部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

生産緑地の保全のための「新たな貸借制度」がスタートしました!

2018年09月28日 | 農業委員会事務局

こんにちは。農業委員会事務局長 野澤昌弘です。
にぎやかだった夏が過ぎ、こうべを垂れる稲穂に秋への移ろいを感じるようになりました。今年で43回目を迎える秋の祭典 箕面市農業祭 (11月23日(金・祝)開催) の準備も始まりつつあります。

栗拾いや芋ほりなど、止々呂美地区の観光農園は、里山のゆったりとした空気感のなか、にぎわいをみせています。

(下止々呂美の観光農園「中政園」)


(四季折々の風景になじむ、青ゆず)

生産緑地の"新たな貸借制度"が始まりました!

さて、この夏、大阪北部地震や西日本豪雨など規模の大きな地震や豪雨への備えを改めて思い知らされました。私自身「地球どうなってんの!」と意識するようにもなりました。

生命にかかる想定外な自然災害が増えるなか、まちなかの田んぼは暮らしに密着した多面的機能を持っています。その一つが自然の浸透・貯水力を通じた防災機能です。

可視化しにくいこともあり平穏な日常では、あまり意識されませんが、”市街地の田んぼ”は、まちなかの緑地・オープンスペースでもあり、豪雨がコンクリート道路を勢いよく川のように水位をあげて飲み込むなか、雨水を溜めこんで私たちの暮らしを守ってくれています。

そんな市街地の田畑(生産緑地)を、安心して引き継いでいけるように ”新たな貸借制度”が創設され、9月1日に施行されました。
(法律の名称は 都市農地の貸借の円滑化に関する法律 です)

※「生産緑地」とは、都市における良好な生活環境の保全や都市災害の防止,あるいは将来の公共施設整備に対する土地の確保を目的として、市街化区域内の農地を対象に指定される地区。この地区指定により、農地所有者は営農義務が生じますが、固定資産税の優遇措置が図られます。

新制度の対象農地は「生産緑地」です。
箕面市が、借り手が作成する「事業計画」を認定し、それに従って貸借するので、安心して第三者(借り手)に貸して生産緑地を継承していくことができます。当然、認定された貸借期間が満了すれば所有者の下に農地は返還されます。

更に、これまで相続税納税猶予の税制特例は、土地所有者による営農が条件で、譲渡や貸借がなされると打ち切りでした。しかし、新たな貸借制度」では税制特例が適用され、相続税納税猶予を受けておられる生産緑地所有者が、引き続き納税猶予を受けたまま、第三者に生産緑地を貸すことができます。

 

 

これまで(法施行前)、生産緑地所有者が、農業を続けられないような心身の故障となり、身内で農業後継者がいないと、多くの場合では、生産緑地を解除(買取申し出)せざるを得ないことになっていました。
しかし、都市農地貸借円滑化法の施行に伴い生産緑地を残す選択肢が増えました。是非、ご検討ください。

※詳しくは農業委員会事務局までご相談ください。
 市ホームページ「生産緑地について」はこちらです。
 
また、生産緑地を借りて農業を始めたいという方も、農業委員会事務局でご相談に応じています!

  

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

 


夏のゆず!キラキラ輝き、躍動し始めています!

2018年09月04日 | 農業委員会事務局

こんにちは、農業委員会事務局長 野澤昌弘です。

本日4日は、台風21号が非常に強い勢力のまま上陸し、暴風域に入る見通しです。市内すべての避難所は午前6時から開設されています。早めの安全確保をしましょう。

また、台風が接近してから用水路や河川の見回り、屋外での作業は絶対に止めるようにお願いします。

さて、箕面市PRキャラクター「滝の道ゆずる」が出陣しています ”ゆるキャラグランプリ2018”が開催中ですが、”夏のゆず”と生産現場のことをご紹介します。

  (8月のゆず:箕面市止々呂美地区)
 
箕面市止々呂美は、埼玉県毛呂山町、京都府嵯峨水尾とならび、最も古い実生ゆずの産地です。


全国に流通している「ゆず」の大部分は、接ぎ木苗で育てられているのに対し、止々呂美では種から育て、収穫まで15~20年もかかる実生ゆずが利用されています。

止々呂美の「実生ゆず」は、実が大きく、酸味と香りが豊かな高級品として古くから知られており、地区内には樹齢100年以上、10メートル以上の古木もあり、他産地にはない大きな特徴となっています。


(昨年11月のゆず。大きく黄金に輝いています!)

●ブランド確立により生産も伸びる!

箕面市止々呂美は、最も古い実生ゆずの産地です。しかし、樹齢100年を超える大木もあり、枝には鋭い棘(とげ)があることから、手入れが十分にできなかったり、収穫されなかったりする園もありましたが、平成21年(2009年)5月に生産者が中心となって「止々呂美ゆず生産者協議会」を設立し、箕面市、JA大阪北部、箕面商工会議所とともに、箕面のゆずブランド化(ゆずともみじの里みのおプロジェクト)を進めてきました。同2009年には”ゆず”をキャラクターとした滝ノ道ゆずるが決定しています。

ブランド化により生産は飛躍的に向上しています。2015年はゆずブランド化後では最大出荷量となる12トンを記録しました。


 

  【ゆずブランド化前の出荷量】 (※JA出荷量による調査)
   成年 6トン程度(2007年6トン)
   裏年 2トン程度(2008年2トン)
      ↓
  【ゆずブランド化後の出荷量】
   成年 10トン~12トン程度(2015年12.1トン)
   裏年  4トン~5トン程度(2017年4.57トン) 

●1次加工が様々な事業者の商品化を誘導!

ゆずは、捨てるところがないほど加工特性に優れていますが、ブランド化前までは、地元ではその特性を生かし切れておらず、傷のついたゆずは商品価値がないため、出荷されてきませんでした。
現在では、生産者協議会自らが、こうした果実を果汁や皮のスライス、ペーストなどに1次加工を行い、商工会議所を通じ、それらを基にした6次化商品の開発を誘導し、現在ではポン酢やサイダーなどが約62店舗で商品化されています。また、イオン箕面店など約18店舗では、これらのゆず加工品の販売が行われています。


 
(ふるさと自然館加工室で「ゆず皮スライス(1次加工)」に取り組まれる農家さん)

 

●住民交流による放任ゆず畑の解消!

農業者の高齢化や、ゆず畑が山に近い傾斜地にあったり、高木で作業が大変であったりといった重労働性などから放任せざるを得ない状況のゆず畑もあります。ゆずは樹木の生い茂る枝木を毎年きれいに剪定してあげてこそ、果実は太陽の光を十分に浴びて、大きく育ちます。
箕面市では、平成22年(2010年)から、毎年11月にゆずの収穫と剪定を手伝うゆずサポーターを募集し、放任ゆず畑の解消と遊休化の発生防止に取り組んでいます。これまで過去8年で300人以上のかたに参加いただいており、多くの放任ゆず畑を再生してきました。

(昨年のゆずサポーター活動の様子)

ゆずは棘(とげ)が多いことから危険性もありますが、サポーターに応募される方も実生ゆずの特性を理解し、貸与した皮製の分厚い手袋で作業をしています。
サポーターからは収穫後の生産者との会話を楽しみにされているかたも多く、10mもの高さの木のゆずを収穫する大変さやゆずの棘の鋭さなど栽培上の苦労を知ることで、止々呂美のゆずの貴重さを理解し、ファンを拡大していく機会にもなっています。
(今年も11月にゆずサポーターを募集予定です。是非、ご参加ください!)


  
初秋をむかえる産地 止々呂美では、子どもの青ゆずが、われがちにキラキラ輝き、弾け、躍動しはじめています。

今後とも箕面の特産品として、様々な事業者によるゆずの加工品の商品化が広がり、産地止々呂美のみならず、市域全体への経済波及効果をもたらしていくことが期待されています。また、地域の農産物を大切にする取組は、わたしたちを取り巻く山々を元気にする、環境や社会を重視する投資でもあります。

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 

 


夏野菜いっぱいの”箕面の朝市”に是非お越しください!

2018年08月14日 | 農業委員会事務局

こんにちは。農業委員会事務局長 野澤昌弘です。
毎日暑い日が続きます。でも冷たい物ばかり食べていると、胃腸が冷えて消化吸収能力が弱って夏バテにつながります。そんなとき、箕面の夏野菜はいかかでしょう!

8月10日(金曜日)、萱野地区の箕面中央朝市(JA大阪北部農産物直売所)。クーラーで涼しく冷えた店舗に入ると、スタッフの皆さんの笑顔とともに、真っ先に目に飛びこんできたのは”真っ赤なトマト”であふれたテーブル。その鮮やかさに圧倒されます!

箕面の朝市は、お店(朝市)まで数十分という距離の畑から、毎朝、生産農家さんが軽トラックなどで直接届けられます。みずみずしい朝採れ野菜もあったり鮮度も抜群です。

そんな今が旬の夏野菜は、ほてった体を冷やしてくれたり、暑さで奪われやすいビタミンCも豊富にあり、スタミナもつくように身体を調整もしてくれます。

この夏、是非、夏野菜いっぱいの ”箕面の朝市” へお越しください!

 

 

子どもが好きなカレー。夏バテ防止に、ビタミンB1が豊富な豚肉と、トマト・かぼちゃ・ナス・ピーマンなどの夏野菜をふんだんに入れた「夏野菜のカレー」はいかがでしょう!

生産農家さんのお名前が印字されています。学校給食にも出荷いただいている農家さんもおられます。

加工品も豊富です。
”箕面のゆず”はもちろん、”新稲のはちみつ”もあります。


朝市に足を運ぶということは・・・

市内朝市の売上額を合計すれば、「箕面中央朝市(JA大阪北部農産物直売所)」の開設以降、右肩上がりに推移し、間もなく年間1億円に到達する見込みです。

かやの広場で6本脚の簡易テントを、スタッフ6人で「せ~の!」のかけ声で持ち上げて組み立てたのが箕面中央朝市の始まり、ちょうど8年前の夏です。地方の産地などから購入されていた野菜の一部が、今では箕面市で育った野菜の購入に切り替わってきています。

朝市の売上と比例して、就農者も増えてきています。
農家のお生まれのかたが、定年後に後継者として農業を受け継がれるケースは、市役所の先輩でもたくさんおられます。

また、箕面では、農家のご出身でない方が、新規に農業を始められるケースも増えています(次グラフ)。企業にお勤めされながら農業大学校の短期課程を受講されて、定年後のセカンドキャリアとして農業を始められた方、農外収入を一定もちながら二刀流の「半農半X」といった兼業就農型など多彩です。(農業に関するご相談は、農業委員会事務局072-724-6728までどうぞ)

(グラフは、農家のご出身でない方の就農数の推移。平成21年規制緩和後、農家でない方でも一定の要件を満たせば、農地を借りて農業することができるようになりました)

「朝市直売所で買い物をする」ということは、箕面産の販売流通の促進につながり、農業の後継者を育てることになります。そして、なにより山々や田畑の緑がある生活環境の継承につながります。

この夏、是非、箕面の朝市に足を運んでみてください!

箕面の朝市のホームページはこちらをどうぞ。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します

 

 


豪雨に酷暑の生産現場。中学校給食の箕面産使用率37%達成!

2018年07月23日 | 農業委員会事務局

こんにちは。農業委員会事務局長 野澤昌弘です。
このたびの西日本を中心とした豪雨災害で、被害に遭われたかたに心よりお見舞い申し上げます。また、暑い日が続きます、水分をこまめにとるとともに、体調が悪いときは無理をなさらないようにお互いに注意を呼びかけましょう。

箕面市の中学校の学校給食で使われた約37%が箕面産野菜!

さて、学校では、先週終業式をむかえ夏休みも本格化ですが、箕面の学校給食では、1学期も、みなさんの家や通学路から見える田畑から届けられた新鮮な野菜が使われました。

中学校給食が平成25年スタートして丸5年。生産者とのつながりが鍵、そのつながりを深めてこれた5年、この6月の箕面市の中学校給食で使われた野菜は、約37%が箕面産という結果となりました。学校給食の生産者や生産現場を少しご紹介します。

6月・7月が旬の箕面産玉ねぎでは87.5%、ジャガイモでは86.8%の使用率となっており、箕面市農業公社の畑からも多くの玉ねぎ・ジャガイモが出荷されました!


(上止々呂美地区の箕面市農業公社の玉ねぎ畑)


学校給食では、使用予定の食材を事前に農家さんへお伝えするほか、日々の荷受け時にもこまめに相談するなど箕面市独自の情報交換体制を整えてきました。出荷登録農家さんもどんどん増えて52名に、当初24名から倍増し、農家さんから旬の食材をご提案いただけることもあります。

粟生間谷地区で農業を営まれ、この6月に箕面市では個人農家で第1号となる国版認定農業者を取得された梁森(やなもり)壮太さん方も学校給食に出荷いただいています。

梁森さん方では、こだわり野菜を育て、のべ300店舗の飲食店とも取引を進められる一方で、とうもろこしやにんじんを材料にするアイスクリーム事業にも取組みを始めておられます。

ご自身が箕面で第1号となる国版認定農業者資格を取得されるとともに、次の担い手づくりにも積極的な梁森さん。7月2日(月曜日)この日も研修生に畑で目で観て手でさわってわかりやすく指導されていました。
「今日、収穫できるとうもろこしはどれや。先端部分の感触でわかるやろう!」

(研修生とともに農作業される梁森さん(写真右側))

いつも順風ばかりの学校給食でもありません。思わぬ事も起こります。
豪雨被害で、7月17日に、契約業者から入荷していただくはずの地方のキュウリが入荷できない事態が発生しました。

このままでは欠品になる危機を救っていただいたのは、箕面の農家さんらです。
新稲の稲垣恵一さん(農業委員)、平井清治さん、平井良和さん、粟生間谷の遠山法幸さんの4名の農家のみなさん。
その1人、粟生間谷で農業を営む遠山さんご夫妻。(下写真)

遠山さんは、大阪府農業大学校で農業を学び、今年から箕面で農業を始められました。
ベテラン農家さんも新人農家さんも誰もが、箕面を愛し、次世代の子どもと学校給食を愛されています。

そんな「学校給食の生産現場を観たい」と体験に来られるかたも増えています。
7月2日(月曜日)は、大阪大学工学部の皆さんが、「学校給食の食材生産現場と都市農業の役割」を学びたいと粟生間谷東区の農業公社ジャガイモ畑へ来られました。

(写真右から大内さん、小河畑さん、農業公社の竹内さんと長谷川さんをはさんで、鈴木さん、門田さん)

畑を掘りはじめると芋がゴロゴロと、
「スーパーでは販売できないくらいの小さなサイズのものもあるんですね。」
社会経済が発展・成熟し、農業という第1次産業に就く若者が少なくなるなか、都市部の農業の役割など、現場を感じながら意見交換もできました。

後日、工学部環境エネルギー工学科の小河畑圭史さんから、「普段、何気なく食べていた野菜も大切に食べるようになりました。また、形や大きさが整っていないものは市場に出荷されにくいと聞いたので、『食べられるものが捨てられるなんてもったいない』と大学生を巻き込んで対策できないか考えたい。」とメールが届きました。

生産という現場は、いろんな事を考えさせられる機会となったようです。

以上、いろんなことがあった平成30年初夏。
箕面市の学校給食を通じて、田畑もある緑豊かなまち箕面を実感してもらえたらと思います。

 

最後に、豪雨による農業被害に改めて!

農林水産省は7月22日現在、西日本を中心とする豪雨被害で、農林水産業に関する被害額が1千億円を超え、1197億9千万円に上がることを明らかにしました。まだ十分に把握できていない自治体も少なくなく、全体の被害額は今後も増える見通しとしています。

先ほど、給食でのキュウリの入荷がストップと書きましたが、箕面市内の農家さん方でもそれぞれに被害が出ています。箕面市農業公社でも、キャベツ畑が冠水しました。

7月9日(月曜日)、濁水が引いたキャベツ畑では、傷んだキャベツがゴロゴロ!キャベツの外葉や結球の基部が冠水状態のなかで、傷みと生理障害があっと言う間に広がりました。
「もう処分するしかない。ゴールデンウイークも休まず追肥して育ててきたのに・・・」
育ててきた職員からは今までの思いがこみあがります。

まだ食べられるのに残す、捨てるといった食品ロスが社会問題となるなか、豪雨被害に酷暑も続くこの7月。改めて「野菜を普通に食べれることのありがたさ」「作り手さんの毎日のご苦労のこと」を振り返っていただけたらと思います。

酷暑のなか、どの農家さんも、もう一度、再スタートです。7月22日(日曜日)止々呂美ふれあい朝市では、豪雨を乗り越えて夏野菜が並びました。是非、”箕面の朝市”に農家さんに会いに来てください!

 

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。 

 


箕面のゆず!地震も乗りこえて、もっと大きくなれ!

2018年06月29日 | 農業委員会事務局

こんにちは、農業委員会事務局長 野澤昌弘です。
この度の大阪北部地震で被害に遭われました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

6月18日(月曜日)の地震発生から10日あまり、落ち着きをとりもどしつつある感はありますが、暑さも重なったりでストレスで体に不調がでている方もおられると思います。
どうぞ、体調管理にも十分にお気を付けください。

なお、引き続き、災害対策本部を設置しています。
地震に関する被害・お困りのことがあれば、災害対策本部(電話072-724-5000)までお問い合わせください。

さて、地震発生18日(月曜日)の夜ですが、とどろみの森学園(箕面北部特別対策部)につめていました。

深夜に断水のおそれもあることから、神戸や西宮など近隣自治体から続々と給水支援車両が到着し、夜遅くまで各市職員の方に給水応援をいただきました。心温まる激励もいただき、本当にありがとうございました。

 

地震発生から3日後、6月21日(木曜日)の晩には、止々呂美地区のゆず生産農家の皆さんが集まり、お互いの安否を気遣いながら、平成30年度 止々呂美ゆず生産者協議会 通常総会が無事に開催されました。

最年長で、古くから地域を見守ってこられた尾上喜治会長から
「この地区でも避難勧告、一部に避難指示がありますが、地震に負けずに力を合わせて頑張っていきましょう。」と心強いあいさつがありました。
どんな時もオフェンシブなメッセージを送り続けられる会長に、皆さん、元気をいただいたようです!

 

昔から、先輩農家さんから後進へゆずの育て方を伝授されてきた地域、バトンを渡すように綴ってきた今では ゆずともみじの里みのおプロジェクト へのゆず供給を支える産地です。

この日も、皆さんで、ゆずの育て方や施肥の勉強も行われました。
「ゆずは多肥にしたほうが、樹の生育が良好で、葉も濃緑色になる。収量も良いで!」

自然のままでは充足できない”肥え”を、年に数度、人為的に施し、”果実”というかたちで恩恵をいただいて共生してきた地域でもあります。
これからも、人と自然が足りないものを補いあってともに歩み、また、人が手を入れ続けることで 災害にも強い山を育てていくことにもなるでしょう。

 

6月のゆず畑。
万緑のなか、手を伸ばした先には、今年も新しい緑の命が輝いています。
”明日も歩いてゆこう!”と思えてくる、不思議です。

ゆずの収穫は11月。厳しい自然を乗り越え、これからもっと大きくなれです。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。