部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

暑い日が続きますが、家に籠もってないで出かけませんか!!

2019年07月31日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

はやいもので、今日で7月が終わります。
第34回箕面まつりも盛況のうちに終了し、いよいよ夏本番!!
これから 海に、山に、そして故郷に帰られるかたもたくさんおられると思います。
 

昨日の午前11時には全国の617地点で30度を超え、真夏日となっています。
また、総務省消防庁によると7月28日までの1週間に熱中症で搬送されたかたは全国で5,664人とのことです。
みなさんも熱中症などに十分備えていただき、この夏を楽しく乗り切りましょう!!

私は、ビール片手に枝豆でこの夏も乗り切りたいと考えています。


暑い日が続きますが、家に籠もってないで親子で出かけませんか!

プラン1 「屋根のある公園」で親子で過ごしませんか!
暑い日々、親子で外遊びはなかなか辛いものがありますし、熱中症の危険もあります。 でも、家の中で一日中過ごすのも・・・・・

そんな時、是非利用していただきたいのが、就学前の子どもさんが伸び伸び楽しく遊べるキッズコーナーです。(市役所本庁舎別館2階、ライフプラザ、中央図書館など)


 


   
 

これらの場所では、子ども達の声や泣き声などまったく気にせず自由に遊んでいただいて結構ですし、飲食コーナーも備えており、私が執務している市役所別館2階のキッズコーナーでは、お弁当持ち、おやつ持ち、水筒持ちで遊びに来られる親子連れやグループもたくさんおられます。

夏の暑い日や雨の日は、是非、屋根のある公園と思ってキッズコーナーに遊びに来てください。

 

プラン2 「夏」は親子で水遊び!

さて、「夏」と言えば、プールですよね。 ただ、「子どもも小さいし、家庭用のプールで十分だけど、いつも家庭用のプールではかわいそうかな、準備も大変だし・・・・」 という方も多いのではないでしょうか。
でも、「市民プールは、大きい子も多いし、水遊び程度でいいんだけどな」
そんな時に、是非利用してもらいたい施設があります。
まず、ご紹介するのが、小学校3年生以下を対象とした児童水遊場です。
小さい子どもさんが安心して利用できるように、水深30センチ、管理人も配置しています。
開所時間は、午前10時30分から午後3時30分(正午から午後1時は休み)、8月末までの毎日開設しています。 
土日もやってます。
無料でご利用いただけますので、好きな時間に来て、子どもさんの年齢に合わせて好きな時間遊んでください。

    
  
 


なお、児童水遊場は、西部地域(桜・桜ヶ丘・新稲地区)にあるので、中部・東部の方は、公立保育所・公立幼稚園のプール開放をご利用ください。

また、プール開放以外に、公民の保育園や幼稚園、認定こども園では園庭開放やいろいろなミニイベントなどを開催しています。
親子でお近くの保育園などに遊びに行ってみてはどうですか、きっと、楽しい時間が過ごせますよ!!
保育所などの園庭開放についてはこちらを、幼稚園の地域開放についてはこちらをご参照ください。

プールでも水分補給を忘れずに、子どもさんと「夏」を、楽しんでください!!

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!

 

 

この記事についてブログを書く
« 2020年度 ボートレース住之... | トップ | 「水の日」に想う ~ 森は海... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事