部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

保育園の1歳児クラスへの入園予約制度を開始します!!

2019年07月08日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

梅雨真っ只中です。
梅雨の時期は、じとじと、じめじめで気も滅入りがちになりますが、
そぼ降る雨の雨音を聞くのも情緒があっていいものです!

     

また、昨日は、七夕 子ども達は将来の夢や願いを短冊に書いたことでしょう!
将来、みんなの夢や願いが叶うことを願うばかりです。

 

 

保育園の1歳児クラスへの入園予約制度をスタートします!!

7月11日(木)から、現行の保育園への入園申込み方法に加えて、全国的にも珍しい取り組みとして、来年4月の保育園1歳児クラスの入園内定をいち早くお知らせする入園予約制度をスタートします。

保育園(1歳児クラス)に4月入園を希望された場合の入園の可否は、同年の1月末に保護者のみなさんに通知を行っており、保護者のかたは4月以降の復職や就職等の予定を立てにくい状況でした。
新たに実施する入園予約制度を活用すれば、入園の内定者のかたには、早ければ9月中旬、遅くとも12月中に、内定の通知を行います。
 
内定通知は、市内4つの地域(西部・中部・東部・北部)のうち、内定した地域内にあるいずれかの保育園への4月入園を確約するもので、実際に通う保育園は、これまで同様1月末に決定し通知します。

少しでも早く4月入園が内定することで、保育園への入所の不安が払拭され、以降の育休明けの復職などのスケジュールが立てやすくなるため、安心して子育てしていただけます。

【 制度概要 】
 ・対象のかた
  :保育園の1歳児クラスへ、4月から入園を希望する保護者のかた 特に、入園を希望
  する保育園が限定されておらず、少しでも早く入園を決めておきたいかたは、
  この制度が適しています。

 ・利用の流れ
  ①申込み
   利用を希望するかたは、市内4つの地域(西部・中部・東部・北部)から、
   希望する地域を選択します。地域を複数選択することも可能です。
   希望した地域にある全ての保育園に、入園希望順位をつけて申し込みます。  
     ※ 順位の記載がない場合は、希望順位は順不同として選考します。
  ②地域決定通知(内定通知)
   市で、保育の必要度に応じて内定者を決定し、9~12月の間に順次、
   通知を送付します。
   通知は、内定した地域内にあるいずれかの保育園への4月入園を確約するもの
   で、入園する保育園はまだ決定していません
  ③保育園の選考
    保育園の選考(決定)は、入園予約制度利用者も通常申込のかたも一緒にします。
   入園予約制度を利用した場合も選考上有利になることはなく、どちらの申込み方法
   を利用しても保育の必要度に応じて平等に希望順位の高い保育園から順に選考
   します。    
  ④保育園決定通知
    1月末に決定通知を送付します。
   この時点で、入園する保育園が決定します。

    【参考】 入園予約制度と通常申込の比較

 

入園予約制度

通常申込(現行制度)

申込受付

期   間

7月初旬~11月中旬

11月下旬~12月中旬

保育園の

選   択

市内4つの地域(西部・中部・東部・北部)から希望する地域を選択し(複数選択可)、選択した地域内の全保育園に希望の順位をつける。

順位の記載がない場合でも、その地域内の保育園は全て希望しているものとみなし、希望順位は順不同として選考する。

市内全地域から、入園を希望する保育園を選択し(複数選択可)、希望の順位をつける。

 

 

 

 

 

地域決定

通  知

(内定通知)

入園できる地域の決定を通知。

9月中旬から12月に順次発送。

なし

 

保 育 園

決定通知

実際に通う保育園を通知。1月末に発送。

0歳児クラスへの

申込み

不可

適して

いるかた

入園を希望する保育園が限定されておらず、少しでも早く入園を決めておきたいかた

待機の可能性が高くなっても、入園を希望する保育園が限定されるかた

     

もっと詳しく知りたいかたは、市ホームページ 又は、子ども未来創造局 幼児教育保育室 (TEL 072-724-6737)まで

 

「子育て中の保護者のかた、子ども達のために」 とご寄附いただきました。

皆さんは、国際ソロプチミストという団体をご存じですか? 国際ソロプチミストは、女性の世界的な奉仕団体で、人権と女性の地位向上を促進する奉仕活動を行っておられます。 現在、130カ国、約3,000クラブ、約80,000人の会員を有し、日本では、約500のクラブ、約16,000人の方が活動されています。
  そのクラブのひとつである 「国際ソロプチミスト大阪-北」さまから、昨年に引き続き、子育て中の保護者のかた、その子どもたちの支援がしたい とのお申し出をいただき、子育て支援センターで子どもたちが使う遊具をご寄附いただきました。

               

  7月3日(水曜日)には、国際ソロプチミスト大阪-北さまが、千里阪急ホテルで開催された東日本大震災復興支援チャリティ講演会に先立ち、藤迫教育長に遊具の目録を贈呈いただき、教育長からは、感謝状をお渡しさせていただきました。

 

 国際ソロプチミスト大阪-北さま、ご寄附ありがとうございました。
 ご寄附いただいた遊具等については、大切に使わせていただきます。

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

 

 

この記事についてブログを書く
« SG第34回ナイターグランプリ... | トップ | SDGs と ラッピングトレイン ... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事