部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

消防署内で「救急救命想定訓練」を開催しました。

2018年10月15日 | 消防本部・署

  皆さんこんにちは。消防本部の美谷(ミヤ)です。

 台風一過のおかげで、秋らしい季節になりました。
 これからは、秋の行楽シーズンに突入です。
 来月からは、待ちに待った滝道も復活し、いつもの紅葉シーズンに合わせ、たくさんの方々にお越し頂くことになります。
 どうか、事故やけがにはくれぐれもご注意下さい。

  

◆救急救命想定訓練を実施しました。

 事故やけがは、突然襲ってきます。
 大事に至らなければいいのですが、目の前で突然家族が倒れたら・・・
 そんな命にかかわる緊急事案の対応に失敗は許されません。
 いざというときに、皆さんが通報される119番。
 重篤な患者さんを助けるために、救急隊員は、緊急時の想定をシミュレーションし、どんな場所でも冷静に克つ適切に対応できるように日々訓練を実施しています。

 その集大成となる訓練を、9月25日からの4日間、各所属の10隊の救急隊毎に実施しました。
 想定は、75歳男性が、コンビニの唐揚げ弁当を食べている最中に急に苦しみだして意識を失い、同席していた息子が119番通報した設定で訓練を開始。
 目撃有りの救急事案で、息子がバイスタンダーとして、心臓マッサージをしている設定で、救命処置が命を左右する、最も救命効果の高い緊迫した設定です。

 狭い食卓での事案で、家族への接し方や、臨機応変な現場処置をみんなで検証するものです。


 消防本部の食堂を狭い食卓と想定しての活動です。

 

まずは、基本の人工呼吸と心臓マッサージの実施です。
 

確実な人工呼吸のための気管挿管を実施します。
 

    点滴のためのルート確保です。

 
 活動内容について、指導員や関係職員と検証を行い、色々な問題点をその場で検討し現場活動に生かすと共に、共通した活動方針として、全救急隊と共有していきます。

 このように、救急隊員は、救える命を確実に助けるために日々訓練を実施し、救急要請に対応しています。

救急車の適正利用にご協力下さい。

 

 

◆消防学校 初任教育修了式と入校式
 
 平成30年9月21日(金曜日) 今年の4月に採用になった大阪府内の全消防士が入校した第104回初任教育の修業式が行われ、本市の榊原消防士が無事修業し、東分署警防第二室で勤務しています。

200人の新戦力が巣立った第104回の終業式 

 《榊原 佑樹消防士》

 消防学校を卒業して、不安もありますが、自分が持っている元気と若さで精一杯頑張ります。
 よろしくお願いします。


 そして、10月4日(木曜日)には、第105回初任教育の入校式があり、総勢103人の府内の新人消防士が全寮制の大阪府立消防学校に入校いたしました。

 第105回入校式。場所は同じですが、入校生の数とギャラリーの数が違います。


 本市からは、4月から市役所のそれぞれの職場で勤務してきた3名が入校いたしました。
 お世話になった前職場のみなさんに、報告を兼ねてコメントを聞いていますので紹介いたします。
 
 《榮枝 大貴消防士 元総務部 市民安全政策室》

 半年間、大変お世話になりました。
 市民安全政策室に配属いただいたことで、災害の過酷さ、災害対策本部での市の動き、消防の役目など、今後に活かすことが出来る貴重な経験を沢山させていただきました。
 消防学校も大変ですが、卒業して大きくなって帰ってきます。
 ありがとうございました。

 《稲次 亮太消防士 元市民部 窓口課》
  半年間お世話になりました。
 貴重な経験をさせていただき、とても感謝しています。
 消防学校も全力で頑張ってきます。

 《関本 光司消防士 元みどりまちづくり部 農業振興課》
 

 半年間ありがとうございました。
 初めは、なかなか一人で仕事が出来ずにご迷惑をおかけしましたが、最後の方には、一人でも出来る仕事が増え、とても充実していました。
 消防学校でも、失敗を恐れず頑張ってきます。

 3月の就業時には、一回り大きくなって帰ってきてもらいたいと思います。

 健闘をお祈りします。

 


【火災救急発生状況】  平成30年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  10月15日(月曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災    17件 (昨年同時期比較   -7件)
  ◇救急  6,310件 (昨年同時期比較 +272件)
 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ~子どもだけでなく、大人に... | トップ | 選挙の投票区・投票所を見直... »
最近の画像もっと見る

消防本部・署」カテゴリの最新記事