部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

「阪急箕面3駅 はしご酒 67ヵ所巡り」が開催されます。

2018年08月17日 | 地域創造部

皆さまこんにちは。地域創造部長の小山です。

8月も後半に入り、ほんの少しだけ暑さも和らいだというところでしょうか。
しかし、まだまだ暑く、さらにこれから台風シーズンを迎えますので、くれぐれも早めの対策をお願いします。


さて今回は、初の合同開催「阪急箕面3駅 はしご酒 67カ所巡り」(9月7日(金曜日)・8日(土曜日)について、ご紹介します。

 

この「はしご酒」は、阪急箕面線3駅(箕面・牧落・桜井)の飲食店を舞台に「バル」形式で飲み歩き、食べ歩き、まち歩きをしてもらって、まちの魅力を感じもらい、地域の活性化をはかろうとするものです。

簡単に言うと、ワンコイン税込み500円で、ドリンクと各店舗の自慢のメニューをセットで飲んで食べて、お店をはしごしながら、箕面のまちを楽しんでいただこうということです。
もちろんソフトドリンクもあります。スイーツなどもあります。


2017年3月3日にスタートしたこの「はしご酒」。前回までは阪急箕面駅前だけで開催されていましたが、今回、実行委員会の呼びかけにより阪急箕面線3駅(箕面・牧落・桜井)の飲食店の皆さまが連携して、67店舗で開催されることとなりました。

 

各店舗よって営業時間もさまざまです。早いところでは午前10時スタート。遅めでは19時スタート。皆さまのご都合にあわせて、しっかりと営業時間を確認しながら楽しんでください。

 

阪急電鉄さんのHPにも沿線おでかけ情報、イベント情報として、「阪急箕面3駅はしご酒67ヵ所巡り」の告知をしていただいています。誠にありがとうございます。

 

ゆるキャラグランプリ2018  滝ノ道ゆずる 本日現在 全国4位にランクイン!

8月1日から始まった「ゆるキャラグランプリ2018」。
皆さまの応援のおかげで、本日現在28,000票以上の投票をいただき、全国4位にランクインしています。
今年こそ、全国1位を目指して頑張っていますので、是非、毎日「滝ノ道ゆずる」への投票(ゆずポチ)をよろしくお願いします。


 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


箕面J-POP大使 北川たつやさんが楽曲「茜空」を発表 ~ 絵本「パパの柿の木」をもとに制作 ~

2018年07月27日 | 地域創造部

皆さまこんにちは。地域創造部長の小山です。

とにかく毎日暑いです。気象庁が「災害レベルの暑さ」と伝えるほどですので、皆さま本当に気を付けてお過ごし下さい。

また、週末には、台風12号が異例の進路で近畿に接近する予報も出ています。くれぐれもご注意下さい。


さて、箕面J-POP大使の北川たつやさんが、絵本「パパの柿の木」から着想を得て制作された楽曲「茜空」を発表、8月1日にリリースされます。



「パパの柿の木」は、昭和60年8月12日の日航機墜落事故で、夫の正勝さんを亡くされた箕面市在住の谷口真知子さんが、悲しみに暮れるなか、正勝さんが生前に自宅に植えた柿の木に実がなったことで、それを心の支えにして力強く生きていこうと決心する家族の姿を絵本にして、2年前に出版されたものです。

北川さんは、谷口さんのお話を何度も聞いて茜空を制作され、「大切な人がいつもそばにいるとは限らない。それはすごく特別なことで、ありきたりな日常こそがありがたい。この曲を通じて、命の大切さ、まわりの人たちの大切さを改めて感じてもらえればうれしい。」とコメントされています。

去る7月18日には、市立東小学校において「パパの柿の木」と「茜空」を通して、家族や命の大切さを伝える特別授業が行われました。参加した6年生の児童は、家族が一緒にいられることは当たり前ではない、と気付きました。これからは、「ただいま」や「ありがとう」を、家族に欠かさず言うようにします。と話していました。

皆さんも是非聞いて下さい



くわしくは北川たつやさんのオフィシャルサイトで。


 

ゆるキャラグランプリ2018  ~ 滝ノ道ゆずるが今年も出陣 ~

8月1日から11月9日までを投票期間として、ゆるキャラグランプリ2018が行われます。みなさんの応援のおかげで昨年は、2年連続の全国トップ10。
日本一になって、箕面の素晴らしさを全国につたえるため、今年も滝ノ道ゆずるが出陣します。皆さま、ぜひぜひ、毎日ゆずるへの投票(ゆずポチ)をよろしくお願いします



 

- 新駅の名称が「箕面萱野駅」、「箕面船場阪大前駅」に決定しました (北大阪急行線延伸線) -

以前6月13日の私のブログで北大阪急行線延伸線の「駅名候補案」決定のご報告をしましたが、この度新駅の名称が正式に「箕面萱野駅」(終点駅)と「箕面船場阪大前駅」(中間駅)に決定しましたので、お知らせします。
 
市民の皆さまや地元団体の皆さまのご意見やご要望が反映された候補案について、北大阪急行電鉄株式会社が関係先への手続きを行い、去る7月24日に正式決定に至ったものです。

2つの駅名が皆さまに親しまれ、開業に向けたさらなる機運の高まりを期待しています。


 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


市民の皆さまも寄附ができます ~箕面市ふるさと納税~

2018年07月04日 | 地域創造部

皆さまこんにちは。地域創造部長の小山です。

震度6弱の揺れを観測した地震から2週間が経過しました。被害に遭われた皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。
今回の地震を受けて、市民の皆さまに知っていただきたい緊急情報をこちらにまとめていますので、ご確認ください。


さて今回は「箕面市ふるさと納税」について、ご紹介いたします。

ふるさと納税(寄附)と聞けば、生まれ故郷への寄附をイメージされると思いますが、実は(箕面市生まれではない)市民の皆さまも「普通に」箕面市に寄附していただくことが出来る制度です。

 

-いろんな謝礼品-
自己負担2,000円でプレミアムな謝礼品がもらえます。選べます。いろいろあって迷えます。

例えば、寄附額5万円で選べる「箕面ビールセレクション」。豪華6本セットが、年に6回も届きます。大人気です。

 

寄附額1万円で選べる「スイーツセット」。箕面市内にある人気の3店舗から1店舗のスイーツを選んでいただけます。こちらもおすすめです。

その他にも、いろいろありますので、詳しくはこちらをご参考に。

(画像をクリックすると、PDF版をご覧いただけます)

 

-オトクな寄附額の目安-
先ほど、「自己負担2,000円で」と申し上げましたが、皆さまの給与収入に応じて、最もオトクな寄附額というのがあります。その目安となるが下記です。

さらに具体的には、こんな感じです。

 

-寄附金の使途-
納めていただいた寄附金は
◇緑豊かな自然環境・良好な住環境の保全


◇北大阪急行線の延伸


◇消防活動及び救急活動の充実

その他
◇子育て支援・教育の充実
◇保健福祉の充実
◇箕面市立病院の医療体制の充実・強化 に活用させていただきます。

どの使途に充てるのか、寄附いただく時に選んでいただくことが可能です。

◇市長おまかせ という選択肢もあります。

 

-税の軽減を受ける方法-
税の軽減を受ける方法は、下記の2種類です。
必ずどちらかの方法で手続きをお願いします。

ふるさと納税のお申し込み・お問い合わせは、箕面営業室(072-724-6905)まで。皆さまどうぞよろしくお願いします。


先日、私のところにも送られてきました。おいしくいただいています。


 

下記にも、同様の案内がありますが、現在、統一キャンペーンとして、集中的に「箕面市ふるさと納税」の普及啓発活動を実施しておりますので、ご了承ください。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します


新駅名の候補案を「箕面萱野駅」「箕面船場阪大前駅」に決定しました~北大阪急行線延伸線~

2018年06月13日 | 地域創造部

皆さまこんにちは。地域創造部長の小山です。

梅雨入りから1週間。今日は朝から晴れ間も見られます。田んぼや畑等には必要な雨ですが、被害が出るような激しい雨が降らないことを祈ります。


さて今回は、北大阪急行線の延伸に伴い設置される新駅について、駅名候補案を「箕面萱野駅」(終点駅)と「箕面船場阪大前駅」(中間駅)に決定しましたのでご紹介いたします。既に新聞等でとりあげていただいておりますので、ご存じの方も多いかと思いますが、大切なニュースなので改めてお知らせします。

駅名候補案決定の経過
箕面市では、この駅名候補案について、昨年度、市民の皆さま等(市内在住、在職、在学のかた)へ公募したところ、1,435件ものご応募をいただきました。

この結果をふまえ、去る6月5日に駅名検討会議※(座長 近畿大学交通経済学 斉藤峻彦 名誉教授)が開催され、検討の結果、駅名候補案が決定しました。

※駅名検討会議の構成団体は、駅周辺の地元12自治会、かやの中央まちそだて交流会、大阪船場繊維卸商団地協同組合、大阪大学、緑遊新都心株式会社、北大阪急行株式会社です。

 

-「箕面萱野駅」(終点駅)-
駅周辺は、昭和23年(1948年)まで「萱野村」と呼ばれ、箕面市萱野という地名がいまも残っています。他にも、みのおキューズモール一帯を「かやの中央」と呼んでいるなど、由緒ある萱野という地名が現在でも親しまれているため「萱野」と、遠方の皆さまにもわかりやすい「箕面」を組み合わせた駅名になりました。

-「箕面船場阪大前駅」(中間駅)-
駅周辺は、昭和40年代に大阪市中央区船場にあった繊維問屋街の一部が移転し、大阪船場繊維卸商団地としてまちびらきしたため、本市でも船場という地名がついています。また、今後大阪大学箕面キャンパスが移転し、同地区の拠点となることが見込まれるため、「箕面」「船場」と「阪大前」を組み合わせた駅名になりました。

 

駅名の正式決定
今後、営業主体である北大阪急行電鉄株式会社が国へ手続きを行った上で、正式に駅名が決定される予定です。

公募結果を踏まえ、検討会議での検討を経て決定した駅名候補案。箕面の歴史、地元の方々の愛着、親しみやすさ、駅周辺のまちづくりなどが反映され、市民の皆さまに長く愛される駅名候補案が決定したことをうれしく思います。

正式決定が待ち遠しいところですが、延伸開業前の早い段階で駅名候補案が決定したことで、皆さまに親しみをもっていただき、開業への機運がさらに盛り上がることを大いに期待しています。

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまによびかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 


2021年4月のオープンをめざして!~(仮称)箕面船場駅前のまちづくり~

2018年05月22日 | 地域創造部

皆さまこんにちは。地域創造部長の小山です。

寒暖差の大きい日が続いています。体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

さて今回は、箕面市が進める「(仮称)箕面船場駅前のまちづくり」と先日執り行われた「箕面大滝結婚式」について、ご紹介いたします。


(仮称)箕面船場駅前「複合公共施設」の設計業務に着手しました

北大阪急行線の延伸に伴い設置される(仮称)箕面船場駅前には、「複合公共施設」、「大阪大学箕面キャンパス」のほか、駅前施設にアクセスする歩行者用「メインデッキ」、「駅前広場」などが整備されます。


(仮称)箕面船場駅前の施設配置イメージ

このうち本年4月に「複合公共施設」の設計業務に着手しました。今後、2019年度(来年度)に工事に着手し、2021年4月のオープンをめざします。


複合公共施設イメージ

地上6階、地下1階の「複合公共施設」には、生涯学習センター、文化ホール、図書館、駐車場を一体的に整備します。

 


文化ホール(大ホール)イメージ


図書館イメージ

(仮称)箕面船場駅前のまちづくりと集客の核となる施設として、市内外のたくさんのお客様に長くご利用いただけるよう、設計・整備を進めてまいります。


箕面の滝で愛を誓う -箕面大滝結婚式-

5月12日(土曜日)に「箕面大滝結婚式」が執り行われました。

 

当日は快晴で、ご親族の方々だけではなく、多くの観光客に見守られ祝福を受けながら、新郎新婦が愛を誓いました。

新郎新婦にとって箕面大滝は特別な場所。新郎新婦のことを直接存じ上げない私ですがとても感動しました。末永くお幸せに。

 
結婚式に先立って行われた「金婚式」では、3組のご夫婦が、夫から妻へ、妻から夫へメッセージを送り50年の感謝を述べられました。
 

 いつまでも続く信頼と安心。皆さまおめでとうございます。

 

新緑イベントのお知らせ

5月26日(土曜日)午前10時から「クイズで巡る! 箕面公園お手軽ハイキング」が開催されます。

ゴール後に参加できる抽選会では、箕面の特産品や箕面市のPRキャラクター滝の道ゆずるグッズなどが用意されています。参加費は無料、空くじなし!
先着500名ですので、皆さんお早めに受付場所(阪急箕面駅前野外ステージ)まで。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。