部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

別れと出会い、そして、新たなスタート!

2018年04月04日 | 教育委員会教育長

皆さん、こんにちは。教育長の藤迫です。
2018年度がいよいよスタートしました。

とても気持ちの良い晴れの日が続いています。なのに、週間天気予報では、小学校の入学式が挙行される6日金曜日が雨になりそうです。日に日に暖かくなる気候にも桜は必死にがんばって新入生を迎えようとしているのに、とても残念な気持ちになります。ただただ予報がはずれることを祈っています。

 

さて、教育長就任1年目の昨年度は、本当にいろいろな出来事がありすぎました。市民の皆様や関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びいたします。昨年3月、教育長の任命について議会のご同意をいただいた際、本会議場でお礼とともに私は次のように決意を述べました。

今、自分がしようとしていることは説明しきれるのか?
逆に、今、自分がそれをしないことを説明できるのか?
そのことを、常に、自問自答しながら、邁進していく所存です。

しかし、年末に起こった児童虐待死亡事案については、残念ながら、今となっては随所随所に説明できない部分が明らかになりました。「なぜそのときに何も疑問を感じなかったのか?」「なぜそのときに行動できなかったのか?」「なぜ?なぜ?なぜ?」悔やんでも悔やみきれません。教育委員会としては、今年度はもう一度、虐待対応はもちろんのこと、あらゆる業務について、「説明責任」をしっかり果たせるよう、全職員で改めて共有し取り組んで行きます。

 

そして、新しい年度において重点的に、または緊急的に講ずべき教育施策などを盛り込んだ、「箕面市教育大綱2018」を作成すべく、先日3月22日に、総合教育会議を開催しました。この総合教育会議は、首長と教育委員会が教育行政の大綱や重点的に講ずべき施策等について協議・調整を行う場であり、そして、その場で策定した教育大綱は、市長曰く「市長と教育委員会との契約書」であります。今年度、両者が教育政策の方向性を共有し、一致して執行にあたっていきます。(会議の内容はこちらを、大綱の詳細はこちらをご覧ください。)


 

さて、この年度替わりの時期は、子どもたちは、卒業・入学・進級など新たなスタートを切ります。また、私たち市職員・教員も1年の中で一番大きく身の周りがかわる時です。今までお世話になった職員の退職、昨日まで一緒に頑張ってきた職員の異動というさみしさ、そして、新規採用職員や異動で新しい仲間がチームに加わるという期待。本当に悲喜こもごもです。学校・幼稚園・保育所等の現場でも同様です。私が萱野小学校を去ることになった離任式では、多くの子どもたちに送られて、不覚にも号泣してしまったのも懐かしい思い出です。

 

そして今回、大きな別れが私の身近にありました。昨年度まで子ども未来創造局長として一緒に頑張ってきた千葉さんが定年前に早期退職となりました。私が最も頼りにしていた職員で残念で残念でなりません。もちろん引き留めはしましたが、一身上の事情である限りは仕方ありません。職は離れることにはなりますが、今までとは違った市民目線で引き続き教育行政に意見を届けてもらいたいと思っています。

(市長と教育委員に囲まれた千葉元子ども未来創造局長)

(文部科学省に戻られた久野さん)

 

そして、後任として、髙橋由紀さんというこれまた力強い職員が文部科学省から教育次長兼子ども未来創造局長に就きました。

(新規採用教職員辞令交付式)

新たに学校・幼稚園・保育所、教育委員会事務局に加わった教職員全ての力を結集して教育行政を進めていきたいと思います。 

さあ、みんなで力を合わせてがんばりましょう!!

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北急延伸等のビッグ・プロジ... | トップ | 新たな職員とともに地域医療... »
最近の画像もっと見る

教育委員会教育長」カテゴリの最新記事