部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

不正のトライアングルを断ち切るには

2019年05月31日 | 監査委員事務局・公平委員会事務局

みなさま、こんにちは。

監査委員事務局・公平委員会事務局の稲野文雄です。

 

草木の緑が青々として汗ばむ季節になりました。

まちなかで目にする花は鮮やかです。

 

     (市役所正面玄関前の花壇)

 

 硬軟織り交ぜた研修会

 

さて、統一地方選の終了を待ちかねたように、各種団体の

総会や研修会が相次いでいます。

昨日は「近畿地区都市監査委員会総会・研修会」が和歌山市で

開催されました。

研修会では、総務省自治行政局の職員が講師になり、

3月末に総務省から示された監査基準(案)と実施要領についての

研修でした。

地方自治法改正に伴い、本年度中に各自治体で監査委員が

国指針を参照して監査基準を策定しなければなりませんので、

私たち監査の世界では関心が高いテーマです。

 

日付を遡って17日は「大阪府都市監査委員会定期総会・研修会」。

摂津市民文化ホールで行われました。

 

さらに15日は「大阪府公平委員会連合会通常総会」が柏原市で

開催されました。

研修会では「部下への接し方のコツとハラスメント対策」と題し、

株式会社BESTS 代表取締役の佐藤浩 氏による研修でした。

この方は前 近畿大学体育会 陸上競技部 駅伝監督です。

駅伝選手の精神面のサポートをされているようです。

ハラスメントを分析し、コミュニケーションの力をアップさせることで、

ハラスメントを防ぎ、組織力をアップしようというもの。

公平委員会では特殊な苦情相談制度があり、職員に対して助言などを

行うことがありますので、業務に大いに関係します。

 

リラックスと集中の両面が大事とのことで、集中力のトレーニングで

テニスボール2個を1分間で下の写真のように立ててみました。

お時間があればチャレンジしてみてください。きっとできます。

 

 不正のトライアングル

 

監査をしていてよくあるのは、過失による軽易なミスです。

単純ミスとはいえ数を減らしていかなければなりません。

それよりあってほしくないのは、犯罪行為などの不正です。

 

「不正のトライアングル」をご存知でしょうか。

横領、データ改ざんなどの不正行為をする際の3つの要素、

「①動機」「②機会」「③正当化」をいいます。

クレッシーという学者が犯罪者を調査して導き出した理論のようです。

 

過度な目標設定のプレッシャーや多額な借金などがあり〔動機〕、

経理担当が自分だけだったり上司のチェックが形骸化していたりして、

不正行為をやろうと思えばできる環境にあり〔機会〕、

「盗んだのではなく借りただけ」「みんなやってる」「仕方がない」

などと自分に都合のいい理屈をつけて良心に蓋をする〔正当化〕。

 

3つが揃えば不正が起きるなんて、負のドラゴンボールのようです。

起こさせたくない側からすると、この3つは不正リスクと言えます。

 

不正はあってはならないこと。しかし、絶対ないとは言えません。

むしろ、残念ながら起こりうるものです。

仮に職員に不正があった場合は、懲戒処分などが行われますし、

いずれ周囲の知るところとなります。不正は不幸への一本道。

そんなときには、監査委員事務局の立場で落ち込んだりします。

「監査で事前に見つけられた可能性はなかったんだろうか。

不正を犯す前に見つけて対処できていたら、その職員と関係者も

処分を受けずに済んだし、何より、本市の大切な公金を失ったり

信用を失墜させることもなかったのに。」と。

 

     (市役所近くの歩道の花壇)

 

 不正をなくす=トライアングルを断ち切る

 

もともと監査委員による監査は不正の摘発を主眼にしていません。

それでも、例月出納検査で会計処理をチェックし、定期監査で

契約や補助金の財務事務をチェックする中で、不正の端緒を

つかむこともあり得ると思います。

 

また、近年、監査にはリスクアプローチが求められています。

リスクの高い部署・業務に資源を投入して効率的に監査をする

というものです。

そのリスクには、不正のトライアングル3要素も考えらえます。

 

3要素の1つでもなくせば不正はなくなるはずです。

たとえ動機と機会があっても、公務員の矜持さえあれば

「正当化」することはないでしょうし、

大切な家族のことを想えば踏みとどまるはずですから。

 

不正の要素とプロセスがわかれば、ある意味チャンスだと

受け止めて、トライアングルを断ち切る努力をするだけです。

監査としてどれだけできるかはわかりません。

不幸を未然に防ぐ一助にならんことを。

 

  (箕面小コミセン日時計の家で咲いています)

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!