部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアル完成!!!

2019年01月10日 | 競艇事業局

 みなさん、新年あけましておめでとうございます。競艇事業局の栢本です。今回が平成31年の初ブログになります。本年もよろしくお願いいたします。
 平成31年も10日が過ぎようとしていますが、競艇事業局では昨年末の「第52回住之江選手権競走」、そして年始の「第57回全大阪王将戦」と場外発売を連続して実施しており、明日(1月11日)までボートレース住之江勤務が続きます。
 この間、天候にも恵まれ、暖かい日が続いたこともあって、連日たくさんのボートレースファンのみなさんにボートレース住之江にご来場いただきました。本当にありがとうございました。
 新しい年もみなさんにより一層ボートレースを楽しんでいただけるよう職員一同全力で取り組んでまいりますので、引き続きボートレース住之江にご来場いただき、迫力あるボートレースをお楽しみいただきますようよろしくお願いいたします。
 

 また、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています[なお、ボートレースチケットショップ大和ごせは2月6日(水)は休館日となります。あらかじめご了承ください]。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアル完成!

 ボートレース住之江では、平成26年以来5年ぶりの開催となる「G1第62回近畿地区選手権競走」のポスタービジュアルが完成しました。
 このポスターでは、近畿地区のボートレース場(住之江、尼崎、びわこ、三国)のレースシーンをボートのシルエットの中にコラージュし、アートビジュアルのようなポップな仕上がりになりました。
 キャッチコピーは、「KING OF KINKI」。角度によって、隠れコピー「近畿王者今、決す。」が見え隠れする視覚効果も加えて話題性を創出します。
 「近畿ダービー」として歴史ある本競走の世界観を、アーティスティックにスピード感と躍動感を表現したデザインとなっています。

 開催は、2月11日(祝・月)から16日(土)までの6日間です。
 なお、この開催は、「近畿地区選手権競走」史上初のナイター開催で実施します。寒さ厳しい中ですが、ボートレース住之江で熱いレースをお楽しみください。また、イベントやお客さまサービスの内容については、次回のブログ(2月4日頃)でお知らせする予定です。お楽しみに!

☆「SG 第33回THE GRAND PRIX」覇者は峰 竜太選手!

 2018年の年末のボートレース界を盛り上げたのは、何といっても平成最後の1億円バトル、「SG第33回THE GRAND PRIX」(大阪府都市競艇企業団主催)。
 「SG第33回THE GRAND PRIX」では、獲得賞金順位第2位で2ndステージから出場した、佐賀支部の「泣き虫王子」、峰 竜太選手が5人のSG覇者を相手に1コースから落ち着いたレース運びで、捲らせない、差させない万全の「逃げ」を決め、THE GRAND PRIX 初優勝、SG2冠目を飾りました。2019年も峰 竜太選手のさらなる活躍を期待しています。
 峰 竜太選手はTHE GRAND PRIXで年間獲得賞金額も2億円を突破し、2億292万4,000円に達しました。

 「SG第33回THE GRAND PRIX」の売上金額におきましても、169億6,434万4,300円となり、目標の155億円を大きく上回る結果となりました。
 これからもボートレース住之江はお客さまに楽しんでいただけるよう精一杯の努力をいたします。引き続きのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。
 また、平成30年次(1月1日~12月31日)の全国の総売上金におきましても、1兆3,236億5,751万5,600円となり、ボートレース業界にとって明るいニュースとなりました。

 さて、話は少し早いですが、今年の12月には、ボートレース住之江において、「SG第34回THE GRAND PRIX」を開催します。ボートレース住之江としては5年連続の開催、また、「THE GRAND PRIX」史上初のナイター開催となります。
 開幕まであと341日。常に箕面市らしさを忘れず、挑戦者であることを忘れず、笑顔を忘れずに、出場するボートレーサーに気持ち良くレースに臨んでいただけるよう、そして何よりもお客さまに最高峰のレースを思い切り楽しんでいただけるよう、万全の準備を整えてまいりますので、ぜひお楽しみに!

☆スポーツで食っていく。
 ~15歳未経験から目指せるプロアスリート、なんて他にあるか?~

 プロのボートレーサーになるためには、日本唯一のボートレーサー養成機関である「ボートレーサー養成所」(福岡県柳川市)に入所し、全寮制による一年間の訓練を受けなければなりません。
 現在、2019年10月入所予定のボートレーサー養成員を募集しています。
 ボートレーサー養成所に入所するためには、身長や体重などの応募資格があり、併せて入学試験(第1次試験~第3次試験)があります。
 【募集人員】 50名程度
 【応募資格】
  ①年齢 15歳以上30歳未満
  ②学歴 入所日において中学校を卒業していること
  ③身長 175㎝以下
  ④体重 男子47㎏以上57㎏以下、女子42㎏以上50㎏以下
  ⑤視力 両眼とも裸眼で0.8以上 など
 【試験内容】 第1次試験:学科試験(高校入試程度の内容)及び体力試験
 【募集期間】 3月8日(金)まで(必着締切)

 年齢、性別はいっさい関係なし!実力がすべてのスポーツ、それが「BOAT RACE」。ボートレースは男女の差のない実力主義のスポーツです。ボートレーサーは男女を問わず、年齢層も幅広いのが特徴(現在は17歳~71歳)で、現在約1,600人のボートレーサーが活躍しており、そのうち約215人が女性ボートレーサーです。
 気になる年収は、全ボートレーサーの平均が約1,600万円。みなさんの努力次第で年収を上げることも、大きな夢をつかむことも可能な世界です。
 スポーツ経験がなくても、ボートに乗った経験がなくても、一年間の訓練を受けるだけで一流のアスリートをめざすことができる世界です。
 また、ボートレーサー養成員やご家族の経済的負担を軽減することで、志願者への門戸を広げ、才能ある人材を確保する目的で、平成29年4月に入所したボートレーサー養成員から養成訓練にかかる費用(従来は年間120万円)を無償化しています。
 まずは、ボートレースについて、また、ボートレーサーについて詳しく紹介しているボートレースオフィシャルホームページをご覧ください。
 ボートレーサーに興味のあるかたはぜひ問い合わせてください。
 【問い合わせ】
   一般財団法人 日本モーターボート競走会 ボートレーサー養成所 
    〒839-0263 福岡県柳川市大和町大坪54-1
    TEL:0944-76-5051
    FAX:0944-76-5058
    URL:http://www.boatrace.jp/yamato/pc/site/index.html
 
☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 最後にボートレース住之江の年始開催(第57回全大阪王将戦)の様子をちょこっと写真でご紹介します。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


「頂点を超えていけ。」!!~SG第33回THE GRAND PRIXいよいよ来週19日開幕~

2018年12月13日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 12月も中旬にさしかかり、いよいよ今年も残すところあと2週間あまりとなり、今年1年を懐かしむ季節となりました。今年中に片づけなければならないこと、また、新しい年を迎えるために準備しておかなければならないことなど、何かとあわただしくなります。
 また、先週末からは冷え込みが厳しくなり、本格的な冬の到来を感じる今日この頃です。新しい年を迎えるにあたり、体調管理にも十分気をつけましょう。
 私のブログも少し早いですが、今年は今回が最後の更新となります。今年1年お付き合い頂きありがとうございました。また、新しい年も引き続きよろしくお願いいたします。
 さて、ボートレース界においては、いよいよ来週12月19日(火曜日)から、「頂点を超えていけ。」、2018年の賞金王を決めるボートレース界最高峰のレース、「SG第33回THE GRAND PRIX」と「THE GRAND PRIXシリーズ戦」がボートレース住之江(大阪市)で開幕(大阪府都市競艇企業団主催)します。
 ボートレース界の今年1年間の集大成となるレース。ぜひ熱い熱いレースをご期待ください。
 

 また、2018年を締めくくる年末開催、2019年の幕開けとなる年始開催は箕面市主催の開催です。年末年始もボートレース住之江でボートレースをお楽しみください。
 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています[ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップ大和ごせは、1月1日(火)は休館日となります。あらかじめご了承ください]。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆「SG第33回THE GRAND PRIX」いよいよ来週19日開幕!!
  ~優勝賞金1億円をかけた6日間のバトルが始まります~

 「SG第33回THE GRAND PRIX」の出場ボートレーサー18名とトライアル1stステージの枠番が決まり、いよいよ12月19日の開幕を待つばかりです。
 獲得賞金ランキング(1月1日~11月25日までの獲得賞金額)7位から18位までの12名のボートレーサーは、12月19日(初日)から始まるトライアル1stステージから登場。2日間のトライアル1stステージの得点率上位6名と獲得賞金ランキング1位から6位までの計12名が、優勝賞金1億円をめざして、12月21日(第3日目)からのトライアル2ndステージを戦います。
 

 ここで、12月19日(初日)のトライアル1stステージ1回戦の組み合わせを紹介します。
【トライアル1stステージ1回戦】12月19日(初日) 第11レース
 1号艇 岡崎 恭裕(福岡) 68,048,000円 2年ぶり3回目
 2号艇 馬場 貴也(滋賀) 67,788,000円 初出場
 3号艇 石野 貴之(大阪)  63,908,400円 5年連続6回目
 4号艇 赤岩 善生(愛知) 60,675,000円 9年ぶり3回目
 5号艇 菊地 孝平(静岡) 58,201,000円 3年連続7回目
 6号艇 池田 浩二(愛知) 57,644,000円 2年ぶり10回目

【トライアル1stステージ1回戦】12月19日(初日) 第12レース
 1号艇 吉川  元浩(兵庫) 74,337,000円 9年ぶり4回目
 2号艇 笠原    亮(静岡) 66,791,000円 3年ぶり3回目
 3号艇 桐生  順平(埼玉) 64,638,959円 5年連続5回目
 4号艇 濱野谷憲吾(東京) 60,125,932円 8年ぶり12回目
 5号艇 太田  和美(大阪) 58,710,000円 2年ぶり10回目
 6号艇 新田  雄史(三重) 57,078,146円 5年ぶり2回目

 また、トライアル2ndステージ(12月21日~)から登場する獲得賞金ランキング上位6名は次の通りです。
 第1位 毒島    誠(群馬) 145,282,500円 2年連続5回目
 第2位 峰   竜太(佐賀)  96,280,000円  2年連続5回目
 第3位 白井 英治(山口) 89,554,000円  3年連続6回目
 第4位 井口 佳典(三重) 89,446,800円  3年連続8回目
 第5位 中島 孝平(福井) 80,419,000円  3年ぶり4回目
 第6位 守田 俊介(滋賀) 78,293,300円  3年ぶり2回目

 12月19日から24日までの6日間、ぜひボートレース住之江にご来場いただき、最終日、クリスマスイブの最後の優勝戦まで、熱い熱いボートレース界最高峰のレースをお楽しみください。

☆年末年始もボートレース住之江でお楽しみください!

 今年の年末開催は、12月28日(金曜日)から12月31日(月曜日)までの4日間、今年のボートレース住之江の開催を締めくくる「スポニチ創刊70周年記念 第52回住之江選手権競走」を箕面市主催にて開催いたします。
 

 この開催は、男性ボートレーサー38名、女性ボートレーサー7名が参戦する男女混合戦で実施します。西村拓也選手(大阪)、石田政吾選手(福井)、藤岡俊介選手(兵庫)、武田光史選手(福井)、青木玄太選手(滋賀)、丸野一樹選手(滋賀)(以上6名は初日第12レース「スポニチドリーム」出場)などが参戦するほか、2015年のクイーンズクライマックスを最後に実戦から遠ざかっている大阪支部の女性ボートレーサー、鎌倉 涼選手が復帰第2戦目として参戦する予定です(復帰戦は12月15日開幕のボートレース蒲郡です)。もちろんB2級からの再スタートとなりますが、どんなレースを見せてくれるのか楽しみですね。

 12月31日(月曜日)、2018年を締めくくる大晦日の最終日、最終レースまで、ボートレース住之江で迫力あるレースをお楽しみください。
 また、2019年の幕開けとなる年始開催は、1月2日(水曜日)から1月7日(月曜日)までの6日間、お正月恒例の「第57回全大阪王将戦」を箕面市主催にて開催いたします。

 「SG第33回THE GRAND PRIX」に出場する石野貴之選手、太田和美選手、「THE GRAND PRIXシリーズ戦」に出場する湯川浩司選手、木下翔太選手、丸岡正典選手をはじめ、田中信一郎選手、野添貴裕選手、渡邊雄一郎選手、岡村 仁選手、山崎 郡選手など、大阪支部所属の48名の豪華メンバーによる新春第一弾です。
 

 「第57回全大阪王将戦」では、新春開催にふさわしいイベントも多数ご用意しています。

 ○王将ドリーム出場ボートレーサーインタビュー
  1月2日(水曜日) 午前10時10分~ 中央ホール
 ○イベントステージ(いずれも南入場門ステージ)
  ・「舞太鼓あすか組」新春祝い太鼓
   1月2日(水曜日) 開門時(10:00~)・第6レース発売中(12:53頃~)
  ・「じゅんいちダビットソン」新春お笑いステージ
   1月3日(木曜日) 第6(12:53頃~)・8レース発売中(13:51頃~) 

 新しい年もボートレース住之江でお待ちしています!
 なお、イベント等くわしくは、ボートレース住之江オフィシャルホームページでお知らせいたします。

☆ボートパーク住之江の発売予定・休館日等のお知らせ

 ○12月19日(水曜日)から12月24日(月曜日)
  SG第33回THE GRAND PRIX・THE GRAND PRIXシリーズ戦のみの発売
  (ボートパーク住之江は有料入場となります)
 ○12月31日(月曜日)
  ボートパーク住之江ではナイターレースは発売いたしません
 ○1月1日(火曜日)
  ボートパーク住之江は休館とさせていただきます
 ○1月2日(水曜日)から1月3日(木曜日)
  第57回全大阪王将戦のみの発売
   (ボートパーク住之江は有料入場となります)
 
 上記以外の日につきましては、連日午前10時からオープンし、モーニングレース、デイレース及びナイターレースを発売いたします。ぜひご来場ください。

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


「SG第33回THE GRAND PRIX」開幕まであと29日!

2018年11月20日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 今日は11月20日。11月もこれから下旬にさしかかります。この先秋が一層深まり、今週末の連休の頃には箕面公園の紅葉も見ごろを迎えることでしょう。
 ただ、先週はようやく初雪の便りが届くなど、朝晩は冷え込むようになってきました。風邪も流行っているようです。急激な気温の変化で風邪などひかれないよう体調管理には十分注意しましょう。
 さて、いよいよボートレース界最高峰のレース、「SG第33回THE GRAND PRIX」も来月に迫ってきました。獲得賞金額上位18人のTHE GRAND PRIX出場権争いもいよいよ最終ステージに突入します。最後の最後まで熱いレースに注目です。
 また、ちょうど今、ボートレース住之江では、「おっ!サンテレビ杯争奪 ボートの時間!ご視聴ありがとう競走」(大阪府都市競艇企業団主催)が開催中です。少し寒くなってきましたが、ぜひ、ボートレース住之江本場へご来場いただき、迫力ある熱いボートレースをお楽しみください。

 また、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています[ボートレースチケットショップ大和ごせは11月26日(月)が、ボートパーク住之江は11月27日(火)が休館日となります。あらかじめご了承ください]。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆「SG第21回CHALLENGE CUP」今日(11月20日)開幕!
 ~「SG第33回THE GRAND PRIX」出場権獲得に向けたラストバトル~

 いよいよ、12月19日の「SG第33回THE GRAND PRIX」開幕まであと29日となってきました。ボートレース住之江の場内も開幕を迎えるムードが盛り上がってきています。
 

 ちょうど今日(11月20日)から、ボートレース芦屋(福岡県)で「SG第21回CHALLENGE CUP」が開幕します。このレースがTHE GRAND PRIX出場権獲得に向けた最終ステージになります。11月25日の優勝戦終了時点の獲得賞金額上位18人にSG第33回THE GRAND PRIXへの出場権が与えられます。

 なお、最新の獲得賞金ランキングはSG第33回THE GRAND PRIX特設サイト「OVER THE TOPにてご確認ください。
 「SG第33回THE GRAND PRIX」出場権獲得に向けたラストバトルには、大阪支部からも4人のボートレーサーが出場します(選出順位順に紹介)。
 石野貴之選手(2年ぶり6回目、獲得賞金ランキング第13位)
 松井 繁選手(13年連続20回目、獲得賞金ランキング第20位)
 湯川浩司選手(3年連続12回目、獲得賞金ランキング第23位)
 木下翔太選手(初出場、獲得賞金ランキング第44位)
 (上記の獲得賞金ランキングは11月19日現在です)

 現在獲得賞金ランキング第12位でほぼSG第33回THE GRAND PRIXの出場権を手中にしている太田和美選手は今回出場していませんが、今回出場している4人の中から更にSG第33回THE GRAND PRIXへの出場権を獲得するボートレーサーが増えることを期待して、今日から11月25日の最終日まで全72レースに注目です。
 THE GRAND PRIXに出場する18人のボートレーサーが決定すると、ボートレース界はいよいよTHE GRAND PRIXモードに突入します。
 黄金のヘルメットを手にするのは、2018年の賞金王は誰の手に!

☆プロのボートレーサーの第一歩を踏み出しました!
 
 9月のブログで紹介しました通り、去る11月3日から開催された「デイリースポーツ杯争奪 2018サザンカップ」で大阪支部の5人の新人ボートレーサーのうち、赤井星璃菜選手と上田紗奈選手の2人の女性ボートレーサーがプロデビューを果たしました。
 

 2人のデビュー開催の成績は、ともに8回出走し、すべて6着と残念ながら上位争いに絡むことはできませんでしたが、随所に若さあふれるレースを見せ、出走したすべてのレースを無事故完走し無事にプロのボートレーサーとしての第一歩を踏み出しました。
 まだまだデビューしたばかり、2人の今後の活躍に期待です。
 次回のレースは、赤井星璃菜選手は11月25日からのボートレース宮島「第9回中国醸造杯」に出場予定、上田紗奈選手は現在開催中のボートレース常滑「4Kソリューションカップ争奪第26回若鯱大賞」に出場中です。
 また、残る3人の新人ボートレーサー、松山裕基選手、松井友汰選手、佐々木大河選手は、昨日(11月19日)ボートレース住之江で開幕した「おっ!サンテレビ杯争奪 ボートの時間!ご視聴ありがとう競走」(大阪府都市競艇企業団主催)でプロのボートレーサーとしてデビュー戦に臨んでいます。
 新人ボートレーサーの活躍にご期待ください(下の写真は左から松山裕基選手、松井友汰選手、佐々木大河選手)。

☆女性・子どもルームが移転・リニューアルしました!
 
 ボートレース住之江では、女性のお客さまや小さなお子さま連れのお客さま向けに、女性、お子さま限定の休憩スペース「女性・子どもルーム」を場内の遊食館4階に設置しておりましたが、このほど南スタンド2階西側コンコースの西側に場所を移しリニューアルオープンしました。
 新しい「女性・子どもルーム」は、従来よりも少し面積は小さくなりましたが、小さなお子さまが遊べるスペースや各種遊具を備えており、女性のお客さまがゆったりとくつろげるソファー席も設置しています。
 また、ルーム内にはプライバシーに配慮した授乳スペースやおむつ替え用ベッドを配備した別室を設けており、赤ちゃんと一緒でも快適に過ごして頂くことができます。
 もちろんご利用は無料です。ぜひレース観戦の合間にご活用ください。


☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎072-724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ!今週土曜日、11月3日(土)開幕です!

2018年10月30日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 10月も残すところ今日、明日の2日間となりました。クールビズが終わり、衣替えをすると日一日と秋が深まってくることでしょう。
 また、昨年10月の台風被害により一部通行止めとなっていました箕面滝道(阪急箕面駅~箕面大滝)が11月1日に復旧し、全区間の散策が可能となります。これから11月下旬にかけて見頃を迎える秋の箕面のもみじと箕面大滝。ぜひ楽しんでください。
 さて、箕面市主催の次回開催は、今週土曜日、11月3日に開幕する「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」です。年内の箕面市主催によるナイターレースはこの開催で一旦終了となります。ぜひ、ボートレース住之江本場へご来場いただき、カクテル光線のなか繰り広げられる迫力あるボートレースをお楽しみください。

 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ 11月3日(土)開幕!

 9月から10月にかけての箕面市主催3連続開催「AUTUMNシリーズ」には、連日たくさんのボートレースファンのみなさんにご来場頂きありがとうございました。大きな事故等もなく(スタート事故は18日間で1件)、盛況裡のうちに無事終了することができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
 さて、次回の箕面市主催の開催は、今週土曜日、11月3日に開幕する「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」です。11月3日から8日までの6日間開催、男女混合戦(男性40名、女性8名)で実施します。
 

 主な出場ボートレーサーは、男性ボートレーサーが、深谷知博選手(静岡)、別府昌樹選手(広島)、中岡正彦選手(香川)、樋口 亮選手(長崎)、野澤大二選手(東京)、古場輝義選手(大阪)、女性ボートレーサーが、渡辺千草選手(東京)、高橋淳美選手(大阪)、落合直子選手(大阪)、平田さやか選手(東京)です。
 なお、女性ボートレーサーは、出場する8名のうち6名が大阪支部所属ボートレーサーで、10月5日の私のブログで紹介しました新人ボートレーサー、登録番号5052番、赤井星璃菜選手と登録番号5057番、上田紗奈選手の2人がデビュー戦を迎えます。
 今回の「デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ」も、盛りだくさんのイベントやお客さまサービスをご用意してみなさんのご来場をお待ちしています。ここでその一部をご紹介します。

 ○企画レース「ナイターセブン」~ナイター7場支部選抜レース~
  予選競走期間中(11月3日~6日)の毎日第7レースにおいて、ナイターレ ースを開催している7カ所のボートレース場(桐生、蒲郡、住之江、丸亀、下関、若松、大村)を地元とする支部(群馬、愛知、大阪、香川、山口、福岡、長崎)の選手6名で編成したレース「ナイターセブン」を実施します。
  住之江ファイブ、トワイライト8と併せてお楽しみください。
 ○近畿4ボートレース場(三国、びわこ、尼崎、住之江)の「ボートレースグルメ」開発企画START!
  みんなが楽しめる「ボートレースグルメ」として、ボートレース住之江では「住之江ホルモン焼きそば(仮称)」を提案します。住之江名物のホルモン焼きをアレンジし、ニンニクベースの秘伝のタレにプリップリッのホルモンと麺を焼き上げ、やみつきになること間違いなしの一品です。
   

  今開催では、11月3日(初日)先着入場1,000名様に「グルメスクラッチカード」プレゼントし、抽選で500名様に「住之江ホルモン焼きそば(仮称)」を試食して頂きます。
 ○ボレ友(ボートレース友だち)スペシャルトークショー
  ・11月3日(土) 佐々木裕美選手 & 末武里奈子選手
            (第5・7レース発売中)
  ・11月4日(日) 喜多須杏奈選手 & 西澤日花里選手
            (第5・7レース発売中)
  ・11月5日(月) 松山裕基選手 & 松井友汰選手 & 佐々木大河選手
            (第123期大阪支部新人ボートレーサー)
            (第6・8レース発売中)
  場所はいずれもアクアライブステーションです。
 ○2人でトクする!ボレ友(ボートレース友だち)キャンペーン
  開催期間中、2人様以上の来場限定で、総合インフォメーションにおいて抽選券(模擬舟券)を配布します(各日先着300名様)。抽選券の対象レースが的中すれば「JCBギフトカード2,000円分」をプレゼントします。
 

 ○アフター6サービス
  開催期間中、午後6時以降に入場されたお客さま(各日先着100名様)に「森下仁丹 梅のど飴」をプレゼントします。
 

 ○開催期間中毎日先着入場1,000名様にプレゼント進呈!
  開催期間中毎日(11月3日~8日)、先着入場1,000名様に、ナイター7場でコラボしたオリジナルクリアファイル(下の写真)や住之江シティーナイタークオカード(下の写真)やナイター7場でコラボしたオリジナルマグカップ(下の写真)が当たる抽選券などをプレゼントします。他では手に入らないボートレース住之江のオリジナルグッズです。お楽しみに!

 上記以外にも連日盛りだくさんのイベント、お客さまサービスをご用意してボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。
 
☆毎年恒例!秋のファミリーイベント!
 「11.11を楽しみマクレ! 2018住之江フェスティバル」

 今年も11月11日(日)(10:30~15:30)にボートレース住之江におきまして、住之江競艇運営協議会主催により、毎年恒例の秋のファミリーイベント「11.11を楽しみマクレ! 2018住之江フェスティバル」を開催します。
 

 このイベントは、レース開催中における周辺住民のみなさまの日頃のご協力に感謝するとともに、ボートレース住之江及びボートレースに対して更なるご理解を深めていただくこと、また、ボートレース住之江に気軽にご来場頂く機会を提供することで、ボートレースを知って頂き、今後のお客さま層の拡大をはかるために毎年実施しています。
 また、日頃ご来場頂いているボートレースファンのみなさんにも楽しんで頂けるイベントです。当日はボートパーク住之江におきましては場外発売も実施しておりますので、ぜひご家族、ご友人などお誘いあわせのうえご来場ください(原則雨天決行)。住之江警察署、住之江消防署もコーナー出展されます。
 今回も盛りだくさんのイベントをご用意しておりますが、主なイベントをご紹介します。
 ○仮面ライダージオウショー(写真撮影会も実施)
 ○「松本梨香」ライブステージ(アニソンライブ)
 ○すみのえ“麺”フェスタ(有料)
 ○折り紙ヒコーキ教室
 ○フリースタイルバスケットパフォーマンス体験
 ○ミニ四駆工作&走行体験(作ったマシンはプレゼント)
 ○ペアボート試乗会
 ○フリーマーケット(有料)、キッズ縁日コーナー(有料)  などなどです。
 イベントのくわしい内容は、ボートレース住之江オフィシャルホームページ、折り込みチラシ等でお知らせいたします。
(写真は昨年の住之江フェスティバルの様子です)

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

 ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


AUTUMNシリーズ第二弾「2018モーターボートレディスカップ」本日準優勝戦!!

2018年10月05日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

 早いもので今年も残すところあと3か月となり、酷暑の夏を懐かしむ頃となりました。
 ただ、先週末には台風24号が日本列島を縦断し、現在は台風25号が九州の西の海上を北上しており今後の進路に注意が必要です。
 台風が通り過ぎた後は一気に秋が深まり、朝夕はずいぶん涼しくなってきました。しかしながら、日中はまだ気温が30度近くまで上がり、思わず「暑い!」と呟く日があることから、寒暖差が大きいことがうかがえます。この時季、体調を崩さないよう十分な注意が必要ですね。
 また、今年は早くもインフルエンザが流行の兆しを見せている地域もあるようです。ボートレース住之江におきましても、先月のアサヒビールカップから出場ボートレーサーと接する機会のある関係者のみなさんにはマスクの着用をお願いしています。
 さて、ボートレース界においては、12月に開催する業界最高峰のレース、「SG第33回THE GRAND PRIX」に向け、その出場権獲得向けた熱い戦いがいよいよ佳境に入ります(11月25日終了時点の獲得賞金ランキング上位18人がTHE GRAND PRIXに出場)。これから目が離せないレースが続きます。今後のSG競走、G1競走にぜひ注目してください。
 ボートレース住之江では、現在、AUTUMNシリーズ第二弾「日本財団会長旗争奪2018モーターボートレディスカップ(ヴィーナスシリーズ第8戦)」が開催中です。今日は第5日目、準優勝戦開催です。ぜひボートレース住之江にご来場いただき、迫力あるボートレース、ナイターレースをお楽しみください。

 なお、ボートパーク住之江、ボートピア梅田、ボートレースチケットショップりんくう、ボートレースチケットショップ大和ごせは、連日午前10時からオープンしています。
 多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆AUTUMNシリーズ第二弾「2018モーターボートレディスカップ」
  本日準優勝戦!!

  現在、ボートレース住之江で開催中の競走は、10月1日に開幕したAUTUMNシリーズ第二弾「日本財団会長旗争奪2018モーターボートレディスカップ(ヴィーナスシリーズ第8戦)」です。

 デビュー16年未満の女性ボートレーサーによる競走で、今回は45名の女性ボートレーサーが参戦しています。
 今日(10月5日)は、開催第5日目、第9レース、第10レース、第11レースで準優勝戦を行います。予選競走を勝ち抜いた18名が明日の優勝戦の6つの枠をめざして熱い熱いレースを繰り広げます。
 今日、明日の2日間、ぜひボートレース住之江にご来場頂き、水面で繰り広げられる女の戦いに熱いご声援を頂きますようよろしくお願いいたします。

☆次回開催は、AUTUMNシリーズ第三弾「G1第46回高松宮記念特別競走」

 さて、ボートレース住之江の秋の風物詩、AUTUMNシリーズ第三弾「G1第46回高松宮記念特別競走」がいよいよ来週末、10月13日(土)に開幕します。
 今回も人気、実力を兼ね備えた51名のスターボートレーサーが集結。ゴールするまで目が離せないスリリングなレースが展開されること間違いなしです。また、現在獲得賞金ランキング上位のボートレーサーにとっては、2カ月後に迫った「SG第33回THE GRAND PRIX」の出場権獲得に向けても重要な一戦となります。ぜひご期待ください。

 今回の高松宮記念特別競走には、地元大阪支部から松井 繁選手、田中信一郎選手、太田和美選手、石野貴之選手、湯川浩司選手、丸岡正典選手のSGウイナーをはじめとする総勢12名が参戦するほか、遠征組では獲得賞金ランキング第1位の毒島 誠選手、第4位の井口佳典選手、第5位の中島孝平選手、第6位の吉川元浩選手、第10位の寺田 祥選手、第11位の新田雄史選手、第14位の菊地孝平選手、第15位の濱野谷憲吾選手など豪華メンバーが参戦します。
 なお、「G1第46回高松宮記念特別競走」のボートレース住之江の開門時間は、10月13日(土)が午後1時15分、10月14日(日)以降は午後2時です。
 今回の高松宮記念特別競走も、盛りだくさんのイベントやお客さまサービスをご用意してみなさんのご来場をお待ちしています。その一部をご紹介します。

 ○出場全ボートレーサー紹介&ドリーム戦出場ボートレーサーインタビュー
  10月13日(土) 午後1時30分~ 中央ホール

 ○ジャンピー特選出場ボートレーサーインタビュー
  10月14日(日) 午後2時10分~ 中央ホール
 ○イベントステージ
  ・爆笑“バイきんぐ”がやってきた?
   10月13日(土) 第5レース発売中 南入場門ステージ

  ・~デビュー40周年~“円広志”オンステージ
    10月14日(日) 第5・8レース発売中 南入場門ステージ

  ・“仮面女子”LIVE STAGE
   10月15日(月) 第5・7レース発売中 南入場門ステージ
  ・ボートの時間!ボーートーク
   10月16日(火) 第5・7レース発売中 南入場門ステージ
   ゲストボートレーサー…池田浩二選手、西山貴浩選手、羽野直也選手
 ○北広場イベント(お子さま向けイベント)
  ・レッドヒーローショー
   10月13日(土) 午後2時30分~、午後4時45分~
  ・わくわく妖怪クイズラリー迷路
   10月14日(日) 午後2時30分~
  ・キッズボルダリングにチャレンジ(小学生以下対象)
   10月14日(日) 午後2時30分~

 ○ボレ友(ボートレース友だち)スペシャルトークショー
  ・10月15日(月) 川野芽唯選手 & 深川麻奈美選手
  ・10月16日(火) 宇野弥生選手 & 角ひとみ選手
  ・10月17日(水) 植木通彦氏 & 日高逸子選手
   いずれも第6・8レース発売中 アクアライブステーション
 ○2人でトクする!ボレ友(ボートレース友だち)キャンペーン
  開催期間中、2人様以上の来場限定で、総合インフォメーションにおいて抽選券(模擬舟券)を配布します(各日先着300名様)。抽選券の対象レースが的中すれば「JCBギフトカード2,000円分」をプレゼントします。

 ○開催期間中毎日先着入場1,000名様にプレゼント進呈!
  開催期間中毎日(10月13日~18日)、先着入場1,000名様に、「高松宮記念特別競走オリジナル扇子」(下の写真)や「BOATRACE住之江ロゴ入りクッションポーチ」(下の写真)、また、「高松宮記念特別競走オリジナルタンブラー」(下の写真)が当たる抽選券などをプレゼントします。他では手に入らないボートレース住之江のオリジナルグッズです。お楽しみに!

 上記以外にも連日盛りだくさんのイベント、お客さまサービスをご用意してボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。
 くわしくは、AUTUMN(オータム)シリーズ特設サイトでご確認ください。

ぜひボートレース住之江で熱いレースをお楽しみください。

☆「最強軍団」大阪支部に新人ボートレーサー5人が仲間入り!

 プロのボートレーサーを養成する「ボートレーサー養成所」(福岡県柳川市)の修了式が去る9月21日(金)に行われました。
 今回修了したのは、「第123期選手養成員」24名(男子20名、女子4名)です。
 昨年10月に入所以来、ボートレーサーとして必要な操縦や整備、また、武道やメンタルトレーニングなど、1年間にわたる数々の厳しい訓練を経てこの日を迎えました。
 今後は11月のプロデビューに備えて、それぞれ地元のボートレース場で訓練に励みます。
 大阪支部所属の5人の新人ボートレーサーは、登録番号順に登録番号5046番、松山裕基(まつやまゆうき)選手(24歳)、登録番号5049番、松井友汰(まついゆうた)選手(23歳)、登録番号5052番、赤井星璃菜(あかいせりな)選手(23歳)、登録番号5054番、佐々木大河(ささきたいが)選手(22歳)、登録番号5057番、上田紗奈(うえださな)選手(22歳)です。
 修了式の翌日にボートレース住之江に修了報告に来てくれたときの写真を掲載します(写真左から登録番号順に並んでいます)。
 

 赤井星璃菜選手と上田紗奈選手は、11月3日から開催する「デイリースポーツ杯争奪 2018サザンカップ」で、また、松山裕基選手、松井友汰選手、佐々木大河選手は、11月19日から開催する「サンテレビ杯争奪 ボートの時間!ご視聴ありがとう競走」でプロのボートレーサーとしてデビューする予定です。新人ボートレーサーの今後の活躍と若さあふれる元気いっぱいのレースを期待しています。

☆平成30年度上半期の箕面市主催競走が終了いたしました!

 9月24日に終了しました「G3第29回アサヒビールカップ」をもって、今年度の箕面市主催競走78日間のうち約半分の40日間の開催が終了いたしました。40日間の総売上額は、165億8,858万1,300円となり、目標額(当初予算額)に対する達成率は約111.3%となっています。
 これも日頃からボートレース住之江にご声援をいただいている多くのお客さまのお陰と心より感謝申し上げます。現時点では目標額を上回る結果となっていますが、今月の「G1第46回高松宮記念特別競走」や来年2月に開催を控えている「G1第62回近畿地区選手権競走」をはじめ、今後の開催におきましても、引き続きお客さまにボートレースを楽しんでいただくことを第一に、競艇事業局職員一同精一杯努力してまいります。

☆災害復興支援チャリティ実施中!

 ボートレース住之江では、全国各地の地震や自然災害等による被災地の復興の支援に役立てて頂くための募金活動を行っています。
 ボートレース住之江開催日には、場内(インフォメーションセンター、アクアライブステーション、有料席カウンター)に募金箱を設置しています。
 

 ぜひ、ボートレースファンのみなさんのご協力をお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただきました募金、オークションの売上金は、日本財団を通じて被災地の復興支援に活用していただきます。

☆ボートレースをより一層お楽しみいただくために

 いつもボートレースを応援いただき、ありがとうございます。
 ボートレースは自分の考えで楽しめる健全な知的ゲームです。安心して快適にお楽しみいただくために、以下の通りご注意ください。
 1.舟券の購入は20歳以上の方に楽しんでいただけます。
 2.無理のない資金で、余裕を持ってお楽しみください。
 3.最近、悪質な有料情報サイトが増えていますのでご注意ください。
 みなさまにご購入頂いた舟券の一部は、日本財団及び地方公共団体を通じて、社会貢献活動に役立てられます。

ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページボートレース住之江公式フェイスブックにおいて随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。