部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

大人の風しん予防接種制度が変わります!

2019年04月11日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

満開の桜の花のもと、体に比べて見るからに大きなランドセルを背負った小学1年生や、真新しい制服に身を包んだ中高生を見ると、「あぁ~新年度が始まったな」といつもながら感じます。
特に、今年は元号が「令和」となり新しい時代の幕開けの年。
新入生や新社会人の皆さまのみならず、すべての人々が将来に夢と希望を持ち、豊かさを実感できる時代の幕開けとなりますこと祈らずにはおられません。
私も心新たに、全てのことに感謝の気持ちを忘れず、与えられた役割、仕事に精いっぱい取り組んでいきたいと思います。


さて、大人の風しん予防接種制度が4月から大きく変わります。
これまで、風しんの予防接種等については、法律上子どもに対する規定はありましたが、大人に対する規定はなく、妊娠を希望する女性とその配偶者などへの抗体検査や予防接種に係る助成制度しかありませんでした。

昨年の風しんの大流行を受け、国は感染者が多かった世代を対象とする風しんの予防接種を法律に規定し、今年度からスタートしました。

     

その結果、大人の風しん予防接種の制度は大きく変わります。
制度が、国制度、大阪府制度、箕面市制度と3つのパターンがありますので、少し長くなりますが、ご紹介させていただきます。

各制度は、性別と生年月日などにより分けられますので、次の表にあてはめ、ご自身がどの区分になるのかをご確認ください。その上で、ご自身が該当する区分の実施期間や費用負担、検査や接種の流れをご確認ください。

  

いずれの区分のかたも、風しんの予防接種を希望される方は、必ず風しんの抗体検査を受けていただくことになります。

以下に、各区分ごとの実施期間や費用等についてお知らせします。

★区分が「国制度」のかた
【実施期間】 平成31年(2019年)4月1日から令和4年(2022年)3月31日まで
【費 用 等】 抗体検査料:無料  予防接種料:無料
【抗体検査・予防接種の流れ】
(1)抗体検査と予防接種が無料になる「クーポン券」を平成31年4月20日頃に
       送付します。


(2)全国の医療機関で抗体検査を受けることができます
       まずは、抗体検査の予約を医療機関に予約してください。
       予約される際にクーポン券を持っていることを医療機関のスタッフにお伝
   えください。
    (全国の医療機関の一覧はこちらを、箕面市内の医療機関の一覧はこちら
       ご参照ください。)
(3)抗体検査を受ける際には、市から送付された「クーポン券」を必ず持参して
       ください。無料で検査を受けることができます。
    (クーポン券がない場合は無料で検査を受けることはできません。)
(4)検査後、医療機関から「風しん抗体検査結果表」を受け取ってください。
    (結果表の受け取り方法は、医療機関にご確認ください。)
(5)抗体検査の結果、抗体がないまたは抗体価が低い(風しんに対する免疫力が
       低いことを意味します)かたは、予防接種の予約を医療機関にしてください。
       この際にも、クーポン券を持っていることを医療機関のスタッフにお伝えく
       ださい。(抗体があるかたは、無料で予防接種を受けることはできません。)
(6)予防接種を受ける際には、市から送付された「クーポン券」を必ず持参して
       ください。無料で予防接種を受けることができます。
    (クーポン券がない場合は無料で予防接種を受けることはできません)

★区分が「府制度」のかた
【実施期間】 平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日まで
【費 用 等】 抗体検査料:無料  予防接種料:6,000円を超える費用を自己負担
【抗体検査・予防接種の流れ】
(1)大阪府内の医療機関で抗体検査を受けることができます。
       抗体検査の予約を医療機関に予約し、検査を受けてください。
       費用負担のあり方については、現在大阪府と大阪府医師会で調整中です。
       検査を急がれる方は、一旦全額お支払いいただくこともありますのでご注意
       ください。(箕面市内の医療機関の一覧はこちらをご参照ください)
(2)検査後、医療機関から「風しん抗体検査結果表」を受け取ってください。
     (結果表の受け取り方法は、医療機関にご確認ください)
(3)抗体検査の結果、抗体がないまたは抗体価が低い(風しんに対する免疫力が
       低いことを意味します)かたは、医療機関に予防接種の予約のうえ、予防接種
       を受けてください。なお、予防接種に係る費用を一旦全額お支払いください。
(4)予防接種を受けたかたは、ご負担いただいた費用のうち、6,000円を上限に
       助成を行いますので、還付申請を行ってください。
   還付申請には、箕面市風しん予防接種等費用助成金交付申請書兼請求書(4月
      15日頃に本ホームページに掲載予定です。)に必要事項を記入し押印のうえ、
      次の書類を添えて提出してください。
    予防接種を受けたかたが、女性の場合は、
  ・運転免許証や健康保険証などで住所、氏名、年齢を確認できるもの
  ・風しん抗体検査の結果表
  ・風しん抗体検査とワクチン接種に要した費用の領収書
       (医療機関発行のものに限ります。)
 予防接種を受けたかたが、男性の場合は、上記(1)から(3)に加えて、
  ・配偶者の運転免許証や健康保険証などで住所、氏名、年齢を確認できるもの
   (なお、配偶者が妊娠中の場合は、母子健康手帳の1ページ目の写し)

★区分が「市制度」のかた
【実施期間】 平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日まで
【費 用 等】 抗体検査料及び予防接種料:6,000円を超える費用を自己負担
【抗体検査・予防接種の流れ】
(1)全国の医療機関で抗体検査を受けることができます。
       抗体検査の予約を医療機関に予約し、検査を受けてください。
       その際、抗体検査に係る費用を一旦全額お支払いください。
    (全国の医療機関の一覧はこちらを、箕面市内の医療機関の一覧はこちら
       ご参照ください)
(2)検査後、医療機関から「風しん抗体検査結果表」を受け取ってください。
    (結果表の受け取り方法は、医療機関にご確認ください)
(3)抗体検査の結果、抗体がないまたは抗体価が低い(風しんに対する免疫力
       が低いことを意味します)かたは、医療機関に予防接種の予約のうえ、予
       防接種を受けてください。なお、予防接種に係る費用を一旦全額お支払い
   ください。
(4)抗体検査・予防接種を受けたかたは、ご負担いただいた費用のうち、6,000円
       を上限に助成を行いますので、還付申請を行ってください。
       還付申請には、箕面市風しん予防接種等費用助成金交付申請書兼請求書(4月
       15日頃に本ホームページに掲載予定です。)に必要事項を記入し押印のうえ、
       次の書類を添えて提出してください。
  ・運転免許証や健康保険証などで住所、氏名、年齢を確認できるもの
  ・風しん抗体検査の結果表
  ・風しん抗体検査とワクチン接種に要した費用の領収書
   (医療機関発行のものに限ります。)

風しんの抗体検査と予防接種を受けることは、ご自身の身を守るだけでなく、周りのひとを守り、妊婦さんを守り、生まれてくる子どもを守ることに繋がります。
     
各制度の対象となるかたは、この機会に風しんの抗体検査・予防接種を是非とも受けてください。

 

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

この記事についてブログを書く
« 滝道の大切な観光拠点施設 ... | トップ | 監査から新規採用職員へ »
最近の画像もっと見る

健康福祉部」カテゴリの最新記事