部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

住民目線は家族目線!

2018年04月13日 | 消防本部・署

 こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

 今年の春の訪れは、例年になく早く、桜の花も入学式までもちませんでした。
 これからは、新緑の季節を迎え、春爛漫へと移っていきます。
   

 本日は、平成30年度、最初のブログです。
 本年度も新体制の元、チーム一丸となり、市民の皆さんを家族と思い、家族にしてほしいことを誠意を持って行動する「住民目線は家族目線!」をスローガンに掲げ、地域の安全のために頑張っていきますのでよろしくお願いします。

 


◆本年度の消防本部の主要施策◆

1.高規格救急車を2台更新します。

  豊能町との消防本部統合後2年が経ち、広域化によるスケールメリットを生かし消防力の強化を行っていますが、消防力の3要素(人員・施設・水利)である消防車両の計画的な更新は欠かすことが出来ません。
  本年度は、増加する救急需要に伴いフル稼働している高規格救急車を箕面消防署と豊能消防署に配置するために、最新鋭の車両に更新いたします。

 

2.東部地域の消防拠点整備のために設計を行います。

 本年2月に箕面市と豊能町における今後の消防需要を分析して策定した「今後の消防需要に基づく消防力保全計画」に基づき、消防隊1隊の早期増隊をめざすとともに、箕面市域における消防署を現在の3署体制から5署体制へ移行していきます。
 まずは、最も優先度が高い「箕面東B拠点」を豊川支所前市有地に整備を進めるために、消防庁舎の設計に着手いたします。

 

.全戸訪問の継続実施

 消防力の保全のためには、住民の皆さんの高い防火意識が欠かせません。
 平成28年度から開始しました、消防職員による全世帯を対象にした防火訪問も引き続き実施いたします。
 ほんとうに地道な活動ではありますが、必ず防火意識の向上と火災“ゼロ”につながることを信念として実施していきます。
 また、防火・防災の啓発だけでなく、福祉の観点からの気づきも含めた「見守り」の一つの手法として、つなげる活動も進めます。

 

4.学生消防隊MATOYの本格始動

 昨年12月に発足し、今年1月3日の消防出初式でデビューした、箕面市消防団 学生消防隊“MATOY”(大阪青山大学女子ソフトボール部)は、本年度から本格的に始動し、大学生の隊員が消防イベントや全市一斉総合防災訓練などに参加し、消防団活動のPRなどを行っていきます。


 以上の4つの主な施策を実行すると共に、新たなまちの変化として、新名神高速道路での災害対応や北大阪急行線延伸によるまちづくりに伴う様々な消防需要に対応して参ります。

 本年度もどうぞよろしくお願いします。

 


【火災救急発生状況】 平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  4月13日(金曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災      4件 (昨年同時期比較   -6件)
  ◇救急  2,287件 (昨年同時期比較 +136件)


 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018731日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 平成29年度にできたもの~土... | トップ | 進学などで引っ越しをされた... »
最近の画像もっと見る

消防本部・署」カテゴリの最新記事