部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

令和元年度 第1回総合教育会議が開催されました

2019年11月06日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局 高橋 です。

 朝晩とても寒い日が増えましたね。日中も過ごしやすい日が増え、季節は秋に完全に移行し、穏やかな天候が続いていますね。

 しかし、ほんの数週間前には、台風19号の上陸や大雨などがあり、日本に大きな被害をもたらしました。

 犠牲になられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆様の一日も早い復旧をお祈りいたします。

  実は、私の家族が関東に住んでいます。台風19号上陸時には、その住まいも浸水の被害に遭いました。もともと浸水の被害の可能性がやや高いところではありましたが、 本当に浸水するとは夢にも思いませんでした。当日は、私は大阪にいましたが、テレビが報じる被害状況を見つつ、今回初めてSNSも活用して被害状況を収集していました。 かなりピンポイントの地点の状況について書き込みされているので、テレビより早く情報を得られました。

 ただ、SNSは便利ですが、書かれている内容はすべて正しいとは限らないということも実感しました。SNS上では、信じられない、考えられない状況であることが書き込まれてました。そのため非常に心配したのですが、その状況は真実ではないことが後でわかりました。SNSへの書き込みは、正確に書き込まれている方もいらっしゃるとは思いますが、SNS上の情報を鵜呑みにしてはいけないなと思いました。

 また、近年の暑さや局地的な雨は、想像を超えるものが多く、これまでの常識ややり方では太刀打ちできず、いままではこうだったからという考えは通用せず、これからの暑さ対策、防災対策を考える必要があるなと、改めて思いました。

 

☆令和元年度第1回総合教育会議が開催されました

  11月5日(火曜日)に、令和元年度第1回総合教育会議が開催されました。

 総合教育会議とは、市長と教育委員が、教育に関する施策について議論し、方向性を共有するというもので、箕面市では年2回開催しています。

 市長には福祉やまちづくりなどさまざまな権限がありますが、教育に関する「ほとんど」の権限は教育委員会にあります。 教育に関する権限のうち市長に権限があるのは、「予算の編成・執行」や「条例案の提出」などです。ですので、両者とも、相手の考えを理解していなければ、自身の権限を行使することができない仕組みとなっています。  

 そこで、この総合教育会議を開催して、お互いの考え方などを共有し、箕面市の教育の方向性を確認しています。

   「えっ、年2回しか市長と教育委員会は話をしないの?日頃からそんなことしているのではないの!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、市長と教育委員会は日頃から顔を合わせ、協議などをしていますが、法律によりこの会議を必ず開催しなければいけないことになっているため、開催するものです。

 当日は、教育委員会事務局より、今年度の教育に関する重点施策についてまとめている「箕面市教育大綱2019」の進捗状況について市長及び教育委員のみなさんに報告し、その後、両者から報告内容などについて質問や意見をいただきました。

 その中で、一番時間を割いて議論をされたのは「小中一貫教育」についてでした。市長から、「箕面市では、施設一体型の小中一貫校ではもちろん小中一貫教育が行われている。それ以外の学校では、校区連携型の小中一貫教育が行われていると認識しているが、果たして施設一体型と変わらない 内容が実施できているのか?」と厳しい問いかけがなされました。

 教育委員からは、校区連携型で行われている取組などについて発言があったことに加え、小学校中学校9年間を通じて子どもを見守ることが大切、9年間を通じてどのような子どもを育てるのかを小学校・中学校それぞれの先生方が共有して、目の前の子どもを育てることはとても重要、小学校や中学校という境目を外して、小学校の先生でも中学校の学級担任になったり、またその逆というように先生も9年間子どもたちを教えられるようにできたらいいのではないかなど多くの意見が出されました。

 小中一貫教育について、市長、教育委員双方の考え方が共有され、それをもとに議論ができ、教育委員会にとってももても有意義なものとなりました。教育委員会としては、今回出された意見を踏まえて、引き続き小中一貫教育を含め様々な教育施策を進めていきたいと考えています。

(総合教育会議の様子)

 

 

☆結婚式

  先日、ある職員さんの結婚式に行ってきました。私の年代の結婚のピークはずいぶん前に過ぎ去っていますし、最近は親族・友人だけで結婚式を挙げるケースが多く、久しぶりに結婚式に招待いただきました。

 若い二人がこれから人生を一緒に歩んでいく、ほほえましい二人の表情が見ているこちらも とても幸せな気分になりました。また、本当に明るいお二人とその友人ご家族の姿を見て元気ももらえました。式のはじめから終わりまで、笑顔の絶えない、幸せに満ちたとてもいい結婚式でした。

 末永くお幸せに!!

 

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず自動相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は自動相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。