部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

子どもたちのアイデアメニュー ~箕面産野菜を食べよう!~

2015年02月17日 | 子ども未来創造局

平成30年度成人祭(平成31年1月14日開催)から、開式時刻が11時になります。

こんにちは 子ども未来創造局の大橋です。

早いもので、もう2月も中旬となりました。
1月には、市の3大行事の日本一早い「出初式」と新成人を祝う「成人祭」が行われ、2月には、高校受験が始まりました。そして、3月には、学校では卒業式、市役所では議会が行われます。
「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。」とは、お正月から3月までは行事が多く、あっという間に過ぎてしまうことを調子よくいったものですが、まったくその通りと言った感じです。皆さんは、いかがでしょうか?

2月14日 土曜日 メイプルホールで「箕面食育フェア」が開催され、記念講演「~近大マグロに学ぶ~和食のすすめ」や、ミニクッキング「おにぎりでゆずるの顔を造ろう!」、箕面市食生活改善推進員“ヘルスメイト”の皆さんや小・中学校の栄養教諭の皆さんのご協力による食育展示・体験コーナー、そして旬の箕面産朝どり野菜の販売コーナーなどがあり、楽しみながら食の大切さをあらためて考えさせられるイベントでした。

「箕面食育フェア」では、市内の小・中学生による「2014みのおアイデアメニューコンテスト」の表彰式が行われました。
今回のコンテストのテーマは、「箕面産を食べよう!」で、箕面産の野菜を取り入れたご飯料理とおかずの組み合わせが条件です。

昨年の11月から1月にかけて作品のアイデアを募集し、書類審査を通過した7組14人が1月31日に第三中学校の調理実習室で、実際に調理し、出来上がったのち、プレゼンテーションが行われました。
結果、最優秀賞1組、優秀賞1組、特別賞2組が選ばれました。

最優秀賞は、彩都の丘小学校6年生の内田 愛さんと大橋 愛芽さんの「春菊主役!!なんちゃって おいなり?!」と「中華茶わんむし チャイナん蒸し」が選ばれました。

おいなりさんは、味付けした薄揚げの中に酢飯を詰めるものと思っていましたが、おあげさんを開き、巻きずし風にアレンジ。火加減が難しい茶碗蒸しもとても美味しくできていたそうです。

優秀賞は、東小学校6年生の深尾 実佑さんと佐藤 歩さんの「箕面野菜のロールキャベツ」と「栄養たっぷり 肉まきおにぎり」が選ばれました。

ロールキャベツには、豆が入っていてボリューム満点!コンテストの審査にあたられた専門家の先生からは、動物性タンパクと植物性タンパクが同時に摂れる優れものと絶賛されていたそうです。

特別賞の1組目は、第一中学校2年生の堀 孝介さんと西小学校6年生の堀 柾斗さんの兄弟チームの受賞です。テーマは「大根リングとおまけ」と「ゆずじゃがおやき」です。

なんと、この兄弟チームは2年連続の受賞!
短い時間の間に、給食で美味しかった「ゆずマーマレード」を作り上げたそうです。
プレゼンテーションでは、お兄ちゃんがサッカーの試合のため、早く帰ってしまったそうですが、小学6年生の柾斗さんが堂々と発表したそうです。

授賞式では、逆に弟くんが出席できず、お兄ちゃんの孝介さんだけでしたが、こちらもなかなか堂々としたもので、「来年も頑張って!」と声をかけると、「はい!でも受験の年ですから」としっかりと答えてくれました。

特別賞の2組目は、萱野北小学校5年生の大上 颯香さんと山田 遥夏さんの「あさりとキャベツのシューマイ」と「やさいたっぷりチャーハン」です。

この組の料理は、何と言っても野菜がたっぷりだったこと。ご飯よりも野菜の方が多いチャーハン。あさりとキャベツのシューマイは、具をシューマイの皮で包むのではなく、キャベツで包んで蒸す、発想がおもしろく、とても美味しかったそうです。

表彰式の最後に、受賞者一人ひとりが一言ずつ。
その中で、「箕面産の野菜を食べて、元気になりましょう!」のコメントには、さすが受賞するだけのことはあるなと感心させられました。

今回の入選4作品、もしかしたら今後の給食の献立となるかも知れません。
箕面市では、小・中学校全校で自校調理方式による給食が実施されています。一昨年の秋から始まった中学校給食では、箕面産野菜をできる限り使っています。今後も、安心安全な給食を提供し、小学校でも箕面産野菜を取り入れていきたいと思います。


この日、子どもたちのアイデアメニューとコメントに触発され、自称「弁当男子」の私は、箕面産野菜の直売コーナーへ急ぎ駆けつけ、小松菜、キャベツ、かぶ、シイタケ、ニンジン、ねぎなどなどを買い込み、夕食は「カニ身入りのかぶ煮 ゆず風味」を作りました。

塩鮭に味噌汁とで夕食の完成です。見た目はいまいちですが、我ながらなかなかの出来に満足していると、「やっぱり新鮮な野菜は違うねと!」の声。確かに・・・(笑)

皆さん、特に男性陣の皆さん、旬の箕面産のお野菜で料理に腕を振るってみてはいかがですか!
食べる楽しみだけでなく、作る楽しみ、そして家族が美味しそうに食べてくれる笑顔、元気が貰え、いつも作ってくれるかたへ素直に感謝することができますよ!

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。