部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

今年、新たに1,435人の新成人が大人の仲間入り。成人祭には、今年も多くの新成人が参加しました。

2018年01月19日 | 人権文化部

平成30年度成人祭(平成31年1月14日開催)から、開式時刻が11時になります。

みなさん、こんにちは。子ども未来創造局担当部長・人権文化部長の浜田です。
先週の非常な寒さから一転、春先のような気温に。寒暖差に身体がついて行かないのか、体調不良のかたが見受けられます。体調管理に気をつけてください。

さて今回は、子ども未来創造局生涯学習担当の1年を通じて最大の行事である成人祭等を中心にお伝えします。

◆平成29年度の「成人祭」が878人の新成人を迎えて行われました。

平成29年度の成人祭を、1月8日(月曜日 祝日)に執り行いました。
新成人のみなさん、本当におめでとうございます。

箕面市では、今年1,435人(平成29年12月1日現在の住民基本台帳調べ)の皆さんが新たに成人となりました。
今年の成人祭当日はあいにくの小雨模様、晴れ着での参加者には、少し辛い成人祭だったかもしれませんが、878人が参加され、晴れやかに門出を祝うことができました。

さて、箕面市における成人祭への新成人の参加状況は、平成23年度に60%を超えて以降60%から66%で推移しています。

平成18年度以前の参加状況は、府内で最も低い参加率にとどまっていました。(ちなみに、平成15年度の参加率は、40%を下回る38.8%)以前の式典主体の成人祭も良いものであったと思いますが、新成人の感覚とはずれが生じ、参加率も低迷していました。そこで、成人祭を若い感覚で変えていくことを考え、平成19年度から新成人と年齢の近い新規採用職員で構成するブラッシュアップチームに成人祭の企画や運営をお任せしてきました。
ブラッシュアップチームのメンバーは、新成人が楽しめる企画を毎年様々に検討してきました。また、新成人をみんなで祝うということから、市内の事業者の方などにも協賛をお願いし、平成19年度は11社であったのが、最近では70社を超える協賛をいただけるようにもなりました。このような努力の結果、平成23年度から参加率が60%を超えるようになりました。

(華やかでにぎやかなロビー)

(新成人代表の二人による、「誓いの言葉」)

第2部では、梅花女子大学チアリーディング部の皆さんのお祝いのパフォーマンスや好評の抽選会が行われました。

今回も、成人祭の第2部を担当してくれているブラッシュアップチームが活躍してくれましたので、少しお伝えしたいと思います。
今年度のブラッシュアップチームは総勢26名で、新成人にお渡しするハガキ・パンフレットの企画や作成、市内の事業所などを回って抽選会への協賛を依頼、また、成人祭当日の舞台の企画から運営と、日常の業務をこなしながら取り組んでくれました。
彼らの8か月間の努力と新成人への思いが当日参加された皆さんにも伝わったのではないかと感じています。
ブラッシュアップチームの皆さん、お疲れさまでした。

 

さて、今年度の成人祭は無事に終了することができましたが、担当者達は数年後の成人祭と、それ以後の成人祭について「どうしよう」と悩みを抱えています。

政府は今月開会される通常国会に民法などの一部を改正する方針で、早ければ2022年に成人年齢が18歳に引き下げられると報じられています。

この法案が成立すると、同時に18歳、19歳、20歳の皆さんが新成人になることが見込まれます。今年の対象者を単純に3倍すると約4,300人となり、参加率を60%とみると約2,600人の参加が見込まれます。

各年次の新成人の皆さんを対象に一度に成人祭を行うのか、日や時間帯を変えて、分散方式とするのか、また18歳の皆さんは大学受験と重なるため、この時期の成人祭開催は妥当か、などなど多くの課題が頭に浮かんできます。

少し先と思っても、あっという間にやってきますので、国会の動きや他市とも情報交換を行いながら、しばらく頭を悩ますこととなりそうです。

 

◆西南公民館が、新しく西南生涯学習センターとしてオープンします。

西南公民館は、建替のため利用者の皆さまにご迷惑をおかけしていましたが、2月1日から西南生涯学習センターとしてリニューアルオープンします。

(新しくなった西南生涯学習センター)

西南公民館は、昭和50年(1975年)年の利用開始以来、多くの皆さんにご利用いただいていましたが、施設そのものや設備などが老朽化し、非常に利用しにくい状況がありました。

例えば、バリアフリーの課題では、廊下は狭く、エレベーターもありませんでした。また、トイレも入口には段差があり、個室は洋式化もできていませんでした。つまり利用者に優しくない施設でした。

こういった点を改善し、活動いただく部屋数も増やし、多世代が利用しやすい施設として生まれ変わります。

一例ですが、トイレは…
 
こんな感じでしたが…          広く、快適になりました

また、ロビーは、段差があり暗い雰囲気でしたが、明るく、開放的になりました。

新しい西南生涯学習センターには、要望の多かった音楽室や防音機能を高めた多目的ホール、美術・工芸の作品制作に適したアートルームなどを整備しました。利用できる部屋数は全体で7室から11室に拡大、これまで以上に活発なグループ活動が展開されると期待しています。

(鏡を備えたフィットネスルーム、ヨガや軽体操などに最適)

(ロビー横には、子どもたちが楽しめるプレイルーム)

施設の詳細については、2月号のもみじだよりに掲載を予定していますので、そちらをご覧ください。

 

◆本の作家や編集者などが、小中学校を訪問するオーサー・ビジットが今年も行われます。

箕面・世界子どもの本アカデミー賞の受賞作家やノミネート作家の皆さんなどが、市内の小・中学校を訪問して、講義や授業を行うユニークな取り組みで、毎年好評を得ています。

今年は、次の日程での実施が予定されています。

みなさま楽しみにしていてください。

子どもたちにとっては、自分たちの大好きな本の作家から直接はなしを聞くことができる、とても貴重な楽しい時間で、子どもと本との出会いの輪が広がっています。

 

◆メイプルホール・グリーンホールからのお知らせ

地域のホールを拠点に、クラシック音楽を通して、まちを活性化する取り組み「公共ホール音楽活性化事業」の開催が近づいてきました(箕面市メイプル文化財団と地域創造の共催事業)。

実力と人気を兼ね備えたNHK交響楽団首席ホルン奏者の福川伸陽氏を迎え、グリーンホールでの特別演奏会を開催します。福川氏のホルン・リサイタルに加えて、昨年夏の吹奏楽コンクールで全国大会へ出場した箕面市青少年吹奏楽団との共演も予定していますので、ご期待ください。

本日は、事業の一環として、吹奏楽団を対象に開催された、音楽の楽しさをより身近に感じていただくための交流型プレイベントについてご紹介します。あわせて、メイプル文化財団の市民協働事業「箕面芸術祭」も、参加者の皆さんの熱意とチャレンジ精神で、舞台づくりがおおいに盛り上がっているようですので、そちらもご紹介させていただきます。

○NHK交響楽団首席ホルン奏者福川伸陽×箕面市青少年吹奏楽団 特別演奏会

先日、福川伸陽氏による、青少年吹奏楽団の高校生大学生を対象とした交流型プレイベントが行われました。

1月21日(日曜日)の演奏会でも演奏されるプーランク作曲のエレジーという曲について、実際の楽譜を配布して、一つ一つの音楽表現について丁寧にレクチャーが行われました。お互い、楽器を演奏するもの同士、音楽的な刺激にあふれたイベントとなりました。想像力を働かせて、楽譜を読み解き、表現していく、トッププレーヤーによる演奏に至るプロセスを間近に体験することができ、吹奏楽団のメンバーにとっては大変有意義な時間となったことでしょう。

その後、共演曲目のリハーサルを行い、ここでも活発なコミュニケーションが繰り広げられていました。

 

演奏会は1月21日の日曜日です。お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

日時:2018年1月21日(日曜日)午後2時開演
会場:グリーンホール(箕面市立市民会館)
料金:《全自由席》大人1,000円(会員900円)/18歳以下500円(会員450円)
※未就学児の入場はご遠慮ください
※公演詳細は、こちら

○第13回箕面芸術祭 横内謙介作品「ジプシー~千の切り株の上の物語~」 演出:倉田操

今年の箕面芸術祭もいよいよ佳境に差し掛かっています。公募によって集まった24名の出演者が、個性豊かな役柄を演じ、舞台づくりに励んでいます。

この作品を通して培った、出演者同士のチームワークも抜群。皆さん、あふれる情熱で、演劇経験は関係なく、それぞれに与えられた役割に熱心に取り組まれています。合言葉は、「このメンバーでできる最高の舞台をつくろう。」本番まであと約1か月。きっと心に響く舞台となることと思います。ぜひ応援をお願いします。

物語は、マンションを買った若い夫婦が、完成を待ちきれず、建築中の建物に忍び込んでみると、自分たちの家となるべき部屋に、すでにジプシーの大家族が住み着いていた…。という奇想天外な舞台設定(?!)で、演劇の魅力を十二分にお伝えできそうです。

日時:2018年2月24日(土曜日)午後2時開演/午後6時開演、25日(日曜日)午前11時開演/午後3時開演
会場:箕面市立メイプルホール 小ホール
料金:《全自由席》一般800円(会員700円) 学生500円
※公演詳細は、こちら
※練習風景などは、こちら

 

◆その他のお知らせ

○男女協働参画講座

2月22日(木曜日)、市役所第3別館で、「生きづらさを抱えた若年女子の実情」と題して市民企画による男女協働参画講座を開催します。

参加には申込が必要です。下記のチラシをご覧ください。

○ヒューマンズプラザからのお知らせ

桜ヶ丘人権文化センター(ヒューマンズプラザ)から講座のお知らせです。

興味のあるかたはどうぞ参加してください。

いずれも問合せ、申込み等は、桜ヶ丘人権文化センターまで
電話 072-723-8222 

 

○らいとぴあ21からのお知らせ

萱野中央人権文化センター(らいとぴあ21)から催しのお知らせです。

 

○外国人市民の保健・医療サポートセミナー2018

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

この記事についてブログを書く
« 新鋭飛躍!今年もドラマを生... | トップ | -箕面市役所を訪問しませんか- »
最近の画像もっと見る

人権文化部」カテゴリの最新記事