部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

毎年5月は「消費者月間」

2018年05月16日 | 市民部

皆さん、こんにちは。市民部の小林です。

今週は25℃以上の夏日が続いて暑い一週間になりそうですね。私は月曜日から既に半袖で出勤。この時期から半袖になっているようでは、夏の灼熱地獄を乗り越えられるか心配です・・・

 

●「消費者月間」 ご注意ください!~コインパーキングの表示~

毎年5月は「消費者月間」です。

「消費者保護基本法」が昭和43年5月に施行されたことから、その施行20周年を機に、昭和63年から毎年5月が「消費者月間」とされました。

この時期には、全国で悪質商法などによる消費者被害を防止するため、さまざまな啓発活動が行われています。

 

近年、商品・サービスの内容や価格、取引の条件について消費者に誤解を与える不適切な広告や、事実と異なる内容を告げる悪質な訪問販売など、新しい手口による詐欺的な商法が増加しています。

取引に関して不審な点があった場合には、契約する前にご家族や消費生活センターに相談するようにしましょう。

 

◆「一日最大○○円」 コインパーキングの表示にご注意を!

コインパーキング(時間貸し駐車場)は、比較的小さな土地でも設置でき、しかも無人の場合が多いため、特に都市部では多く見られるようになっており、消費者にとっても便利で身近なものになっています。

しかし、便利で身近なものゆえに、コインパーキングの表示に関するトラブルが全国の消費生活センターに多く寄せられていますので、最近のトラブルをご紹介します。

 

 <事例1>「1日最大500円」のはずなのに、高額な利用料金を請求された

「1日最大500円」と表示された看板を見て、コインパーキングに5日間駐車した。料金は2,500円だと思っていたところ8,700円請求された。業者に苦情を言うと「入庫後1回のみ1日500円で、その後は1時間につき100円かかる」と説明され、看板にも小さい字で書いてあった。

 <事例2>平日料金と休日料金の違いが分かりづらい

「最大400円」と大きく書かれた看板が出ているスーパーの駐車場を土曜日に利用した。5時間駐車して出ようとしたら1,600円だった。表示をよく見ると「最大400円」の下に「平日のみ(月~金曜日)、土・日曜日は60分無料・その後30分ごとに200円」と書いてあった。

 

このように、コインパーキングの看板の料金表示は、消費者が一目見ただけでは利用条件が分かりにくい場合があります。

看板に「1日最大○○円」「24時間最大△△円」と書いてあっても「1回限り」「1日限り」など細かい条件が付いているケースが多く、その他にも、休日と平日で料金が違う場合や、年末年始、イベント開催といった、様々な要因によって利用料金が変わることがあります。

誤解を招く表示でトラブルになっても、小さい文字で書いてあるため、実際のところ返金交渉は困難ですので、看板などに大きく表示されている内容だけで利用するかどうか決めるのではなく、できるだけ入り口付近や精算機付近の案内をよく読み、利用料金や利用条件を確認してから利用するようにしましょう。

コインパーキングのトラブルを含め、商品やサービスについて、何か困ったことがあれば、どうぞお気軽に消費生活センター(電話:072-722-0999)にご相談ください。


●自治会活動説明会を開催

5月11日(金)、12日(土)の2日間、市内3カ所(計4回)で自治会活動に関する説明会を開催しました。
市内には現在297自治会があり、今回の説明会には133自治会にご参加いただきました。

 

11日(金)の説明会に先立ち、平成29年度にご退任されました自治会長206名を代表して山之口自治会の西田茂信さんに、感謝の気持ちと今後のより一層のご活躍を期待し箕面市長から表彰させていただきました。

説明会では、自治会への補助制度や市の施策の説明を行いましたが、箕面市では自治会を地域コミュニティの重要な組織として位置づけ、自治会活動の振興と加入促進、新規結成に力を入れています。

 

特に、箕面市では大規模災害時の安否確認を自治会単位で行います。阪神・淡路大震災では、約8割のかたが自治会など地域のかたに救助されました。隣近所の素早い安否確認が多くの命を救うことになりますので、大規模災害に備え、是非とも自治会に加入してください。

新たに自治会を立ち上げたい、または自治会に加入したい、あるいは自治会活動を通して何かお困りごとがあれば、いつでも市民サービス政策室自治会係(電話:072-724-6179)までご相談ください。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« H30医療・看護フェア | トップ | 箕面市農業公社 全国表彰! ... »
最近の画像もっと見る

市民部」カテゴリの最新記事