部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

学びの秋です

2019年10月09日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局 高橋 です。

10月になりました。先週の台風接近時には気温が30度まで上昇する日がありましたが、それ以降は過ごしやすい日が続いて いますね。日中は歩いたり自転車に乗っていても気持ちがいいです。ですが、夜は、寒いなと感じる日も増えてきました。 例年、もう少し晩夏から初秋の期間が長かったように思うのですが・・・・。

この週末、今年最大級ではないかと言われている台風19号が日本に接近・上陸するおそれがあります。

今後の気象情報に 十分気をつけてください。

 

☆第38回箕面市青少年弁論大会が開催されます!

市内の中学生による「箕面市青少年弁論大会」が今年も開催されます。

昨年、私は会場で中学生のみなさんの発表を聞いていましたが、短い時間の中で、聞き手の興味を引きつけながら、自分の思いを熱く堂々と伝えている姿は、本当に立派でした。

自分の思いを文字にする、そして、人に伝えるということは、私たち大人でも簡単なようで難しく、また大変緊張するものです。中学生の子どもたちによっては人生初めての経験かもしれません。

出場する子ども達は、一生懸命練習しこの日に臨みます。ぜひみなさん、会場にお越しいただき、子どもたちの勇姿を見届けていただければと思います。  

【第38回箕面市青少年弁論大会】  

日時:令和元年11月9日(土曜日) 午後1時から

場所:箕面文化・交流センター8階 大会議室

※入場は無料です  

 

☆第5回箕面市中学生イングリッシュ・エクスプレッション・コンテストが開催されます!

こちらは、先の「青少年弁論大会」の英語版といったところでしょうか。市内の中学生が、あらかじめ指定されたテーマなどに沿って英語で 自身の伝えたいことを英語で発表します。

こちらも、昨年、会場に聞きましたが、子どもたち全てが、本当に流ちょうに、身振り手振りを交え、非常に表情豊かに 発表していました。正直、あまりに流ちょうで、私自身が聞き取れなかった位、非常にレベルの高いものでした。

また、当日は、子どもたちの保護者の方のみならず、各校のALTも応援に駆けつけており、弁論大会とはまた違った盛りでした。

こちらも、子どもたちの頑張りをぜひ会場でみていただければと思います。

【第5回箕面市中学生イングリッシュ・エクスプレッション・コンテスト】

日時:令和元年11月10日(日曜日) 午後2時から

場所:箕面文化・交流センター8階 大会議室

※入場は無料です

※「箕面市青少年弁論大会」の翌日、同会場です。    

 

☆練習がんばってます!!

この週末、市内のいくつかの学校で体育大会が行われる予定です。ですが、台風19号が日本に接近しており、その進路次第では、予定通り実施できない可能性があります。

そんな中、先日、学校訪問をした際、子どもたちが一生懸命体育大会の練習をしている光景を見ました。なんとか予定通り実施できるよう、祈るばかりです。。。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!


委員の新たな選任と再任

2019年10月09日 | 監査委員事務局・公平委員会事務局

みなさん、こんにちは。

監査委員事務局・公平委員会事務局の稲野です。

 

今日は秋晴れ。市役所南側A駐車場の花壇に目を引かれます。

週末は台風19号接近が予報されています。ご注意ください。

 

 新しい公平委員会委員が決まりました

まずは公平委員会委員です。

開催中の9月定例市議会で、新たな公平委員会委員の選任2件について

9月3日と10月7日に同意をいただきました。

1件目は、黄堂泰昌委員の後任に、山下恵司氏。

既に市長から辞令が交付され、山下氏は新委員となられました。

2件目は、木村知子委員の後任に、水本常博氏。

木村委員の任期満了後に辞令が交付される予定になっています。

黄堂前委員、木村委員、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。

山下新委員、水本様、これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

 識見監査委員は再任

続いて監査委員です。

本市の監査委員は、識見を有する者(識見監査委員)1名と

議会議員から選出される者(議選監査委員)1名の計2名です。

本市の識見監査委員は、瀧洋二郎氏で、代表監査委員を務めておられます。

今月末で監査委員の2期目の任期満了のため、9月3日の9月定例市議会において、

瀧氏を再度選任することについて同意をいただきました。

任期満了のタイミングで辞令が交付される予定になっています。

瀧代表監査委員、3期目も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 全国都市監査委員会総会で瀧代表監査委員が表彰されました

前回のブログが8月27日、その週末の29日と30日に長野市に出張しました。

全国都市監査委員会(全監)の総会・研修会への出席です。

総会では、本市の瀧代表監査委員が在職7年以上の表彰を受けられました。

おめでとうございます。

 

     (全監総会の様子)

 

 施設監査の結果が出ました

前回のブログで施設監査の結果を取りまとめ中と書きました。

その結果を昨日10月8日に関係者に提出しました。

今回の対象は小学校3校、中学校1校、保育所1所、図書館1館と

教育委員会の施設ばかり。

事務は概ね適正に執行されている一方で、改善・検討が必要な部分もありました。

ホームページに掲載していますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 くらべてみたら (前編)

今回の番外テーマは「くらべてみたら」です。

ちょっと長いので、後編は次回にします。

 

東と西をくらべてみたら、

温泉なら、東の草津、西の有馬。

伝統的なシンボルタワーなら、東の東京タワー、西の通天閣。

実業家なら、東の渋沢栄一、西の五代友厚・・・ちょっと固いですね。

 

私の担当する監査についてもくらべてみました。

東と西でなく、民間企業と自治体で。

同じ監査をするのでも仕組みが違うようです。

 

民間企業といってもいろいろなので、株式会社を想定しておおまかに言うと、

監査役監査、会計監査人監査、内部監査という「三様監査」になります。

 

監査役監査は、会社法に基づき、株主総会で選任された監査役が、

取締役の職務の執行を監査します。

取締役の職務全般を幅広く監査し、主に組織上層部が対象のイメージです。

監査役は、公認会計士などの資格要件はありません。

監査役は会社の役員で、取締役から独立した立場で監査を行います。

 

会計監査人監査は、会社法に基づき、株主総会で選任された会計監査人が、

会社の計算書類等が適法で適正であるかを監査します。

会計監査人は、公認会計士の資格を持つ専門家で、個人又は監査法人です。

会社から独立した立場で、計算書類等の信頼性を保証することになります。

 

内部監査は、法的な根拠がなく社内ルールのもと任意で行われ、

内部社員の監査スタッフが、会社の財産保全と経営改善のため、

各部署の業務等の経営活動について監査します。

 

これら三様監査の相互連携が大切と言われています。

 

   (全監総会に出張した際、早朝散歩で見つけた蓮の花)

 

一方、自治体の監査委員監査は、地方自治法に基づき、議会の同意を得て

首長が選任した監査委員が、財務・行政事務の監査や出納検査や

決算審査を行います。また、住民監査請求監査なども随時行います。

監査委員は、法律と条例で自治体によって定数が定められており、

基本的には、識見監査委員と議選監査委員とされています。

識見監査委員の職業については、具体的には、全国の市においては、

税理士、公務員OB、公認会計士がベスト3とのこと。(全監総会の研究発表より)

本市では弁護士の方です。

自治体内部の執行機関のひとつで、首長から独立して監査等を行います。

 

自治体には他にも外部監査制度という外部監査人が行う監査があります。

首長が外部の公認会計士や弁護士などと契約して監査を行うもので、

都道府県、指定都市、中核市は法的に義務づけられているものの、

それ以外の市町村は義務づけられておらず、条例を定めた場合に

導入することができます。本市では導入していません。

 

民間企業の友人に監査委員事務局で仕事をしていると言うと、

「監査委員って、監査役みたいなもんか?」と問われ、

監査役について分かっていなかったので答えに窮したことがあります。

法人の内部でありながら独立した立場にあることは同じで、

あとは違うんじゃないかと思っています。

 

監査委員による監査等には、決算審査など会計監査人監査の要素も、

各部局に対する定期監査など内部監査の要素も併せてあり、

住民監査請求監査の場合は裁判官に似た機能もありますので、

監査役より広い範囲が対象のように思われます。

 

次回は、民間企業との違いがある監査委員監査の「これから」を

自分なりに語っていこうと思います。

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!