部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

10月から「幼児教育の無償化」が始まります!!

2019年09月12日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

9月も半ばを迎えましたが、まだまだ「暑い!」 日が続いています。
油断せず、水分補給など体調管理に心がけてください。

と、言うものの、朝夕には秋を感じさせる鈴虫の涼しげな音色を聞くこともでき、少しずつですが秋の気配も感じられる今日この頃でもあります。



秋が一歩一歩近づいていますね!

10月から「幼児教育の無償化」が始まります。
みなさんも、新聞報道等でご承知のことと思いますが、本年10月1日から消費税10%への引き上げに合わせ、「幼児教育の無償化」が実施されます。


 すべての3~5歳児と市民税非課税世帯の0~2歳児を対象に保育園や幼稚園などの保育料などが無償となりますが、利用される施設によっては上限があったり、無償ではない費用があるなど少しわかりにくい制度となっています。


 市では、これまでも広報紙やホームページなどを通じてご説明してきましたが、その概要について私のブログでも少しご説明したいと思います。

 

1.無償化の対象について
  ①保育園、幼稚園、認定こども園に通う児童
   ・すべての3~5歳児と市民税非課税世帯の0~2歳児の保育料や幼稚園授業料
      ※私立幼稚園の無償化の上限は月額25,700円

   ②認可外保育施設、一時保育、ファミリーサポート事業等を利用している児童
   ・保護者の就労等で保育が必要だが、待機等で認可保育園等の利用ができない
   ため、やむを得ず上記の施設を利用している児童
    :すべての3~5歳児の保育料・利用料 (月額上限37,000円)
    :市民税非課税世帯の0~2歳児の保育料・利用料 (月額上限42,000円)

  ③幼稚園や認定こども園幼稚園コースに通う児童の内、保育認定を受け預かり保育
   を利用している児童
   ・預かり保育料 (日額上限450円、月額上限11,300円)
     ※市民税非課税世帯の満3歳児の保育料は、日額上限450円、月額上限16,300円
     ※無償化の対象となる保育認定の要件とは、「週4日以上、1日4時間以上の就労を
       されている方や保護者の疾病、妊娠、求職活動等」となります。

  ④障害児発達支援(障害児通園施設)を利用する3~5歳児の利用料

 

2.無償化の対象とならない経費について
 ・保育園等で実費として徴収される費用 (食材料費、行事費 等)
    ※保育園や幼稚園の実費の内、副食費(おかず代)は「市民税所得割77,101円未満」の世帯
      のかた及び第3子以降は、無償となります。

3.無償化を受けるための申請について
 申請が不要な施設
  :保育園、認定こども園、障害児通園施設に通われている児童
    ※無償化の対象のかたには市から無料である旨の決定通知を発送します。

  申請が必要な施設
  ①私立幼稚園について
    ・保護者のかたは、新たに「施設等利用給付認定」の手続きが必要となります。
    ・7月に申請書を児童が通っている幼稚園を通じて配布しており、申請に基づき
     9月末には園を通じて認定結果通知を保護者のかたに通知する予定です。
    ・10月以降、保護者のかたは園に保育料を支払う必要はありませんが、月額
     保育料が25,700円を越える場合は、その差額のみ園にお支払いいただく
     こととなります。      
    ・預かり保育料は、保護者のかたが現行どおり園に一旦お支払いいただき、
    市が保護者のかたに無償化分をお支払いします。
    ※園によって支払い方法が異なる場合がありますので、詳しくは園にご確認ください。

  ②認可外保育施設、一時保育、ファミリーサポート事業等について
   ・保護者のかたは「施設等利用給付認定」の手続きが必要となります。
    ・現在認可保育園等を待機中のすべての保護者あてに無償化の案内を順次郵送
    しています。併せて市内認可外保育施設に申請書類等を配布しています。
   ・認可外保育施設などを利用した場合には、利用料の領収書等を添えて、市に
    請求してください。 
        ※手続きについては、後日市ホームページに掲載します。 

 


と、無償化の対象の方などについて、ご説明しましたが、「ややこしいなー」とのご感想をもたれた方も多いと思います。

 
「幼児教育の無償化」の範囲は多岐にわたり、その取り扱いも施設ごとで、異なることも多いことから、ご不明な点やご心配な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

子ども総合窓口 TEL:072-724-6791

また、市ホームページでも詳しく説明をしていますので、ご参照ください。

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

この記事についてブログを書く
« SG第34回ナイターグランプリ... | トップ | 下水道の日 「下水道いろい... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事