部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

2020年度 ボートレース住之江では「SG第47回BOATRACE ALL STARS」をナイターレースで開催します!!

2019年07月30日 | 競艇事業局

 こんにちは、競艇事業局の栢本です。
 7月2回目のブログ更新になります。
 今年は昨年に比べて梅雨入り、梅雨明けが遅くなり、大阪では先週7月24日にようやく梅雨明けが発表されました。また、梅雨明け発表すぐに猛暑日を記録するなど、一気に真夏モードに突入といった感じですね。
 7月は比較的気温が低かったこともあり、一気に気温が上昇することで熱中症の危険が高まります。体調管理にも十分注意して夏を楽しんでください。
 ボートレース住之江ではちょうど明日(7月31日)から、「報知新聞大阪発刊55周年記念 第37回全国地区選抜戦」が開幕します(箕面市主催)。ぜひ、ボートレース住之江で猛暑を吹き飛ばす迫力あるボートレースをお楽しみください。

 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。 
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆2020年度のSG競走、プレミアムG1競走の開催地、日程が決まりました!

 さて、来年度、2020年度のSG競走、プレミアムG1競走等の開催場、開催日程等が去る7月5日に発表されました。ボートレース住之江では、2020年5月に「SG第47回BOATRACE ALL STARS」をナイターレースで開催することになりました(大阪府都市競艇企業団主催)。
 BOATRACE ALL STARSは、ボートレース住之江では13年ぶり17回目の開催で、BOATRACE ALL STARSでは初めてのナイターレース開催となります。
 これも日頃からボートレース住之江にご来場いただいているお客さまをはじめとする多くのボートレースファンのみなさんのご声援の賜物でございまして、ここに心から感謝申し上げます。

 ボートレース界には、一般競走からSG競走までさまざまなグレード競走がありますが、SG競走と呼ばれる8つの競走は、ボートレース界の最高峰に位置付けられているグレード競走です。
 なかでも、「BOATRACE ALL STARS」は、ボートレースファンのみなさんの投票によって出場するボートレーサーが決まる、いわゆるボートレース界のオールスター競走です。人気と実力を兼ね備えた52人が出場するSG競走。近年は女性ボートレーサーの人気が高まっており、ファン投票の結果次第ですが、複数の女性ボートレーサーが出場できるチャンスがあるSG競走です。
 注目のファン投票は、2020年1月中旬から2月中旬にかけて実施される予定です。楽しみにしていてください。

☆箕面市主催の次回開催は
   「報知新聞大阪発刊55周年記念 第37回全国地区選抜戦」
   ~準優勝戦6レース制で実施します!~

 次回の箕面市主催開催は、「報知新聞大阪発刊55周年記念 第37回全国地区選抜戦」です。
 明日7月31日(水)から8月5日(月)までの6日間開催です。

 今開催は準優勝戦6レース制で実施します。
 通常箕面市主催開催では、準優勝戦を3レース実施し、各準優勝戦の1着、2着の2名が優勝戦に進出するシステムを採用しておりますが、今開催は準優勝戦を6レース実施します。
 少しルールを説明します。第1日目(7月31日)から第4日目(8月3日)までは予選競走です。予選競走4日間の成績上位者36名が第5日目(8月4日)の準優勝戦(6レース)に進出します。準優勝戦は第6レースから第11レースで実施します。準優勝戦6レースの各1着6名が最終日(8月5日)の優勝戦(第12レース)に進出し、優勝をめざして戦います。
 1着のみが優勝戦に勝ち進むサバイバル準優勝戦、ぜひお楽しみに!

 今開催の主な出場ボートレーサーは、重野哲之選手(静岡)、市橋卓士選手(徳島)、稲田浩二選手(兵庫)、鳥居塚孝博選手(群馬)、岡田憲行選手(大阪)、山田康二選手(佐賀)、是澤孝宏選手(滋賀)、福来 剛選手(東京)などです。
 開催期間中は、前回のブログでご案内しました「SG第34回ナイターグランプリサポーターキャンペーン」を実施するほか、ボートレース住之江にご来場いただき、その様子をご自身のSNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)に投稿頂いたお客さま先着20名様に「ナイターグランプリオリジナルスマホリング」をプレゼントいたします。

 また、明日(7月31日)からは、より多くのみなさんにナイターレースを楽しんで頂こうと、「アフター6キャンペーン2019 in BOATRACE住之江~会社帰りにナイター観戦を楽しもう!!~」を実施します。
 ここでその一部を紹介します。
 ○アフター6 スクラッチ抽選会
  開催期間中、当日のボートレース住之江またはボートパーク住之江で発売中の確定前舟券500円分につき1回参加できるスクラッチ抽選会を実施し(午後6時~、先着300名様)、当選者にはホットドッグやボートレースフロート、ナイターグランプリオリジナルクオカードなどをプレゼントします。また、SG第34回ナイターグランプリサポーター特典として、「SG第34回ナイターグランプリサポーターTシャツ」を着用のお客さまは、1回多く抽選会に参加頂けます。

 ○アフター6 LINEクーポン特典
  ボートレース住之江LINE公式アカウントよりクーポンを発行します。開催期間中、当該クーポンをご提示頂いた各日先着100名様にナイターグランプリオリジナル扇子をプレゼントします(第7レース発売開始~)。

  そのほか、毎開催実施している「2人でトクする!ボレ友(ボートレース友だち)キャンペーン」も毎日実施します。
  8月5日(月)の最終日、優勝戦までみなさんのご声援をよろしくお願いいたします。

☆女のライバルは女!
 「G1第33回LADIES CHAMPIONSHIP」8月7日開幕!
  ~真夏の夜空を彩る女子トップレーサーが集結~

 プレミアムG1競走、第33回LADIES CHAMPIONSHIPが、8月7日からボートレース蒲郡(愛知県)で開幕(ナイターレース)します。
 LADIES CHAMPIONSHIPは、約220人いる女性ボートレーサーの中から、過去1年間の成績上位者から出場するボートレーサーが決まります。いわゆる女性ボートレーサーNO.1を決める競走です。今回も52名の女性ボートレーサーがG1競走覇者の称号をかけ、そして12月にボートレース徳山(山口県)で開催する「G1第8回QUEENS CLIMAX」出場に向けて熱い熱いレースを繰り広げます。

 大阪支部からも、高橋淳美選手、五反田 忍選手、落合直子選手、原田佑実選手、関野 文選手(登録番号順)の5人の女性ボートレーサーが出場します。
 LADIES CHAMPIONSHIPは、ボートレース住之江、ボートピア梅田をはじめ、全国のボートレース場、ボートピア、ボートレースチケットショップにて場外発売を実施いたします。
 8月12日(休)の最終日、優勝戦まで、ボートレースファンのみなさんの熱いご声援をよろしくお願いします。

☆スポーツで食っていく。
 ~15歳未経験からめざせるプロアスリートなんて他にあるだろうか~

 プロのボートレーサーになるためには、日本唯一のボートレーサー養成機関である「ボートレーサー養成所」(福岡県柳川市)に入所し、全寮制による一年間の訓練を受けなければなりません。

 現在、2020年4月入所予定のボートレーサー養成員を募集しています。
 ボートレーサー養成所に入所するためには、身長や体重などの応募資格があり、併せて入学試験(第1次試験~第3次試験)があります。
 【募集人員】 50名程度
 【応募資格】
  ①年齢 15歳以上30歳未満
  ②学歴 入所日において中学校を卒業していること
  ③身長 175㎝以下
  ④体重 男子47㎏以上57㎏以下、女子42㎏以上50㎏以下
  ⑤視力 両眼とも裸眼で0.8以上 など
 【試験内容】 第1次試験:学科試験(高校入試程度の内容)及び体力試験
 【募集期間】 9月6日(金)まで(必着締切)

 年齢、性別はいっさい関係なし!実力がすべてのスポーツ、それが「BOAT RACE」。ボートレースは男女の差のない実力主義のスポーツです。ボートレーサーは男女を問わず、年齢層も幅広いのが特徴(現在は16歳~72歳)で、現在約1,600人のボートレーサーが活躍しており、そのうち約220人が女性ボートレーサーです。

 気になる年収は、全ボートレーサーの平均が約1,600万円。クラス別でみますと、最上位級のA1級で約3,000万円、最下位級のB2級で約500万円です(2018年)。また、平均引退年齢は50歳。平均勤続年数は30年。好きなことを長く続けられる世界です。
 みなさんの努力次第で年収を上げることも、大きな夢をつかむことも可能な世界です。
 スポーツ経験がなくても、ボートに乗った経験がなくても、一年間の訓練を受けるだけで一流のアスリートをめざすことができる世界です。
 また、ボートレーサー養成員やご家族の経済的負担を軽減することで、志願者への門戸を広げ、才能ある人材を確保する目的で、平成29年4月に入所したボートレーサー養成員から養成訓練にかかる費用(従来は年間120万円)を無償化しています。

 まずは、ボートレースについて、また、ボートレーサーについて詳しく紹介しているボートレースオフィシャルホームページをご覧ください。
 ボートレーサーに興味のあるかたはぜひ問い合わせてください。
 【問い合わせ】
   一般財団法人 日本モーターボート競走会 ボートレーサー養成所
    〒839-0263 福岡県柳川市大和町大坪54-1
    TEL:0944-76-5051
    FAX:0944-76-5058
    URL:http://www.boatrace.jp/yamato/pc/site/index.html

☆SG第34回THE GRAND PRIX 開幕まであと140日!

 ボートレース界最高峰のレース、「SG第34回THE GRAND PRIX」は、12月17日にボートレース住之江(箕面市主催)で開幕します。
 今年も折り返し点を過ぎ、7ヶ月が終わろうとしています。約1,600人のボートレーサーの頂点をめざした戦いまであと140日。その出場権獲得をめざした戦いが熱を帯びてきました。今年の1月1日から11月24日までの獲得賞金額上位18人のみが出場できるSG競走。
 2019年のSG競走シリーズも4戦がすでに終了しました。最新の獲得賞金ランキング(7月15日終了時点)を見てみますと、第1位は吉川元浩選手(兵庫)、第2位は峰 竜太選手(佐賀)、第3位は瓜生正義選手(福岡)、第4位は柳沢 一選手(愛知)、第5位は白井英治選手(山口)、第6位は池田浩二選手と今年のSG競走ウイナー3人(吉川元浩選手、瓜生正義選手、柳沢 一選手)が順当に上位にランクインしています。
 「SG第34回THE GRAND PRIX」への出場権獲得をめざした戦いも残すところ4ヶ月。残るSG競走も3戦。8月のBOATRACE MEMORIAL、10月のBOATRACE DERBY、11月のCHALLENGE CUPです。18の枠をめざした戦いも後半戦に突入します。
 さあ、夏から秋にかけてのSG競走、G1競走にますます注目です!
 特設サイト「2019 Road to THE GRAND PRIX」では、SG競走やG1競走の優勝戦情報をはじめ、最新の獲得賞金ランキング等を掲載しています。ぜひご確認ください。

 また、「SG第34回THE GRAND PRIX」のプロモーションビデオ(30秒)を制作しました。今後第2弾、第3弾と順次制作する予定です。ぜひ一度ご覧ください。
 今後も「SG第34回THE GRAND PRIX」に向けた各種情報については、このブログでも随時お知らせしますので楽しみにしていてください。

 

 

 なお、下の写真は現在実施中のSG第34回ナイターグランプリサポーターキャンペーンでサポーターのみなさんにプレゼントしているオリジナルTシャツです。8月28日(水)までキャンペーンを実施しています。ぜひ、オリジナルTシャツをゲットして一緒に「SG第34回THE GRAND PRIX」の開催を盛り上げてください。よろしくお願いしま~す!

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。


 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

この記事についてブログを書く
« 過去の災害を教訓に ~昭和42... | トップ | 暑い日が続きますが、家に籠... »
最近の画像もっと見る

競艇事業局」カテゴリの最新記事