部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

「オーラルフレイル」ってご存知ですか?

2018年10月09日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。
6月18日の地震、長雨、記録的猛暑、台風と、本当に自然の恐ろしさを実感させられてきただけに、先週末、台風接近を心配しましたが、箕面市にはほとんど影響がなく、ホッとしました。
そんな中、市内4カ所で地区敬老会が開催され、市長から「元気はつらつ頑張る高齢者表彰」が授与されました。

      

      

   (豊川南小地区「敬老のつどい」での表彰の様子と受賞者の皆さん)

受賞された皆さま、本当におめでとうございます。
地区敬老会では、各地域ともに、子どもたちの南中ソーランをはじめ、踊りあり、マジックショーありと、様々に趣向を凝らし、高齢者の皆さまにとって、楽しいひと時となったことと思います。

      

地区敬老会開催にあたっては、地区福祉会や地域の皆様による準備から運営まで、本当にありがとうございます。

では、健康で、いつまでも若々しくあるための秘訣を1つご紹介します。

皆さまは「オーラルフレイル」って何かご存知でしょうか。
オーラルフレイル」とは、お口の機能、つまり歯や舌や唇などの機能の低下、衰えのことです。
8020運動」というのを聞いたことがあるかたは多いのではないでしょうか。
8020運動」は、80歳で20本以上の歯を保ち、何でもかんで食べられることをめざして、平成元年から国や日本歯科医師会が推進している運動です。
近年、この「8020運動」に新たな考え方を加え健康長寿のための「オーラルフレイルの予防」が叫ばれています。

心身の老いは感じるけれど、まだまだ大丈夫!と思っている貴方。比較的早い段階で起こるもののひとつがお口の老化「オーラルフレイル」なのです。
早いかたは、40歳代から始まるとか?!
健康で自立した生活を維持するためには、老化のサイン「オーラルフレイル」を見逃さず、予防していくことが大切です。

健康長寿の秘訣は、「栄養」「社会性」「運動」の3 つの要素をバランスよく保つこと大切ですが、特に、「栄養」ではお口の機能維持が大きく関わります。
歯やお口の健康をおろそかにすると、食べ物を噛む力や舌の動きが悪くなり、うまく噛めない食べ物が増え、十分な栄養が摂れなくなります。
また、滑舌が悪くなったり、話しにくくなるなどの理由で、人との交流を避けるようになり、その結果、活動量が減り、家に閉じこもりがちな生活を送るようにもなりかねません。
足腰のトレーニングに加えて、歯やお口の機能低下の予防にも取り組 むことが大切です。

         

この一つでも該当するものがあれば、お口の老化「オーラルフレイル」かもしれません!

歯やお口の機能維持ができている人は、生活機能も高いと言われています。
具体的には、


オーラルフレイルを予防するために、何をしたらよいのでしょうか?
まずは「歯科健診」をしっかりと受けることは言うまでもありません。
箕面市では、40歳以上75歳未満のかたで、偶数年齢のかたを対象に「箕面市歯科健康診査」を無料で実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。
また、75歳以上のかたで後期高齢者医療保険加入の全員を対象に、大阪府後期高齢者医療広域連合が歯科健診を無料で実施しています。
むし歯や歯周病など歯の状態の検査に加えて、お口の感想の状況や噛む力、舌の力や飲み込む力、アゴの動きもチェックしていただけます。
(詳しくはこちらをご覧ください。)

では、お口の機能、食べるための機能が正常かどうか、滑舌は衰えていないかを「パ」「タ」「カ」「ラ」の発声で、簡単にチェックすることができますので、一度試しに行ってみてください。

パパパパパというように、連続して10秒間に発声してみてください。
「パ」も「タ」も「カ」も「ラ」もいずれも、1秒間あたり6回以上発声できれば食べる機能も滑舌も健全だそうです。

また、オーラルフレイルの予防は、お家でも十分にできます。
歯磨きはもちろんですが、お口の機能を維持し、高めるために舌のトレーニングや「パタカラ体操」などお口の体操、唾液腺マッサージや嚥下(飲み込む力)体操などです。

例えば、先ほどご紹介した「パ」「タ」「カ」「ラ」の発声を体操にした「パタカラ体操」は次のように行ってみてください。


      (引用:大阪府歯科医師会発行
         「高齢者のための新しい口腔保健指導ガイドブック」)

これらに加え、お口の「健口」について、大阪府歯科医師会が「高齢者のための新しい口腔保健指導ガイドブック」としてまとめられ、ホームページに掲載されていますので、こちらもご覧ください。

日本人の40歳以上の約8割が歯周病に罹っていると言われています。日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられ、オーラルフレイルの原因となっているそうです。
まだ40歳、いやもう40歳。若いうちからの予防が大切です。

高齢者の皆さまも、まだ若いと思っている皆さまも「80歳で20本の自分の歯」をめざし、しっかりと歯科健診を受診し、むし歯や歯周病の予防を行い、お口の健康を保って、健康長寿をめざしましょう!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


健康長寿を願って

2018年09月14日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。
今年は、日本各地で地震や大雨、猛暑、台風と災害に見舞われ、今なお多くの方々が不自由な生活を強いられています。
被害にあわれた皆さまに、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興を祈るばかりです。

地区敬老会が開催されます!

明日9月15日から「敬老週間」が始まります。
箕面市では、9月17日の敬老の日を皮切りに、市内各地域で「地区敬老会」が開催されます。

市を挙げて地域の皆様とともに、多年にわたり社会につくしてきた高齢者の皆さまを敬愛し、長寿を祝いしたいと思います。

地区敬老会では、毎年「箕面市元気はつらつ頑張る高齢者表彰」の表彰式を行っています。
高齢者表彰には、地域の活力を高める活動に寄与された高齢者の皆さまを対象とした「地域功労の部」表彰と、9月1日現在要支援・要介護認定を受けておられないかた又はあんしん生活サポート事業対象者以外のかたを対象とした「長寿高齢者の部」表彰の2つがあり、今年も「地域功労の部」では80人のかたが、「長寿高齢者の部」では320人のかたが表彰されます。


          (昨年の地区敬老会の様子)

地区福祉会をはじめ、多くの地域の方々のご協力・ご尽力のもと、趣向を凝らした地区敬老会を開催いただき、心から敬意を表するとともに感謝申し上げます。


ところで、箕面市の健康寿命は?


今年5月、平成27年(国勢調査実施年)における全国市町村の平均寿命が発表され、このブログでもご紹介したところです。
箕面市の平均寿命は、女性が88.2歳(近畿1位・全国20位)、男性が82.5歳(近畿3位・全国7位)でした。
この度、大阪府から平成27年の大阪府内各市町村の「健康寿命(日常生活動作が自立している期間の平均)」に関する参考数値が示されましたので、ご紹介します。

箕面市の65歳以降の平均余命は、女性が25.1年、男性が20.1年で、そのうち「健康な期間」が、女性が21.3年、男性が18.6年となっています。

逆に「不健康な期間(介護保険の要介護2から要介護5の心身の状態)」は、女性が3.8年、男性が1.6年となります。

大阪府全体と比較すると、男女とも65歳以降の平均余命は1.6歳長く、健康な期間も、女性が1.7年、男性が1.9年長い状況となっています。

「人生100年」の時代、これからの最大の関心事は、「いつまで健康で過ごせるか」ではないでしょうか。
市では、第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を昨年策定し、今年度から介護予防や認知症予防など健康寿命の延伸に向けた取組を進めています。
ですが、健康寿命の延伸は、行政の施策だけで達成できるものではありません。
私たち一人ひとりが心がけ、取り組んで初めて達成できます。
高齢者の皆さまはもとより、40歳代や50歳代から、適度な運動、バランスの良い食事など良い生活習慣に心がけることが大切です。


「きょういく」と「きょうよう」を!


『平成30年度箕面市高齢者作品展』が、9月7日から11日までの5日間、箕面文化・交流センターで開催され、書道や絵画、写真や手芸など102点の個人出品に加え、市内のデイサービスセンターなど9団体から様々な作品が出品されました。
いずれの作品も目を見張るばかりの力作です。

箕面市老人クラブ連合会会長賞には畳3畳相当のパッチワークを作成された佐々木秀子さんの作品が受賞されました。



佐々木さんの作品の前で、社会福祉協議会の石田会長と民生委員児童委員協議会の山内会長が「凄い!」「素晴らしい!」の感嘆の声を上げておられました。

箕面市長賞には「水と光の街」と題した松田定一さんの写真作品が、

箕面市社会福祉協議会会長賞には刺繍の掛軸を作成された北田つた子さんの作品が、

     

箕面市民生委員児童委員協議会会長賞には、小倉百人一首 関戸本古今集を作成された亀田清子さんの書道作品が



それぞれ入選され、そのほか15の優秀作品が「ご立派で賞」に入選されました。
また、今回の作品展には、90歳を超えるかた2名が出品され「お達者で賞」に選ばれました。

倉田市長が高齢者のある催しの挨拶で「健康で、いつまでも自分らしい日常生活を送るための秘訣は『きょういく』と『きょうよう』だ」と、話しておられました。
高齢者作品展のご紹介の後だけに、皆さまは「きょういく」と「きょうよう」を「教育」と「教養」と思われたのではないでしょうか。
市長は挨拶の中で、「きょういく」は「今日行くところがある」、「きょうよう」は「今日用がある」だと説明しておられました。
なるほど、上手いことを言うなと感心させられました。

高齢者作品展に出品されたかたはもとより、作品展の開催準備から運営に携わられた皆さまは、「きょういく」と「きょうよう」がある皆さまのモデルのように感じました。

敬老週間にあって、「子育てしやすさ 日本一」とともに「健康長寿 日本一」を目指したいと思うのは私だけでしょうか。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


「ヘルプマーク」 ちょっとした気遣いを!

2018年08月22日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。
第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、われら北大阪の代表 大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました。それも、史上初2度目の春夏連覇!
猛暑の中での記念大会でしたが、高校球児の爽やかで熱きプレーに、見るもの誰もが感動し、勇気を貰ったのではないでしょうか。

「爽やか」と言えば、この夏、帰省した時のちょっとした出来事をご紹介します。
地下鉄に乗っていたときのことです。お腹の大きな妊婦さんが乗ってこられました。
お盆ということもあってか、車内はそんなに混んでいたわけではないのですが、小学校3年生くらいの男の子が「ここ、どうぞ!」と声をかけ、席を譲ったのです。
妊婦さんは、笑顔で「ありがとう、じゃあ座らせてもらうね」と。

最近、電車の中は、誰もがスマホやタブレットを一心に覗き込み、あまり周りを気にしていないかのように思っていましたが、なんの、なんの。
周りのかたもスマホやタブレットから目を離し、男の子と妊婦さんのやり取りを笑顔で見守っていました。
何気ないやり取りに、微笑ましくも爽やかな気分になったのは私だけではなかったようです。


ところで、みなさんは「ヘルプマーク」というのをご存知ですか?
うん?ここまでの話の流れから「『マタニティーマーク』じゃないの?」と思われたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
「マタニティーマーク」は、妊産婦にやさしい環境づくりを目指して厚生労働省が進めているものです。

        

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
こうした妊婦さんの苦労を軽減し、また、周りの皆さんが妊婦さんへの気遣いを示しやすくするようにと取り組まれているもので、今年で12年になります。

今回、ご紹介する「ヘルプマーク」は、東京都が始まりで、昨年6月から大阪府や府内の市町村でも取り組んでいるものです。

     

この「ヘルプマーク」は、義足や人工関節を使用しているかた、内部障害や難病のかた、または妊娠初期のかたなど、外見から分からなくても援助や配慮を必要としているかたがたが、周囲のかたに配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるように作成されたマークです。

   

「ヘルプマーク」を身に付けているかたを見かけたら、

 電車・バスの中で席をお譲りください。
 外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難なかたがいます。また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
 交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難なかたや、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難なかたがいます。

 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
 障がいなどにより、状況把握が難しいかた、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難なかたがいます。

「ヘルプマーク」は、箕面市でも総合保健福祉センター(みのおライフプラザ)の総合窓口でお渡ししています。
 また、箕面市独自にゆずる君をデザインした「ヘルプカード」を作成し、普及啓発に努めています。


「ヘルプマーク」や「マタニティーマーク」のほかにも配慮を必要としているかたへの理解を深めることを目的とするマークがあります。
これらマークは、健康福祉部長を務められた小野部長のブログに、以前、紹介されていますので、こちらもご覧ください。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


楽しさ満載のクールスポット「みのおライフプラザ」

2018年08月02日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

この2か月足らずの間に、地震と大雨に見舞われ、先週末には、これまでにない動きをした台風が襲来しました。被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

その上、今年は記録的な猛暑に見舞われています。
気象庁は「経験したことがないほどの暑さになっている地域がある。命に危険を及ぼすレベルで、災害と認識している」との見解を示すほど。

総務省消防庁の速報値では、大阪府内で熱中症により救急搬送された方が、4月30日から7月29日までで4,345人、うちお亡くなりになったかたが10人にも上っています。
特に、7月16日からの2週間で2,939人、うち亡くなりになったかたが8人となっています。

8月も近畿地方全域で暑さが大変厳しくなり「厳重警戒」が必要との予報が発表されています。
皆さまには、くれぐれも熱中症対策をお願いします。

そこで、今回は楽しさ満載のクールスポット「みのおライフプラザ」をご紹介します。
「みのおライフプラザ」は、いろいろな人たちが集い、寛ぎ、憩い、遊べ、お食事やティータイムを楽しめ、ウィンドショッピングまででき、時にはピアノコンサートなども開催される楽しさ満載のクールスポットです。


集う

ライフプラザでは、毎朝6時30分からと8時35分からの2回、地域の方々によるラジオ体操が行なわれています。
ご近所のかたや職員の参加のもと、6時30分からはライフプラザの芝生広場で、8時35分からは空調の効いた館内のアトリームで行なわれています。

夏休みに入り、子どもたちの参加もあり、賑やかにラジオ体操をしています。

寛ぐ・憩う

ライフプラザの館内は空調が効いたおり、子どもからお年寄りまで寛ぎ、憩えるスペースがたくさんあります。

写真は人がいない時間帯に撮影したものですが、朝10時を過ぎると、高齢者のかたや小・中学生など多くのかたが、本やタブレット片手に来館されます。
涼しい中で、好きな本をゆっくりと読みふける贅沢を満喫できます。
小・中学生の中には、夏休みの宿題でしょうか、勉強している姿も多くみられます。


遊ぶ

ライフプラザには、乳幼児が屋外で安心して遊べる広場 乳幼児パーク「たのしーば」が今年4月にオープンしました。

厳しい暑さの中でも、館内には絵本などを備えた「キッズスペース」もあり、暑さ対策をしながら子どもたちは元気に遊ぶことができます。

お家にいるより、色々なお友達と遊ぶことができ、涼みながら楽しめるからでしょうか、お弁当もちで来られるかたも多くいらっしゃいます。
お子様と一緒にお母さんやお父さんのライプラ・デビューをし、いろいろなかたと情報交換してみてはいかがでしょうか。


飲む・食べる

ライフプラザには、箕面市障害者事業団が運営する「喫茶 るうぷ」や障害者事業所「そよかぜの家」によるパン販売があります。
「喫茶 るうぷ」は、ランチをはじめ、ソフトクリームや飲み物など60を超えるメニューがあります。

私のお勧めは、まずは、一杯ずつドリップする香り高いコーヒー。
そして、なんと言ってもソフトクリーム!
暑い夏、7種類ある中から、その日の気分でソフトクリームを選べます。

また、アトリームでは、「そよかぜの家」が毎日焼きたての餡パン・クリームパンやお総菜パン、ラスクなどを販売しています。

そのほか、曜日によってクッキーやシフォンケーキの販売もあります。


ショッピング

障害者事業所「豊能障害者労働センター」が運営する「ゆっくり」では、様々な雑貨を販売しています。

「ゆっくり」は、「喫茶るうぷ」とともに、ライフプラザ開設以来の老舗です。
介護用品をはじめ、オシャレな陶器や子どものおもちゃ、洋服や日用雑貨、本や雑誌なども販売しています。ちょっとしたウィンド・ショッピングをお楽しみいただけます。お昼には、お弁当の販売も!



「ゆっくり」のスタッフの皆さんは、笑顔が素敵で、お話上手。
何も買わなくても、涼みがてら、お話に花を咲かせるのも楽しいですよ!

いかがでしょうか。
「集う」「寛ぐ・憩う」「遊ぶ」「飲む・食べる」「ショッピング」の5つを一度に楽しめる、時にはコンサートが開催されるクールスポット「みのおライフプラザ」。是非、お越しをお待ちしております。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


心からお見舞い申し上げます

2018年07月09日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

6月18日 大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震に続き、九州地方から中部地方までの広い範囲で何十年に一度の大雨による災害が発生しました。

箕面市では、地震により屋根瓦がずれ落ちたり、壁にヒビが入るなど家屋の一部損壊被害が発生し、復旧に取り掛かられた矢先、7月5日からの大雨に見舞われました。

この大雨では、広島県や岡山県では大規模な被害が発生し、80人を超えるかたが亡くなられ、多くのかたが被害にあわれました。

箕面市は、大雨による被害は少なかったものの、止々呂美や小野原西の一部をはじめ、土砂災害警戒区域に避難勧告や避難指示が発令され、多くのかたが避難所へ避難されました。

お亡くなりになられたかたのご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害にあわれた皆さまに心からお見舞い申し上げます。


箕面市では、地震や風水害が発生した場合、直ちに災害対策本部を立ち上げ、箕面市防災計画に基づき様々な対策部が設置されます。
私たち健康福祉部は、保健福祉対策部に属し、福祉的支援が必要なかたへの対応や、社会福祉協議会などとの連携を行います。

今回の災害では、何らかの支援が必要な高齢者や障害者の避難所への搬送をはじめ、福祉的配慮が必要なかたで、通常の避難所では避難生活が困難なかたを対象とした避難場所の確保などを行いました。

また、被災されたかたや災害の恐怖から来る心的ストレスを抱えるかたのお話をお伺いし、必要に応じて医療機関をご紹介することを目的に「こころとからだの健康相談」の窓口を設置し、土日を含む毎日午前9時から午後6時まで保健師による電話相談・訪問を実施しています。(電話番号 072-727-9507)

この取り組みにあたっては、大阪府こころの健康相談センターと大阪府池田保健所からのご協力をいただき、相談にあたる保健師や福祉職等の研修を実施したところです。

この研修には、箕面市だけでなく、他市の保健師さんや福祉サービスの提供事業者のかたなどにも参加していただきました。

また、箕面市社会福祉協議会では、災害ボランティアセンターをみのおサンプラザ1号館1階に立ち上げ、地震によるがれきの撤去、家の片付け、ごみの移動など困っているかたにボランティアの派遣調整を行い、また、お手伝いいただけるボランティアスタッフの募集と登録も行っています。
(お問い合わせ先電話番号 080-2459-1900または080-2459-1901)

写真は、社協職員がボラセンを立ち上げ準備しているところです。

立ち上げ後の災害ボランティアセンターの活動状況ですが、今月8日(日)現在、がれきの撤去や家の片付けの依頼が88件、ボランティアさんの派遣がのべ93人となっています。

箕面市内では、9日現在でも一部地域に避難指示・避難勧告の発令が継続されています。
当該地域にお住いの皆さまには、ご不安が大きいことと思います。
また、被害にあわれた皆さまには、大変なご心労とご負担があることと思います。
重ねてお見舞い申し上げますとともに、市として災害対応に関係機関とも連携し、全力を尽くしてまいります。

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄付できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します