部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

ニュージーランド柔道選手と交流してみませんか!

2019年09月04日 | 子ども未来創造局

皆さん、こんにちは。子ども未来創造局生涯学習担当・人権文化部の小林です。

私の楽しみの一つ、夏の高校野球は、大阪代表の履正社高校が春夏を通じ初の全国制覇。昨年の大阪桐蔭高校に続き、大阪代表は2年連続で夏の甲子園優勝となりました。

履正社高校は、1点を追う3回、4番井上選手が大会屈指の右腕、星稜高校の奥川投手から3点本塁打を放って逆転。ライトスタンドは、履正社ファンでお祭り騒ぎ。いつもの阪神戦のライトスタンドより盛り上がったような!

7回に同点に追いつかれ、これはヤバいと履正社ファンの誰もが思い始めた8回にキャプテン野口選手の勝ち越しタイムリーなどで再び2点を勝ち越し、7回からリリーフした岩崎投手が星稜高校の反撃を抑え見事初優勝!!

 

決勝戦は、ハラハラドキドキの好ゲーム。春の選抜大会での雪辱も果たしてくれて、本当に感動しました。

履正社高校の皆さん、優勝おめでとうございます。


 


●ニュージーランド柔道選手と交流してみませんか!

東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで、1年を切りました。様々な競技で、世界大会が行われおり、オリンピック・パラリンピックに向けて、一層の盛り上がりを見せているのではないでしょうか。

箕面市でも、以前のブログでもお伝えしたとおり、聖火リレーの実施が決まり、先日、聖火ランナーの募集が締め切られたところです。

そんな、聖火リレーでもオリンピックの関わりがある箕面市ですが、オリンピックにおけるニュージーランド柔道のホストタウンに登録されていることはご存じでしょうか?

ホストタウンとは、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方自治体を、内閣官房が登録するものです。

ニュージーランドのスポーツと言えば、多くの方は、ラグビーを思い浮かべると思います。事実その通りです。ニュージーランドで柔道は、やはり競技人口も少なく、メジャーでないスポーツだと聞いています。

そのような中でも、様々なきっかけで柔道を始め、その柔道に魅了され、日々練習に励まれている方々がおられますが、その方々が、今回、約2週間、箕面市に事前合宿に来られます。

箕面市柔道協会のご協力をいただきながら、毎日厳しいトレーニングや練習をされる予定ですが、せっかく箕面市に行くのであれば、市民の方々とも交流したいとのことで、10月5日(土曜日)に交流イベントを開催することになりました。

 

つい先日閉幕した世界柔道選手権にも出場された選手をはじめ、オリンピックの出場をめざすナショナルチームの柔道選手の迫力を生で体感できる滅多にない機会です。

また、小学生以下の子どもたちとは、ニュージーランドの遊びを一緒に体験する時間もあります。

今回、来られる選手の方々は、箕面市での合宿をとても楽しみにされていますので、ぜひ、この機会にお越しください。

 


◆ニュージーランド柔道選手との交流イベント

 日時:10月5日(土曜日)午前10時~正午
 場所:武道館(駐車場に限りがあります。できる限り公共交通機関をご利用ください。)
 内容:
  (1)柔道選手と一緒にニュージーランドの遊びを体験!
     時 間:10時~11時
     対 象:小学生
     定 員:40人(先着順)
     申込み:文化国際室(TEL:072-724-6769)
  (2)世界でたたかう柔道選手の迫力を間近で体感!受け身にも挑戦!?
     時 間:11時~正午
     対 象:どなたでも(申込み不要。直接会場にお越しください。)

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!