部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

くらべてみたら ~新しい監査制度~

2019年11月25日 | 監査委員事務局・公平委員会事務局

みなさん、こんにちは。

監査委員事務局・公平委員会事務局の稲野です。

 

紅葉が見頃です。

箕面大滝や勝尾寺の有名どころに限らず、

市内のいたるところで色づいた木々を目にします。

今年は桜の赤い葉がひときわあざやかに感じるのは私だけでしょうか。

通勤通学や買い物の道すがら、絵のような景色にハッとするかもしれません。

 

     (如意谷ルミナスの紅葉)

 

一昨日の23日は芦原公園で開催された農業祭に立ち寄りました。

前日に降った雨もどこへやら、絶好のお天気で汗ばむくらいです。

箕面産野菜直売やらご当地フードやら、10時開始から大盛況!

品評会の場所では見事な野菜が並んでいました。

 

          (農業祭の様子)

 

朝晩めっきり寒くなり、冬が間近です。今ならまだお出かけにはいい季節。

次の30日土曜日には同じ芦原公園でパトカーと消防車が大集合して

「歳末特別警戒部隊合同発隊式」が開催されます。(広報はこちら

はしご車乗車体験やポンプ車による放水体験などのイベントがあり、

梅花女子大学チアリーディング部の演技も見ることができます。

テレビやスマホで見るよりライブは迫力が違います。是非ご来場ください。

 

 新体制

公平委員会につきましては、委員3名のうち2名が替わったことは

前回10月9日のブログでお伝えしたところです。

3期目の大砂裕幸委員長、新しく就任された山下恵司委員と水本常博委員の体制です。

このメンバーでの最初の会議開催を来月に予定しています。

 

一方、監査委員につきましては、瀧洋二郎代表監査委員が再任されました。

もう1名の市議会議員から選出される監査委員につきましては、

通例なら1年で交代となるところ、昨年10月に就任された中嶋三四郎監査委員が

当面続けられることになりました。

 

就任された委員の皆様は、公平委員会事務局と監査委員事務局の職員、

殊に局長である私の上司といえます。

事務局一同、これからもしっかり支えていきます。

 

     (23日土曜日の滝道の賑わい)

 

 くらべてみたら(後編) ~新しい監査制度~

当事務局では、今月から定期監査の事務が本格化しています。

この様子は次の1月14日予定のブログに回すとして、

前回ブログの番外テーマ「くらべてみたら」の続きです。

 

前回は民間企業の監査と自治体の監査委員監査をくらべてみました。

チェックすること自体は似ているけれどちょっと違う、

いや、 仕組みや対象範囲はだいぶ違っています。

 

さて、監査委員監査については、近年で大きな動きがあります。

平成29年に地方自治法が一部改正され、その内容の柱のひとつが

「監査制度の充実強化」となりました。

監査委員が監査等を行うに当たっては、監査基準に従うこととし、

監査基準は、各地方公共団体の監査委員が定め、公表すること、

そして、その監査基準の策定について、国が指針を示し必要な助言を実施すること。

これが充実強化の主な内容のひとつです。

既に昨年度末に国から指針が示されています。

新しい監査基準は来年度から適用することになりますので、

どの市町村、都道府県でも、現在、基準策定を検討していることでしょう。

 

このブログでも何度か掲載した全国都市監査委員会などの研修に参加したり

国が指針を作る前に内部で開催した研究会の議事録などを見ていると、

この制度改正でだいぶ民間寄りになってきたなと感じます。

民間企業と自治体の監査の違いを認めつつも、会計監査人監査などで行われている

先進的な手法を導入しようとしているのではないか。

例えば今回の地方自治法改正でもうひとつの柱である内部統制については、

民間企業では既に何年も前から整備されているようです。

 

国が指針を示せば、各地方公共団体の監査委員が策定する監査基準も内容が

ある程度揃ってくる、そうなると、同じ手法で監査結果を比較できるかもしれません。

投資家が民間企業の財務諸表を参考に投資先を選ぶように、

公表された監査結果が自治体を評価する一指標になる、

そんな未来を想像すると、担当業務の大事さを感じます。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。硬い内容ですみません。

温かいお茶でも飲んでリラックスしてください。

 

     (収穫期のユズ。おふろに浮かべてほっこりと。)

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 

 

この記事についてブログを書く
« 『骨卒中』ってご存じですか? | トップ | 青少年弁論大会・イングリッ... »
最近の画像もっと見る

監査委員事務局・公平委員会事務局」カテゴリの最新記事