部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

病院機能評価を受審しました

2018年08月10日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

早い梅雨明けに喜んでいたのも束の間。今年の夏は夕立さえなく、台風でも来ないと雨が降らない日が続いています。災害をもたらす豪雨は要りませんが、恵みの雨は大歓迎したいところです。熱中症にはくれぐれもご留意をいただき、残りの夏を満喫しましょう。

(夏の象徴-元気に咲くサルスベリ)

さて、今回は、去る7月23~24日(月~火曜日)に受審した「病院機能評価」について、ご紹介します。

○病院機能評価とは
病院機能評価は、病院の質改善を図るため、公益財団法人・日本医療機能評価機構が第三者の立場で、公私を問わず、全国の病院の運営管理や提供される医療について、中立的、科学的・専門的な見地から評価を行うものです。各病院は、その評価結果に基づき、更なる改善活動を推進し、病院体制の一層の充実や医療の質の向上に努めていくことになります。

病院機能評価の認定有効期間は5年です。当院では、平成15年(2003年)8月18日に初回の認定を受けて以降、5年毎に更新認定のための評価を受けており、今回の受審が4回目になります。

(前回(2013年8月4日)更新時の認定証)

○病院機能評価が無事終了
普段の運営体制や提供している医療を評価してもらうものとはいえ、いざ受審するとなると、やはり事前にしっかりと点検やシミュレーションをして、事前提出する審査書類の作成など、結構ハードな作業になります。副院長をリーダーに、医師・看護師はもとより、各部門から代表を選出し、ワーキングチームを編成して、何日もかけて準備にあたりました。(ワーキングチームの皆さんお疲れさまでした。)

また、病院機能評価は、評価基準が徐々にグレードアップしていきますので、過去に受審した経験だけでは対応できません。前回の受審から加わった「ケアプロセス調査」では、一人の患者さんが外来診察を受ける段階から、様々な検査などを行った後、治療するため入院し、さらに精密な検査を受け、手術や投薬治療などで改善し、リハビリや栄養指導などを受け、退院後の生活相談などを行った後に退院するといった、病院における治療の過程すべてが適切に行われているか、複数の事例に対し、説明を求め、チェックしていかれます。

医師、看護師をはじめ、薬剤師、放射線技師、検査技師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などとともに、感染制御部や医療安全管理室のほか、地域の開業医との連携、カルテや個人情報の管理、倫理的な審査手続、病院の経営企画、人事管理、医療事務、医薬品や診療材料の購入、施設管理に至るまで、すべての部署の職員がどのように仕事をしているか。特に、患者さまにとって、その内容がわかりやすく、文書等で明示され、マニュアル化されているか、個々の職員がマニュアルどおり実施しているか、記録が適正に行われているかなどについて、6人のサーベイヤーが会議室での質疑とともに、各病棟や事務室に分かれて、2日間に亘って聞き取りを行い、チェックされました。

 

(具体的な症例の内容審査のようす)

最後に講評として、サーベイヤーのリーダーが「おおむね良好でした。自治体病院で職員1人ひとりが頑張っている病院を見たのは久しぶりです」との感想を述べられました。正式な評価結果は、3~5ヶ月後にいただけるとのことでした。評価結果や評価内容については、到着次第、当院のホームページで公開いたしますので、ぜひご覧ください。


【お知らせ】
市民医療講座「子どものおなかのなか~栄養のことから病気のことまで~」
  日時 9月1日(土曜日)午後2時~3時30分
  場所 箕面市立病院リハビリテーション棟4階 いろはホール
  講師 小児科医員 長谷川泰浩医師
*申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。
*一時保育(1歳6か月~就学前。先着5名程度)ご希望のかたは8月17日(金曜日)までに、手話通訳又は要約筆記をご希望のかたは8月23日(木曜日)までに、病院経営室(電話728-2034)へお申し込みください。


市立病院で消防訓練を実施しました

2018年07月19日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

6月18日の大阪北部地震に続き、7月5日からは西日本豪雨が広範囲に土砂崩れや河川の氾濫をもたらしました。200名を超えるかたの貴重な生命が奪われ、いまだ数十名の行方不明者や数千名に及ぶ避難を余儀なくされているかたがたがおられます。
お亡くなりになられたかたがたのご冥福をお祈りしますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

箕面市でも、ため池の堤瑭や調整池の擁壁が崩れるなど、広範囲に避難指示や避難勧告を出しました。ほとんどの避難指示・勧告は解除しましたが、地震による影響と合わせ、一部地域では、いまだ継続中です。市独自の支援策(災害見舞金ブロック塀撤去家屋の一部損壊)もありますので、ご活用を検討いただき、1日も早い、復旧・復興をお祈りいたします。

(市立病院ロビーのたなばた飾り)

さて、今回は、去る6月29日(金曜日)に実施した「消防訓練」について、ご紹介します。

○市立病院の消防訓練
市立病院では、消防法等の関係法令に基づき、毎年2回以上、消防訓練を実施しています。市立病院には、常時300名前後の何らかの疾患をもつ患者さまが入院されているため、万が一の有事の際は、とても混乱することが予測されます。自力で避難できるかたもおられますが、そうでないかたや、避難時に慌ててケガをされる可能性があるかたも、大勢いらっしゃいます。このため、定期的に訓練を行い、職員が避難経路や機材と誘導の手順や役割を確認し、慣れておくことが大切です。

今回の訓練は、6月29日(金曜日)の午後3時に、リハビリテーション棟3階の給湯コーナーから出火したという想定で、医師・看護師・セラピスト・事務等の病院スタッフのほか、警備や施設管理担当の委託業者の社員等、64名が参加して、次の4つのポイントを重点に実施しました。

(1)火災発生から避難誘導、初期消火までの手順の確認
(2)エアーストレッチャーを使用した階段搬送
(3)行動の開始、完了時の責任者への報告
(4)消火器使用方法の確認

(訓練のシナリオ確認)


(避難誘導される役割の病院スタッフ)


(病棟責任者の看護師長が担当医師に作業の確認)


(自力歩行できないかたはエアーストレッチャーへ)


(階段もそのまま滑り降ります)


(無事1階へ到着)


(最後に水消火器を使い、消火訓練)

○今回の反省点
訓練は概ね計画どおり、実施できました。また、大阪北部地震の直後と言うこともあり、参加者全員、緊張感をもって取り組んでいただきました。
なお、次の事項が今回の反省点です。次回の訓練や、もしもの本番に備えて、改善を図っていきます。

(1)各誘導員が各々の役割を一部把握できていなかったところがあり、誘導にやや時間
 を要した。今後は各誘導員の役割をより明確にし、スムーズな誘導に努めていく。
(2)エアーストレッチャーの使用方法を十分に修得できていなかったことから、誘導にや
 や時間を要した。再度、使用方法の周知を行い、よりスムーズな誘導に努めていく。


【お詫び】たなばたコンサート中止
7月6日(金曜日)に開催を予定していた「たなばたコンサート」は、大雨による土砂災害等の危険があるため、中止しました。楽しみにされていた皆様には、たいへん申し訳ありませんでした。

【お知らせ】
市民医療講座「子どものおなかのなか~栄養のことから病気のことまで~」
 日時 9月1日(土曜日)午後2時~3時30分
 場所 箕面市立病院リハビリテーション棟4階 いろはホール
 講師 小児科医員 長谷川泰浩医師
*申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。
*詳細は、市立病院ホームページやもみじだよりでお知らせします。
*一時保育(1歳6か月~就学前。先着5名程度)ご希望のかたは8月17日(金曜日)まで
 に、手話通訳又は要約筆記をご希望のかたは8月23日(木曜日)までに、病院経営室
 (電話728-2034)へお申し込みください。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。 

 


登録医意見交換会・研修会

2018年06月27日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

6月18日(月曜日)の朝に起こった大阪北部地震は、大阪では過去最大の震度6弱を記録しました。「災害は忘れた頃にやってくる!常に防災意識を忘れずに」と言ってきましたが、大きく揺れたときは「まさか?ホンマかいな」と焦ったのが正直な感想です。

箕面市では骨折をされたかたなど、負傷者が数名ありましたが、生命に関わるような事態は生じませんでした。しかし、崖崩れの恐れがある一部の地域に避難指示・勧告を出しました。また、広範囲で断水がおこり、多くのかたが小学校の体育館等へ避難されるなど、市民生活や都市機能に混乱が生じました。

高槻市をはじめ近隣他市では5名のかたがお亡くなりになりました。亡くなられたかたがたのご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。


(たくさんの灯籠や鳥居が倒壊した「小野原・春日神社」の参道)

さて、今回は、去る6月9日(土曜日)に開催された「登録医意見交換会・研修会」について、ご紹介します。

○登録医療機関(医師)制度
箕面市では、市立病院(病)と地域の診療所(診)がそれぞれの特性を生かしつつ、病診が連携して、いわば地域全体がひとつの病院のような機能を持ち、切れ目のない医療を提供する「地域医療提供体制」を構築していると、昨年11月のブログ一昨年8月のブログでご紹介しました。

 (地域医療提供体制のイメージ「まずは、かかりつけ医へ」)

それを具体化するため、箕面市立病院と連携した医療を提供することにご賛同いただく医療機関や医師に、「箕面市立病院登録医療機関(医師)」として登録していただいています。本年5月末時点では、491医療機関、525名の医師が登録をいただいており、箕面市以外からもたくさんの医療機関(医師)が登録をされています。

○登録医意見交換会・研修会の開催
登録医療機関(医師)との連携を強化し、お互いが顔の見える関係を築くため、毎年この時期に開催しているのが「登録医意見交換会・研修会」です。今年は、去る6月9日(土曜日)に千里ライフサイエンスセンターで開催しました。以下、その主な内容をご紹介いたします。(同じ趣旨で毎年秋に箕面市医師会との共催で開催しているのが「箕面市病診連携懇談会」です。)

(市立病院・田村総長から「開会あいさつ」)

◆講演(1)~箕面市立病院の呼吸器外科の診療
本年4月1日に赴任した外科部長の徳永俊照医師から、呼吸器外科の診療内容の紹介とともに、その典型的な疾患である「肺がん」について、その進行の様子や手術の適用について紹介しました。徳永医師は「がんが治っても息がしんどくなったり、命を短くしては意味がなく、一方、治療を手控えて、がんが再発してもいけないので、がんの治療と全身のバランスが大切である」と治療方針を説明しました。

(徳永医師)

◆講演(2)~人生100年時代における新たな周術期管理
本年4月1日に赴任した副院長で消化器外科の岡義雄医師から、平均寿命の延伸とともに手術を受ける患者の年齢も高齢化しているため、術前リスク管理の重要性や、リハビリ・栄養士なども含めた医療スタッフがチームとして術後の管理をしていくことの大切さを紹介しました。当院においても、安全・効率・専門性を追求した質の高いチーム力が求められていると結びました。

(岡医師)

○北摂臨床医療研究会
毎年「登録医意見交換会・研修会」に引き続き、開催しているのが「北摂臨床医療研究会」です。これは、箕面市立病院、箕面市医師会と製薬会社が共催しているもので、タイムリーなテーマについて、医薬品の紹介と併せ、外部から講師を招き、研究・研修するものです。今年のテーマは、後期高齢者と糖尿病治療でした。

まず最初に、一般演題として、当院の糖尿病・内分泌代謝内科の河田慶太郎医師から、糖尿病で入院された当院の高齢の患者さまのデータに基づき、治療の経過とともに生活の質の変化について説明しました。

その後、特別演題として、大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学助教の赤坂憲医師から、「フレイル・サルコペニアをふまえた高齢者糖尿病治療」と題し、ご講演いただきました。

「フレイル」とは、加齢とともに運動機能や認知機能等が低下し、複数の慢性疾患などの影響もあり、生活機能が落ち、心身の脆弱性が出現した状態です。しかし、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態でもあり、健康な状態と介護状態の中間を意味します。

「サルコペニア」とは、筋肉量が減少し、筋力又は身体能力が低下した状態です。 加齢によるものと、不活動・疾患・低栄養などによるものがあり、運動・身体機能に障害が生じたり、転倒・骨折の危険性が増大し、自立した生活を困難にする原因となります。
高齢者には糖尿病など、単に疾病だけの治療を施すのではなく、これらへの早期対応を行うことにより、生活の質や自立性の維持・向上を図ることが大切であると説明されました。

(赤坂医師)

○意見交換会・懇親会
これら研修会終了後は、登録医30名、市立病院関係者53名の計83名で、意見交換会・懇親会を開催しました。市立病院の医師と開業医さんとは、普段は電話でのやり取りが中心ですが、直接顔を合わせて、忌憚のない意見交換ができるのはとても貴重な機会です。登録医さんお一人お一人からも、自己紹介や近況報告をいただき、とても和やかなうちにお開きとなりました。


【たなばたコンサートのお知らせ】
 日時 平成30年7月6日(金曜日)午後3時~4時
 場所 箕面市立病院リハビリテーション棟1階ロビー
 内容 米阪隆広さんのギター演奏

*申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


初診料加算金の改定について

2018年06月05日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

6月になり、ようやく梅雨を感じさせる気候になってきました。今年は平年並みに梅雨入りしそうです。稲作や野菜の生育に必要なことはわかっていても、やはりジメジメ感はイヤですね。集中豪雨や落雷、熱中症にもご留意をいただき、楽しい夏にしていきましょう。

(綺麗に咲き出したリハビリ棟前のアジサイ)

さて、今回は来る7月1日から改定する「初診料加算金」について、ご紹介いたします。

○地域医療提供体制について
これまでも何度かご説明してきましたように、箕面市では、お近くの診療所(開業医)と市立病院がそれぞれの特性を生かしつつ、連携して、患者さまが安心して治療を受けていただける「地域医療提供体制」を整えています。

体の調子がよくないと感じられた場合は、まずは地域の診療所(開業医)を受診いただき、その医師が入院治療や高度な検査などを必要と判断されたときは、症状や治療内容を記載した紹介状(診療情報提供書)を作成して、すぐに市立病院に引き継ぐ仕組みができています。

(地域医療提供体制のイメージ)

市立病院では、紹介状をお持ちいただくことにより、速やかに病状を把握でき、適切な治療を施したり、薬や検査の重複を避けたりすることができます。また、市立病院での治療や検査が終了し、病状が落ち着いた場合は、ご紹介いただいた診療所(開業医)に逆紹介して、その後のフォローをお願いしています。

このような考え方や仕組みは、もちろん箕面市だけではなく、国の政策として、全国的に取り組まれているものです。高齢化が急激に進むわが国において、大病院と中小病院・診療所が互いに連携しながら、それぞれの特徴を生かして異なる機能を担うことにより、質が高く効率的な医療を実現できる仕組みとして、ずっと以前から取り組まれてきたものです。


○初診料加算金について
「どんな病気にも対応できて安心だから」と言って、風邪や下痢など軽症の場合でも、大きな病院を受診されるかたが結構おられます。その結果、本来、専門的かつ高度な医療を提供し、重症患者を治療するのが役割のこれらの病院では、一般外来に忙殺され、重篤な病気やけがの患者さまに対応するのが遅れたり、医師や看護師が疲弊してしまったりといった弊害が生じています。

この弊害を抑止するため、平成8年度(1996年度)から導入されたのが「初診料加算金」制度です。診療所(開業医)など他の医療機関からの紹介状を持たず、200床以上の病院を受診される場合に、保険給付の対象外(全額、自己負担)として、患者さまに負担いただくのが「初診料加算金」です。

導入当初は、「200床以上の病院は初診料加算金を徴収することができる」というものでしたが、平成28年度(2016年度)からは特定機能病院(大阪大学医学部附属病院や国立循環器病研究センターなど高度の医療を提供する病院として、厚生労働大臣が承認した病院)と、地域医療支援病院(箕面市立病院など、かかりつけ医を支援し、地域医療の確保を図る病院として、都道府県知事が承認した病院)のうち、500床以上の病院には、5,000円以上の徴収が義務づけられました。

また、平成30年度(2018年度)からは、大病院と中小病院・診療所との役割分担をより一層、浸透させ、質の高い効率的な医療を提供するため、初診料加算金の徴収が義務づけられる「地域医療支援病院」の基準が厳格化され、400床以上に引き下げられました。


(地域の医療機関との連携した退院支援のイメージ)


○初診料加算金の改定について
箕面市立病院においても、地域の診療所(開業医)との役割分担をより一層、徹底し、効率的な医療を提供するため、これまで2,160円としていた初診料加算金を、来る7月1日から、3,240円に改定(7月1日は日曜日のため、実際には7月2日の診療から適用)いたします。ただし、診療所(開業医)や他の医療機関からの紹介状がある患者さまは、これまでどおり、初診料加算金は掛かりません。

(初診料加算金改定のお知らせ)

なお、分娩を希望するかたは、紹介状は不要で、初診料加算金も掛かりません。整形外科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科は完全紹介・予約制のため、紹介状がない患者さまは受診できません。また、診療科によっては、外来が設定されていない曜日があります。ご注意ください。(詳しくは、コチラをご覧ください。)

「風邪をひいたようだ」「お腹の具合が悪い」「熱がある」など、体の不調を感じたら、まずは身近な診療所(開業医)を受診してください。そして、普段から、何か不調があれば相談に乗ってもらえる、ご自身に合った「かかりつけ医」を決めておくことをお勧めいたします。かかりつけ医(開業医)からの紹介で、市立病院を受診する場合は、初診料加算金も掛からず、診療予約も取ってもらえますので、待ち時間も少なく、スムーズに市立病院を受診していただけます。市立病院への紹介状による受診にご協力をお願いいたします。

ただし、突然の重病や重傷など、緊急性が高い場合は、救急車を呼ぶことが必要です。また、どちらか迷うような場合には、次の電話相談窓口に相談してください。
#7119 救急安心センター  #8000 小児救急電話相談事業

(救急安心センターおおさかホームページから抜粋。小児救急は♯8000へ)

【お知らせ】
○たなばたコンサート(予定)
 日時 平成30年7月6日(金曜日)午後3時~4時
 場所 箕面市立病院リハビリテーション棟1階ロビー
 内容 米阪隆広さんのギター演奏
*詳しくは7月号「もみじたより」や市立病院ホームページでお知らせします。
*申込は不要です。どなたでも参加できます。ぜひお越しください。

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。 


H30医療・看護フェア

2018年05月15日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

5月も中旬となり、梅雨が気になる季節になりました。近畿地方の梅雨入りは、昨年は平年並みの6月7日頃と予想されていましたが、実際には戦後で3番目に遅い6月20日でした。今年も平年並みと予想されていますが、さてどうでしょうか。
そろそろ熱中症対策も必要です。連休明けは肌寒い日が続いていましたので、一気に気温が上がると体調を崩しやすくなります。十分な休養と水分補給や栄養管理に努めましょう。


(チラホラ咲き出した玄関前のサツキ)

さて、今回は、去る5月10日~11日に開催した「H30医療・看護フェア」について、ご紹介いたします。

○医療・看護フェア
市立病院では、毎年、「近代看護教育の母」フロ-レンス・ナイチンゲール生誕の日(5月12日)にちなみ、その前後の2日間に「医療・看護フェア」を開催しています。今年は5月10日(木曜日)と11日(金曜日)に開催しました。

 

今年も、両日ともに、晴天に恵まれ、昨年比34パーセント増の延べ2,049名のかたにご参加いただきました。毎年、「医療・看護フェア」を楽しみにしていただいている市民や患者さまが増加しており、主催者として、たいへんありがたく思っています。市民のみなさまの健康志向の高まりや医療に対する様々な関心にお応えできるよう、今後も工夫しながら、継続していきます。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

○各種催しのご紹介
各種催しの主な内容について、以下、簡単にご紹介いたします。

◆栄養バランスチェック
食育SAT(Satisfactory A la calte Tray)システム=満足できるアラカルト・トレー・システムにより、実物大のフードモデルを用いて、日常の食事が栄養バランスがとれているかチェックするとともに、管理栄養士が食事の改善点をアドバイスしました。


(栄養相談を行う大阪青山大学健康科学部健康栄養学科のみなさん)

◆からだチェック
毎年、最も人気があるのが、骨密度、体脂肪、肺年齢や血圧などのからだチェック-測定コーナーです。隠れ肥満や骨・肺が衰えているなど、普段はなかなか知ることができない身体の状況について、測定機器を用いて、チェックさせていただきました。


(下肢筋力測定・肺年齢測定)

◆講演会「コツコツ骨活!健康な足腰作り」~いつまでも自分の足で歩き続けるために
今年のテーマは「コツコツ骨活!健康な足腰作り」。当院の看護師と理学療法士から、骨粗鬆症など症状の解説と、いつまでも元気に自分の足で歩けるようにするために気をつける生活上のポイントなどをお話ししました。普段から、ちょっとした足腰の運動を行うことと、少しでも不安に感じたら、無理せず杖を使ったり、手すり・足下照明をつけるなど、予防が大切なことを説明しました。

 

 (講演会「コツコツ骨活!」)

◆医療・薬剤・介護・リハビリ相談ほか
これら以外にも、医療相談、薬剤相談、介護相談、リハビリ相談など、各種相談コーナーを設け、医療等に関するあらゆる相談をお受けしました。また、「救急蘇生法とAEDの使用」を学べるコーナーや、各部門や在宅介護に関する紹介パネル掲示、一日看護師体験を実施しました。

 

 

「医療・看護フェア」の開催にあたっては、毎年、箕面市医師会・歯科医師会・薬剤師会や大阪青山大学のみなさまと箕面市消防本部に多大のご協力をいただいています。改めまして、深く感謝申し上げます。興味を持たれたかたは、ぜひ来年、ご参加ください。

 

 
 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。