランドが見えます。その上を左右に走るのが国道171号、さらにその上の緑地群が関電グランドです。)

【開校当時】昭和54年(1979年)。区画整理中です。左の田畑・山林が「小野原西」です。

 

【創立10周年】昭和63年(1988年)。マンションや住宅が一気に建ち並びました。

 

【創立20周年】平成10年(1998年)。児童数が1000人をはるかに超えていました。

【創立30周年】平成20年(2008年)。小野原西も完了間近です。右上が彩都モノレール

そして、平成22年(2010年)に「小野原西特定土地区画整理事業」が完了し、市道小野原豊中線も新船場南橋まで開通して、現在のおしゃれで、便利なまち、小野原が生まれました。

◆ゆとりある小野原のまち並み
区画整理事業によって、ゆったりと、整然としたまち並みを形成している小野原ですが、そこにはいろいろな工夫がなされています。

区画整理事業は、土地の区画・形質を変更して、道路や公園といった公共空間を確保し、宅地境界をすっきりさせて、整然としたまちを整備するものですが、箕面市においては「“特定”土地区画整理事業」として、集合農地区や共同住宅区などを設定し、その後の土地利用がしやすく、ゆとりあるまち並みの形成に努めてきました。
たくさんの公園や緑地をバランスよく配置し、ゆったりとした幅員の広い道路を配置していますが、特に『曲線状街路』を外周部分に配置して、通過交通が住宅地内へ入り込まないようにして、安全で閑静な住宅地を形成しています。

また、各事業区域の中央部に南北に走る「遊歩道」を設け、ゆとりやうるおいの空間としています。その一部を以下にご紹介します。

 

小野原特定土地区画整理事業区域内の「プラタナス通り」

 

「プラタナス通り」は小野原豊中線の下でトンネルになっています

小野原東特定土地区画整理事業区域内の「アートアベニュー」

阪急小野原住宅内の「ふれあいこみち」

小野原の歴史・魅力スポット紹介その3は、いかがでしたか。使用データや評価は、あくまで私の個人的なものです。不定期ですが、次回以降もご期待ください。


【お知らせ】

◇ゆるキャラグランプリ2013開催中
「滝ノ道ゆずる」が全国14~15位前後(近畿2位)で、たいへん苦戦しています。昨年は全国10位(近畿1位)で、テレビのCMにもたくさんのオファーがありました。皆様、毎日忘れずにご投票いただくよう、ぜひともよろしくお願いいたします。(くわしくは下のお知らせをご覧ください)

◇「杉本るいちゃん」にさらなるご支援を
前回の私の部長ブログでもご紹介しました「杉本るいちゃん」の心臓移植に対する募金が1億4千万円に近づいています。目標額の1億9千万円まで、あと5千万円程度です。さらなるご支援をお願いいたします。

 

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!

この記事についてブログを書く
« 市民医療講座って、こんな内... | トップ | 緊急査察を実施しました! »
最新の画像もっと見る

市政統括」カテゴリの最新記事