部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

校庭を緑のじゅうたんに

2009年05月08日 | 子ども未来創造局
 4月25日に発刊された読売新聞の1ページ全面広告に、箕面市立小学校の校庭の芝生の写真が掲載されました。
 内容は、大阪府がみどりの豊かなまちづくりを進めるために作った「大阪府みどりの基金」にアサヒビールが売り上げの一部を寄付し、府は、その基金を活用して校庭の芝生化を進めるというものです。
 記事の中で、橋下知事は「この寄付は3000平方メートル以上の大規模な校庭の芝生化を実施したいという熱意のある学校への支援に使いたい。」とコメントし、箕面市が今年度進める小学校三校の校庭芝生化にその一部が使われることになりました。
 本市の校庭の芝生化は、平成18年度から取り組み、現在、4校で実施していますが、これで小学校13校中、7校が芝生化されます。最近は、校庭芝生化の先進都市として、他市からの視察申し込みが増えています。
 校庭の芝生化が、地域のコミュニティの輪を広げ、子どもたちの笑顔を増やし、体力の向上にもつながるものになると考えています。

 前回に続き、教育推進部の3課の紹介をします。

 人権教育課 
 各学校が人権を基盤とした教育を進めるための取り組みを進めています。また、市民のかたの協力による人権啓発の広報活動や、外国人児童生徒への支援、障害のある子どもたちや、支援を必要とする子どもたちへの教育の充実に努めています。

 教職員課
 職員の人事、服務、福利厚生に関する業務を担当しています。今年度は、小学校20人、中学校5人、養護教諭2人の新規採用者を箕面市に配属することができました。その若い教員の指導や育成のために、市独自で、退職された経験豊富な校長先生を教育専門員として配置しています。

 教育センター
 小中学校の教員を中心に、授業や生徒指導などの専門性を高め、教員としての力量を高めるための研修を行っています。また、子どもに関する教育相談も専門カウンセラーにより実施しています。四季の天体観測会や親子理科教室も開催していますので気軽にご参加ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 箕面ロマンを醸し出す交流空... | トップ | 新型インフルエンザと”電車開... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事