部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

9月 高齢者の催し花盛り

2019年09月18日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

関東を襲った台風15号。千葉県を中心に甚大な被害をもたらしました。

千葉市付近に上陸するときの勢力は中心気圧960hPa、最大風速40m/sの「強い」勢力で、関東上陸時の勢力では過去最強クラスだったそうです。10日目を迎えた今も、停電が続き、家屋被害に対する復旧も進んでいない状況です。
被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を願わずには居られません。

私たちの街「箕面」も、昨年神戸市付近に上陸した台風21号により、大きな被害を受けました。
昨年の台風21号と今年の台風15号から、改めて台風の進路によって、被害の大きさが全く異なることを学びました。

台風の進路の東側にあたる地域は、雨、風ともに気を付ける必要があります。

9月、10月は台風シーズンと言われます。今日現在、台風は発生していないようですが、気象予報に注意し、早めの対策をお願いします。


「シーズン」と言えば、9月は「敬老月間」。

ブログのネタを探しに「政府広報オンライン」を覗くと、がん征圧月間、健康増進普及月間、障害者雇用支援月間、食生活改善普及月間などなど10の取り組みが掲載されています。ところが、不思議なことに「敬老月間」がありません。
どうも、国は「敬老月間」ではなく、「老人の日・老人週間」として位置づけているようです。

(余談ですが、「老人」という言葉に少し抵抗感を感じるのは私だけでしょうか。市役所でも「老人」という言葉はほとんど使いません。今や「高齢者」が一般的なように感じます。)

まあ、それはさておき、国の考え方や動きを少し調べてみると、内閣府のホームページに「『老人の日・老人週間』キャンペーン」と題して掲載がありました。
「令和」はじめての「『老人の日・老人週間』キャンペーン」は、9月15日の「老人の日」から9月21までの1週間を「老人週間」と位置づけ、「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」を標語に取り組まれています。


このキャンペーンが目指す目標は6つ。

(1) すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉の
   まちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。

2) 高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・
   ボランティア活動を進めよう。

(3) 高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防等への取り組みを進めよう。
(4) 高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等を
   みんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。

(5) 超高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、多世代がお互いに
   協力して安心と活力ある健康長寿社会をつくろう。

(6) 減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域での
   つながりを築こう。


これら目標の1つ1つを進めることが、誰もが安心して、いきいきと自分らしく住み続けられる街になると思います。箕面市でも様々な取り組みを進めて参りますので、皆さまもご理解と、ご協力をお願いします。

9月に入って、箕面市でも高齢者に関わる様々な行事が展開されていますので、ご紹介させていただきます。


箕面市高齢者作品展

高齢者作品展は、毎年「箕面市老人クラブ連合会(箕面市シニアクラブ連合会)」が主催し、高齢者の皆さまが日々取り組まれている絵や写真、手芸やパッチワークなどの作品を箕面文化・交流センターにて展示・発表されるものです。
今年は、9月6日からの1週間、個人・グループの手による124の作品と、デイサービスセンターや介護老人保健施設など7つの団体の文化作品が出品・展示され、1,000人を超える方が来場されたそうです。

9月10日の最終日には、箕面市老人クラブ連合会会長賞、箕面市民生委員児童委員協議会会長賞、箕面市社会福祉協議会会長賞、そして箕面市長賞の4賞と、「お達者で賞」と「ご立派で賞」の表彰式が行われました。

箕面市老人クラブ連合会会長賞には、箕面中四百楽クラブ所属の端山 好美さんの押し絵「六歌仙」が選ばれました。

箕面市民生委員児童委員協議会会長賞には、箕面南朗友会所属の金子 榮之さんの写真「大出の流れ」が選ばれました。
受賞された金子さんは、なんと98歳!

  

箕面市社会福祉協議会会長賞には、箕面中2牧落クラブ所属の佐々木 秀子さんのパッチワーク「挑戦」が選ばれました。

そして、箕面市長賞には、箕面南三のぞみシニア会所属の川上 まさゑさんの押し絵「月下美人」が選ばれました。

 

その他「ご立派で賞」に12作品が、「お達者で賞」に7作品が選ばれました。
各賞を受賞された皆さまに心からお祝い申し上げます。

表彰された作品はもとより、今回表彰されなかった作品も、いずれの作品も力作ぞろい!
拝見させていただき、ただただ感嘆の声のみ。そして、作品づくりに日々取り組まれることが元気と楽しみと若さの秘訣なのだなぁを感じさせていただきました。
来年も、皆さまの大作をご期待申し上げます。

地区敬老会始まる

前回のブログで予告をさせて頂きました「地区敬老会」が今週16日から各地域で始まりました。
16日には、西南小学校区、中小学校区、西小学校区、止々呂美小学校区の4地域で多くの高齢者の皆さまご参加のもと開催されました。


     (西南小地区敬老会でご挨拶される井上地区福祉会会長)

地区敬老会では、毎年、高齢者の健康の維持と活動の功績をたたえるため、地域の活力を高める活動を長年にわたって行っている高齢者を対象に、「箕面市元気はつらつ頑張る高齢者表彰」の表彰式を行わせていただいています。

表彰は、70歳以上のかたで、地域の活力を高める活動に無償で継続して取り組んでいるかたを対象とした「地域功労の部」と、90歳以上のかたで、介護保険の要支援・要介護認定を受けておられないかた、及びあんしん生活サポート事業対象者でないかたを対象とした「長寿高齢者の部」の2部門があります。

また、地区敬老会では、子どもたちによるお祝いの言葉や、吹奏楽の演奏、高齢者による楽器の演奏、また地域で活動する様々な方々による趣向を凝らした出し物で、高齢者の皆さまを楽しませてくださいます。

地区敬老会を準備から開催までご尽力いただいている地区福祉会の皆さまはじめ、民生委員・児童委員など地域の各団体の皆さまに、心から敬意を表しますとともに、感謝申し上げます。

 



「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

この記事についてブログを書く
« 明るい選挙啓発ポスターコン... | トップ | 秋の気配を感じますね・・。 »
最近の画像もっと見る

健康福祉部」カテゴリの最新記事