部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

~子どもだけでなく、大人にも見てほしい~スケアード・ストレート

2018年10月12日 | 総務部

こんにちは。総務部の中井です。

10月というのに日中は蒸し暑い日が続いていましたが、気象庁の近畿地方の長期予報では、10月中の気温は平年並みの確率が50%、晴れの日が少ない見込みとなっており、秋晴れの空が恋しくなりそうです。

先日来、日本列島を縦断し各地に大きな被害を及ぼした台風第24号に続いて、関西に接近していた台風第25号は日本海側を西から東に通過し、台風シーズンは終わったかのような安堵感がありますが、昨年10月22日には台風第21号が関西に最接近し、災害対策本部を設置した上、市内に避難準備・高齢者等避難開始を発令しています。

まだまだ安心はできません。今後も気象情報にはご注意ください。

 

交通事故の状況

交通事故は全国的に減少傾向にあり、平成29年の交通事故死者数は3,694人(前年比:-5.1%)と統計史上最小となりました。

 

大阪府は、全国でも交通事故が多い都道府県で、過去10年以上連続して全国トップ5(事故件数ワースト)に入っているものの、平成29年の交通事故発生件数は35,997件で、死者数は2年連続で減少し、事故件数と負傷者数は13年連続して減少しています。

 

箕面市の交通事故の発生割合は、大阪府内平均を大きく下回り、事故発生件数は次のように減少傾向にありますが、さらに交通安全に取り組み、交通事故の減少をめざしていく必要があります。

 

箕面市内の交通事故発生状況


        26年   27年   28年   29

総件数  660件    497件  488件  372 

死傷者数 803人    595人  590人  443

 

箕面市内の子どもの交通事故の状況(中学生以下)

      26年     27年   28年   29

合  計    39人     34人     18人     23

歩行中   14人     19人    7人     8
  自転車   25人     15人   11人   15

 

これはあくまでも私個人の感想ですが、朝晩、箕面市内を通って通勤していますが、このわずかな時間でも、見通しの悪い信号のない交差点で、左右を見ずにスピードを落とさず平然と自動車の目前を通過する自転車(全員大人です。)を見かけます。

頻繁にヒヤリハットを経験・目撃しており、いつ交通事故になっても不思議でない潜在的な事故予備軍はかなりあるのではと勝手に思っています。
市では、自転車レーンの整備や、児童・生徒から高齢者まで、各年代層に応じた交通安全教育など、ハード、ソフトの両面から交通安全対策を進めていますが、今後も箕面警察署など関係機関と協議し、交通事故の減少をめざしてより効果的な交通安全対策に取り組んでいきます。


スケアード・ストレート

箕面市は、平成22年に自転車利用中の中学生が死亡した事故を教訓に、多発重大化する自転車事故の防止に向け、教育効果の高いスケアード・ストレート教育技法を取り入れた自転車安全教室を市立中学校で実施しています。

 

これは、プロのスタントマン交通事故をリアルに再現し、事故の「怖さ」を体感、交通ルールを守る大切さや無謀運転の危険性を学ぶものです。

スケアード・ストレートは、生徒だけではなく保護者や地域のかたも見学できます。

交通事故の危険性は、子どもだけでなく、大人にも同じだけあります。

是非この機会に、一度見学してください。

 

・実 施 日   平成30年11月30日金曜日

・場所・時間   箕面市立第四中学校(運動場)1050分~1140

         箕面市立第三中学校(運動場)1435分~1525

・申し込み    事前の申し込みは不要です。(無料)

 当日、運動場に設ける受付にお越しください。

・主な内容

○乗用車と死角に入った自転車との衝突事故

  



 

○自動車が時速40キロメートルで自転車と衝突した事故


 

○歩行者と自転車の二人乗り、傘差し運転での事故 

飛び出し自転車オートバイ衝突事故
子どもの自転車関連事故で、約7割は出会い頭事故です。左右を見ることで事故は大幅に減少します。


トラック左折時の自転車巻き込み事故
その他、スマホを見ながらの自転車の衝突事故など、自転車事故が多い事例を再現します。
*
写真は、過去に実施した第五中学校などで撮影したものを掲載しています。


スケアード・ストレートは、市立中学校を対象に毎年2校~3校で実施しており、生徒全員が中学在学中に必ず1度は参加することになります。

悲惨な交通事故の被害者、そして加害者を生まないために、子どもたちはもちろんのこと、自動車を運転する大人にも交通安全についての認識を深めていただけるよう、今後も効果的な啓発を実施していきます。


スケアードストレートに関するお問い合わせ先    

   市民安全政策室 電話 724-6750

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 市議会の新しい役員が決まり... | トップ | 消防署内で「救急救命想定訓... »
最近の画像もっと見る

総務部」カテゴリの最新記事