部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

いきいき茨城ゆめ国体 出場報告!

2019年10月17日 | 消防本部・署

こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

先日の台風19号の爪痕は東日本の非常に広範囲に亘り、甚大な被害をもたらしました。 箕面市では、12日(土曜日)の早朝から災害対策本部が設置され、被害状況の把握や活動を統制していましたが、特に大きな被害もなく通り過ぎた感じです。
それにしても、事前に大きな勢力の台風だと警戒をしていたはずですが、自然の破壊力にはとうていかなわず、自然災害の猛威を防ぐ限界を感じた台風だった気がします。
報道でもありましたが、特別警報が解除された後の河川の氾濫など、防災の難しさを痛感いたしました。

特に千葉県では、立て続けの台風被害となり、消防大学の全国の学友の活動報告を受け、厳しい状況も伝わっています。
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

  

前回のブログで紹介しました、本市消防職員の国体出場について、消防企画室 参事 消防司令補 清水哲平君の奮闘ぶりを紹介します。

せっかくですので、まずは国体についてから・・・

◆国民体育大会(国体)

国体は、昭和21年、京都府を中心とした京阪神地方で開催されたのが始まりで、都道府県持ち回りで毎年開催されている国内最大のスポーツ大会です。
(てっきり東京オリンピックから始まったのかと・・・。)

競技は、都道府県対抗方式で行われ、男女総合優勝である「天皇杯」と女子総合優勝である「皇后杯」獲得を目指し都道府県の代表選手が熱戦を繰り広げます。
また、競技種目により、本年度は、本大会(茨城県)と冬季大会(北海道)に分けて開催されます。


大会運営は、全国を東・中・西の3地区に分け、輪番制で開催されており、日本スポーツ協会・文部科学省・開催都道府県の三者共催で行われ、昭和63年第43回大会から二巡目になっています。
大阪では、平成9年(1997年)第52回大会として、「なみはや国体」が開催され、箕面市は「柔道」と「ペタンク」の会場となりました。
今年は、第74回茨城県での開催で「いきいき茨城ゆめ国体2019」として、37競技を9月~10月にかけて実施されました。
来年度、本大会は鹿児島県、冬季は青森・富山県で予定されています。

 

◆トライアスロンについて

次に、国体種目37競技の1つである、トライアスロンについて紹介します。
この競技は、ご存知のとおり水泳・自転車ロードレース・長距離走を連続して行う耐久競技であり、1974年アメリカで初開催された比較的新しいスポーツです。
語源は、水泳、自転車、ランニングの3種目を一度に連続して行う事から、 ラテン語の「3」を意味する「トライ」と、競技・運動を意味する「アスロン」という 2つの言葉を組み合わせて 「トライアスロン」と呼ばれるようになったと言われています。

種別はそれぞれの距離によって区分されており、スプリント・ディスタンス(スイム0.75キロメートル・バイク20キロメートル・ラン5キロメートル)、オリンピック・ディスタンス(1.5キロメートル・40キロメートル・10キロメートル)、ロング・ディスタンス(4キロメートル・120キロメートル・30キロメートル)等があり、 鉄人レースとして知られる超過酷な耐久レース、アイアンマン・ディスタンス(3.8キロメートル・180キロメートル・42.195キロメートル)等があります。 今回の国体で採用されているのは、オリンピックで用いられている、オリンピック・ディスタンスで競技されました。

◇まずは、スタートへの花道をスタッフが盛り上げてくれました。(右が清水選手)

◇いよいよスイム(1.5キロメートル)のスタートです。
 一番得意の種目だそうです。
(まるで、ペンギンが一斉に飛び込んでいるように感じます・・・笑)


◇つづいて、バイクのロードレース(40キロメートル)
 ゼッケン77が清水選手です。


◇最後のラン(10キロメートル)
 最後の力を出し切って走ります。

今回の出場は、平成28年度の年齢別部門(30から34歳の部)で優勝し、世界トライアスロン選手権(オランダ大会)にも出場した経歴もあり、今年6月16日に大阪府代表選手選考会を兼ねた琵琶湖トライアスロンIN近江八幡大会で準優勝した経緯で選抜され、男女各2名4名が大阪府代表選手としてエントリーしました。

ところで、気になる成績ですが、男子の部エントリー数は、47都道府県から各2人、94人中(内棄権3名)第41位となりました。
エントリーの中には、プロの選手やオリンピック強化指定選手をはじめそれぞれのレースで実績のあるエキスパートばかりの中での順位で、見事な成績だと思います。
ちなみに、タイムは2時間3分10秒(スイム21分36秒・バイク1時間44秒・ラン39分26秒)でした。

また、本人曰く、やはり強豪ばかりでレベルの高さを痛感したと漏らしていました。

とにかく、本市消防職員が国体に出場した功績は、若手職員の良い刺激になり、自主的な体力錬成の必要性を体をはって証明してくれました。

今後の若手職員の指導に期待をいたします。

 

大阪府代表選手のスナップ  

 

【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  10月17日(木曜日)午前9時00分現在
  ◇火災     21件 (昨年同時期比較  +4件)
  ◇救急  6,593件 (昨年同時期比較 +240件)

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 


防火作品審査会開催

2019年09月25日 | 消防本部・署

こんにちは。 消防本部の美谷(みや)です。

ようやく過ごしやすい気候となりました。 これからは、秋の収穫・行楽シーズンが始まります。
市内の田んぼの稲穂も実りだし、北部地域では収穫真っ最中です。
でも、日中は、まだまだ真夏の刈り取りです。

  最近の部長ブログの映像は、稲刈り風景が多いようで・・・。

 

 

◆防火作品審査会が行われました

毎年恒例になっています、今夏に市内小中学校から応募いただきました防火作品(図画・習字)の審査会が9月6日(金曜日)に行われました。

審査員は、教育委員会にお願いし、学校の美術と習字の専門の先生に審査いただき、防火協会長賞・消防長賞他を決定いただいています。
今年度の審査員は、図画の部を箕面市立西小学校の山下校長先生、箕面市人権文化部  田中参事に、習字の部を箕面市子ども未来創造局 板東参事、箕面市立中小学校元校長の新貝さんにお務めいただきました。
毎年、力作ばかりで、審査員も楽しみにしておられます。 また、最終段階の審査では、甲乙付けがたく、いつも悩みながら判断いただいています。
審査結果は、まだ本人に伝わっていませんので、学校から伝達されるまで楽しみにしておいてください。

そして、毎年恒例となりました、防火作品の表彰式を11月16日(土曜日)午前10時から、消防本部3階研修室で予定していますので、入賞された皆さんには改めてご案内いたします。

 

 

◆来月10月1日から、すべての飲食店に消火器が必要になります。

 糸魚川市の火災の様子〉

平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災を受けて、消防法令が改正され、火を使用する設備や器具を設けた飲食店等には、延べ面積に関わらず、小規模な店舗であっても、令和元年10月1日から消火器の設置が義務化されます。

《くわしくはこちらをご覧下さい。》

 

 

◆本市消防職員が国体に参加いたします。

今年度、茨城県で行われる第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体2019)のトライアスロンの部(9月29日開催)で、消防企画室 参事 清水哲平君が大阪府代表選手として出場いたします。

彼は、過去にこのブログで紹介しましたが、趣味と体力・精神力向上のためトライアスロンにチャレンジし、平成28年度の年齢別部門(30~34歳の部)で優勝し、世界トライアスロン選手権(オランダ大会)に出場しています。 その経歴から大阪府代表に選抜され、国体での活躍が期待されています。

また、結果についてブログで紹介できればと考えています。

 

 

 

 

【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  9月25日(水曜日)午前9時00分現在
   ◇火災    20件 (昨年同時期比較   +4件)
   ◇救急  6,100件 (昨年同時期比較 +189件)

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 


加熱式たばこは火災原因になるのか?

2019年09月03日 | 消防本部・署

こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

残暑お見舞い申し上げます。 段々と暑さも和らぎ、過ごしやすくなりました。
賑やかだった蝉の声も、「ツクツクホ~~シ!」に変わってきています。

トイストーリー4とタイアップした熱中症予防ポスターをご覧になった方もあると思いますが、まだまだ残暑が厳しい時期が続きます。

  

早め早めの熱中症予防を忘れないでね!・・・ウッディより! 

 

ところで話は変わりますが、「たばこ」についてのお話です・・・。

健康増進法の改正や大阪府受動喫煙防止条例の施行により、喫煙者にとっては喫煙場所が制限され、肩身の狭い状況になっていきます。
来年の4月からは、箕面市内の公共施設では敷地内全面禁煙となります。

たばこを吸う人が少なくなれば、消防的には火災原因の上位を占めている「たばこ」の出火原因が減ることになり、ありがたいことにはつながります。
火を使う「紙巻たばこ」に変わり、加熱式たばこも増えてきてはいますが、加熱式たばこも喫煙制限の対象です。

加熱式たばこが増えてきているところで、さて、火災原因になるのでしょうか? 焼いてないから燃えないのでは? ・・・熱くないし!

そこで、総務省消防庁では、火災発生危険を検証整理するため、「加熱式たばこ等の安全対策検討会」を開催し報告書をまとめました。

 

◆加熱式たばこ等の安全対策検討会報告書の概要

たばこ火災が住宅火災における死者の発生原因の上位を占めている中、火を使用しない新たなたばこ(加熱式たばこ)の市場が急速に拡大しており、これらの火災発生危険を検証・整理し、消防法令等の適用及び安全対策を整理されました。
たばこ火災の実態分析結果に基づき、たばこ火災が発生しやすい条件を再現し、紙巻たばこと加熱式たばこ3製品の火災発生危険を比較する実験を行ったところ、加熱式たばこ3製品はいずれもたばこ火災を発生させないことがわかりました。


【紙巻たばこで死者の発生につながりやすい寝たばこを想定した実験やごみ箱への直接廃棄、消火不十分を想定した実験結果】

1.たばこを原因とする火災の実態について
・布団類に着火したと思われる火災が多く、布団類に着火すると死者の発生につながる。また、消えていないたばこをごみ箱等に直接捨てたり、喫煙後の消火が不十分なことにより火災が発生する例が多い。
・以上のことから、火災想定の実証実験を実施

2.加熱式たばこ3製品(製品I・製品P・製品Gの火災発生危険及び安全装置等について
・事業者提出資料等に基づき確認したところ、たばこ葉を燃焼させておらず、機器の外周部の温度は数十度であり、様々な安全措置が施されており、加熱式たばこは紙巻たばこより火災発生危険が低いことが分かった。
 
3.紙巻たばこと加熱式たばこの火災発生危険の比較検証について
・たばこ火災の実態分析結果に基づき、たばこ火災が発生しやすい条件を再現し、紙巻たばこと加熱式たばこ3製品の火災発生危険を比較する実験を行ったところ、いずれの製品もたばこ火災を発生させないことがわかった。

4.喫煙規制について 
・このような安全対策に取り組まれた加熱式たばこが普及すれば、たばこ火災の低減に一定の効果がある。
・今後、新たな製品や互換品の出現が想定されること等を踏まえると、加熱式たばこの使用について、現時点で消防法や火災予防条例(例)で定める喫煙規制の対象外であると一律に判断することは困難である。

5.危険物施設の火気規制について 
 ・危険物施設における火気規制については、火災発生危険のある製品が使用される危険性を排除できないこと、加熱式たばこが使用された場合に従来の紙巻たばこと見分けることができないこと等から、危険物を貯蔵し又は取り扱う場所において使用しない運用とすることが安全管理上適当である。

 

《紙巻たばこと加熱式たばこの火災発生危険の比較検証》

◇加熱式たばこの基礎データ測定


◇布団類の繊維に対する着火危険の検証


◇紙ゴミ等に対する着火危険の検証

 

◇紙巻たばこのみ集めた灰皿に使用直後の加熱式たばこのカートリッジを投入することに対する着火危険の検証

消防庁では、報告書において、加熱式たばこに関する規格や基準などを検討する際には、適切な安全対策を講ずることが重要であることから、消防庁及び消防本部の意見を聞いた上で策定されることが望ましいと提言しています。

現在販売中の加熱式たばこの火災危険は無いとの結果ですが、今後の新機種の増加や紙巻たばことの混在の中で、規制は慎重に進めるとのことです。

今後、加熱式たばこの増加で火災が少なくなることを大いに期待したいと思います。

 

 

◆9月9日 救急の日

「救急の日」は、救急業務や救急医療に対して市民の皆さんの正しい理解と認識を深めていただくために、昭和57年に定められました。
今年は、9月8日~14日を「救急医療週間」として、正しい応急手当を身につけていただくために、毎月定例の「普通救命講習Ⅰ」に加え「上級救命講習」や「救急入門コース」を開催します。

◎上級救命講習(募集受講者数 30名)
 ・日 時 令和元年9月7日(土曜日) 午前9時00分~午後5時00分  
  場 所 箕面市消防本部 3階研修室

◎普通救命講習Ⅰ
 ・日時 令和元年9月1日(日曜日)午前9時30分~午後0時30分
  場所 東生涯学習センター(粟生間谷西3丁目1番3号)

  ・日時 令和元年9月7日(土曜日)午前9時00分~正午
  場所 豊能消防署 2階研修室

 ・日時 令和元年9月15日(日曜日)午前9時30分~午後0時30分
  場所 箕面市消防本部 3階研修室

◎救命入門コース
 ・日時 令和元年9月14日(土曜日)午前10時00分~午前11時30分
  場所 豊能消防署 2階研修室

  《詳しくは、こちらをどうぞ》  

救急件数が増えています。 本当に必要なときに救急車の到着に時間が掛かることになります。 救急車の適正利用をお願いします。

 お問い合わせは、箕面消防署東分署(729-7091)又は、豊能消防署(736-0119)まで。 

 

【火災救急発生状況】 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  9月3日(火曜日)午前9時00分現在
  ◇火災     19件 (昨年同時期比較    +6件)
  ◇救急  5,579件 (昨年同時期比較 +176件)  

 

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!


人命救助に貢献された方々に消防長表彰!

2019年08月09日 | 消防本部・署

こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

 
毎日暑い日が続きます。梅雨開けから、気温はうなぎ登りで、それに伴い熱中症の救急搬送も急に増え始めました。5月のゴールデンウイーク以降から、既に38人を搬送しています。
屋外での作業や炎天下の活動は、早め早めの水分補給が重要で、“あれっ?おかしいなぁ?!”と感じたときは、既に熱中症になっています。
私も、短時間の作業とこまめな日陰での休憩と水分補給を心がけています。

皆さんくれぐれもお気を付けください。

  

 人命救助に対する消防長表彰     

8月6日(火曜日)、心肺停止状態の男性に救命処置を行い尊い命を救った、(左から)千頭(ちかみ)さん、橋本さん、中西さんに表彰状を授与いたしました。

平成31年2月13日(水曜日)、坊島1丁目にあるコンビニエンスストアの店内で会計をしていた男性(40代)が突然倒れ、心肺停止状態に陥る救急事案が発生しました。
レジで対応していた橋本さん(店員)が通報し、その後、千頭さん(店長)が男性の状況を観察し心臓マッサージを行い、通報を終えた橋本さんも救命活動に加わりました。
店内で買い物をしていた中西さんは、レジ付近にて騒がしい声に気付き、千頭さんと橋本さんが心臓マッサージを実施していたため、救命活動に協力し、救急隊が到着するまでの間、3名で心臓マッサージを継続しました。

その後、救急隊に男性を引き継ぎ、除細動(AED)を実施した後、呼吸と心拍が再開し、速やかに病院へ搬送することができました。

男性は、その後、病院で意識を回復し、現在は、後遺症もなく社会復帰されています。

千頭さんと橋本さんは、「店内でお客様が倒れられ驚きましたが、2人で協力して落ち着いて救命活動を行うことができました。」 また、中西さんは、「仕事上、毎年救命講習を受けているので、少し緊張しましたが落ち着いて心臓マッサージをすることができました。」と話されました。
救命活動にあたられた3名の方々は、一様に「倒れられた男性の方が、後遺症なく社会復帰されて本当によかった。」と感想を述べられました。

千頭さんは、平成28年にも人命救助で表彰を受けられており、私から表彰するのは2回目で、事案当日は、実に冷静に対応され、大槻救急隊長からも賞賛の声を聞いています。

いざというときに、居合わせた方がいかに落ち着いて救命処置をすることが大切で、救命講習を受講いただいているからこそ出来る功績でした。

 是非皆さんも救命講習を受講ください。 (詳しくはこちら)

  

 

 

  第75回大阪府消防協会豊能地区支部消防総合訓練大会     

8月4日(日曜日)、能勢ささゆり学園にて豊能地区支部大会が開催されました。
 (詳しくはとれたてブログで!)



消防団の活動の中でこの豊能地区支部大会で披露するポンプ操法訓練は、夏の一大イベントとなっています。
消防活動の基本である、消防ポンプの取り扱いと消火技術の安全・確実・迅速性を総合的に操法に体系化し、全国の消防団の夏の活動の一つとして、消防技術の向上に努めていただいています。

本年度、本市消防団からは、瀬川分団が代表として、5月21日から大会本番まで、週2回、団員さんの仕事が終わってからの午後8時ごろから訓練を積み重ねていただきました。
3ヶ月にわたる長丁場の訓練では、雨の中でも気を抜くことなく訓練を実施され、毎年の恒例行事ではありますが、「されどポンプ操法」、全国の消防団が取り組む最も重要な訓練です。

《7/26 雨の中での市長視閲訓練》

ポンプ操法は消防活動の基本操作であり、訓練を重ねることにより技術の向上は言うまでもありませんが、何より貴重な成果は、分団員同志の団結につながることです。
長期間、分団員が訓練を通じて、色々議論し切磋琢磨し汗をかいて、また大会では大きな達成感を味わい、苦しい活動があってこそ、チームワークと使命感が生まれてきます。
この訓練が長年全国で続いている証が、消防団の地域愛と使命感だと考えます。
火災はもちろんのこと、台風や集中豪雨、地震の時も皆さんが知らない間に地道に消防団員の皆さんが活動していただいてます。

この支部大会でひと夏のビッグイベントは終わりましたが、これから秋にかけては台風シーズンに入ります。消防団の皆さんは、精神的にも休み無しの状況ですので、消防団活動にご支援ご協力をお願いいたします。

 瀬川分団の皆さん本当にお疲れ様でした!


操法選手と指導員

訓練実施期間中、スカイアリーナ周辺の自治会の皆様には、夜間の訓練で、大きな号令やかけ声で大変お騒がせいたしました。
無事、訓練を終了することが出来ました。

ご協力ありがとうございました。

  

 

 火災救急発生状況  平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

 8月9日(金曜日)午前9時00分現在
 ◇火災   16件 (昨年同時期比較   +5件)
 ◇救急  4,999件 (昨年同時期比較 +158件)  

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木)にスタートしました。10月25日(金)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 


消防の甲子園目指して 救助大会が開催されました。

2019年07月22日 | 消防本部・署

 こんにちは。消防本部の美谷(みや)です。

 梅雨の合間に蝉の声が聞こえだし、梅雨明けはまだかまだかと鳴いているようにも聞こえます。
 今しばらく、梅雨空は続きそうです。
  7月7日、梅雨の合間の真夏日には、夏らしいひまわりが訓練を見守ってくれていました。(西南小学校にて)

 

 大阪府・兵庫県の近畿地区の救助大会 

 7月20日土曜日、兵庫県広域防災センターで、第48回消防救助技術近畿地区指導会が開催されました。

 この大会は、全国を9ブロックの支部に分け、各地区で指導会が開催され、消防救助の甲子園とも言われる第48回全国消防救助技術大会(全国大会)出場権を懸けて戦う、消防の夏のビッグイベントです。

 今年の全国大会は、令和元年8月25日の日曜日 岡山市中区桑野116-3 「岡山市消防教育訓練センター」ほかで開催されます。



  近畿地区大会の当日は、心配されました天候も、なんとか曇り空で、ベストコンディションとは言えませんでしたが、雨も降ることなく無事最後まで開催されました。

 大会は、「陸上の部」で、ロープブリッジ渡過・引揚救助・はしご登はん・ほふく救出・ロープブリッジ救出・ロープ応用登はん・障害突破の7種目、「水上の部」では、複合検索・基本泳法・溺者搬送・水中結索・溺者救助・人命救助・水中検索救助の7種目が行われ、1年間の救助技術の訓練成果を競い合いました。



 救助隊は、5月13日から強化訓練を行い、他市との合同訓練を経て、「ほふく救出」の部へ5チームがエントリーしました。  (強化訓練合同訓練のブログ)
 この訓練は、3人1組(要救助者を含む)で、1人が空気呼吸器を着装して長さ8メートルの横穴内を検索し、要救助者を屋外に救出した後、2人で安全地点まで搬送します。
 ビルや地下街等で煙に巻かれた人を救出するための訓練で、76チームがエントリーしました。











 本市の成績は・・・
 Aチーム(内保・板谷・山口隊員) 37.58秒 9位
 Eチーム(池上・山本・森嶋隊員) 38.35秒 13位
 Cチーム(仲谷・岡田・南隊員) 39.17秒 18位
 ・・・の入賞となり、全チーム中入賞は、37チーム(48.7%)となりました。
 Bチーム(石田・西山・南隊員) Dチーム(佐々木・高石・大槻隊員)は、残念ながら、減点があり入賞を逸しました。

 昨年の大会は、西日本豪雨災害等で中止になったため、2年間の集大成としての大会でした。
 残念ながら、全国大会への出場はかないませんでしたが、個々の隊員の技術力とチームとしての組織力は確実にレベルアップしています。
 救助隊としては、暑い夏が終わりましたが、来年に向けた新たな目標が出来たスタートでもあります。 

これからも、各種救助技術を磨き、多種多様な救助災害に対応できるように、訓練を重ねて参ります。

     

 

 箕面市消防団教養規律訓練が実施されました  

 先日7月7日日曜日に、市立西南小学校に於いて、恒例の箕面市消防団の総合訓練が開催されました。  
 当日は、柿谷副市長の激励を受け、規律訓練・座学教養・救命講習・ポンプ車の運用・ポンプ操法訓練と総合的な教養訓練が展開されました。

◎幹部教養(正副分団長)・警防計画の講義

◎機関員講習(消防ポンプの構造等)


◎規律訓練(正副分団長) 


◎救命講習(新入団員)


◎ポンプ操法訓練(瀨川分団)




 今年のポンプ操法は、箕面方面隊瀬川分団が本市消防団を代表して訓練に励んでいただいています。
 8月4日日曜日に能勢町立ささゆり学園で行われる、第75回豊能地区支部消防総合訓練大会「ポンプ車の部」に出場されます。
 5月21日から訓練を開始され、いつもは仕事が終わってからの夜間の訓練ですが、今回は、真夏の炎天下の中、本番さながらの条件で、熱心に汗を流しておられました。
 支部大会での様子は、次回のブログで紹介いたします。

 毎年恒例行事ではありますが、箕面市消防団は、市民の皆さんの安全を守るために、休日返上で教養と技術の向上に努めていただいています。

 本当にご苦労様でした。
 

 

 火災救急発生状況 
 平成31年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  7月22日(月曜日)午前9時00分現在
  ◇火災    15件 (昨年同時期比較   +6件)
  ◇救急  4,585件 (昨年同時期比較 +238件)  

 

 

 

箕面市では、“日曜・祝日はオレンジゆずるバスでお出かけしよう!”統一キャンペーンを実施中です。オレンジゆずるバスの日曜・祝日ルートは、お買い物はもちろんのこと、図書館やレジャー施設などにもアクセスしやすいので、ご家族やお友達とオレンジゆずるバスでお出かけください!