部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

第3回定例会が8月31日から始まります

2018年08月06日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

6月には震度6弱の大地震、7月上旬に記録的な大雨、その後の異常な高温に続き7月末には異例のコースを取った台風12号の襲来と、本当にこれまでにあまり経験がないような気象状況が続き、想像を超えるような威力で各地に大きな被害をもたらしています。まだ、こらからもゲリラ豪雨や台風の季節が続きます。市内において、大きな自然災害が発生しないことを願っていますが、このような近年の気象状況の中にあっては、何時何が起こるか分かりません。みなさんも、万一のために十分な備えをお願いします。

さて、市議会も第3回定例会が今月の24日に招集が告示され、8月31日から10月15日まで、46日間の会期で開催が予定されています。
今定例会の会期日程は次のとおりです。

  8月17日  決算関係の議案発送
      24日    第3回定例会招集告示(条例、予算等の議案発送)
       29日  第6回議会運営委員会
       31日    本会議(条例、補正予算、決算上程・説明・質疑・付託など)
  9月  4日    常任委員会(付託議案審査)
    ~  7日
      14 日    常任委員会(決算審査) 
   ~20 日   
10月  1日    第7回議会運営委員会
        3日    本会議(各委員長報告・討論・採決  一般質問)
        4日    本会議(一般質問)
        5日    本会議(役員選出)
        9日    本会議(役員選出)
      10日    本会議(役員選出)
      15日    本会議(役員選出)

今定例会では、通常の条例や補正予算などの通常議案の審査に加え、平成29年度の決算についも審査されること、また、議会における正副議長をはじめとする各役員の改選が行われることから、他の定例会よりも長い会期となっています。
是非、傍聴にお越しください。
また、本会議、委員会ともにライブ中継も録画もインターネットで放映しますので、傍聴に来られなかった皆様は、是非ご覧ください。

                                          → 視聴はこちら


議会基本条例案のパブリックコメントを終了しました

7月31日まで募集いたしました議会基本条例案に対するパブリックコメントでは、16人の方からご意見をいただきました。いただきました意見につきましては、市議会で内容を検討の上、市議会としての考え方などを9月18日に市議会のホームページなどで公表いたします。ご意見をいただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

大阪府市議会議長会の研修会に参加しました


今回の研修会では、東京都町田市議会議員で落語家の三遊亭らん丈氏が講師で、地方分権改革における議会のあり方や地方議会の改革についてお話がありました。
らん丈氏の経歴ですが、1981年に大学を卒業された後、三遊亭円丈師匠に入門され、その15年後の1996年に真打ちに昇進されたとのこと。その後、2006年に町田市議会議員に初当選され、現在、4期目を努められており、議員活動の合間を縫って講演や落語活動に勤しんでおられるそうです。また、大学卒業後もたくさんの大学院等で勉強されているとのことでした。
講演では、第1次分権改革から第29次地方制度調査会の「今後の基礎自治体及び監査・議会制度のあり方に関する答申」について、議決事件の拡大、議会の監視機能、議会活動の透明性、議会事務局、議員定数などの説明がありました。
また、都道府県議会制度研究会の中間報告についてもお話があり、改革の方向性として、次の17項目の説明がありました。


 1 議長に議会招集権を付与
 2 閉会中の委員会活動にかかる制約の撤廃
 3 議会の内部機関の設置の自由化
 4 議決権の拡大
 5 調査権・監視権の強化
 6 議会の附属機関の設置
 7 議会事務局の機能の明確化
 8 議長に議会予算執行権の付与
 9 議長に議会棟管理権の付与
10 議会の議決による執行機関への資料請求権の保障
11 委員会の議案提出権の付与
12 常任委員会への議員の所属制限の撤廃
13 議長による委員会委員の選任の特例
14 専決処分の要件の見直しと不承認の場合の首長の対応措置の義務化
15 予算修正権の制約の緩和と予算の議決科目の拡大
16 決算不認定の場合の首長の対応措置の義務化
17 議会議員の公選職制度の創設と議員報酬の歳費化


これらの内、既に、いくつかは制度化されているものもありますが、引き続き議会機能の活性化と充実が必要との報告であるとのことでした。

 

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、12月1日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは10月31日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                                   → 応募の詳細はこちら

 

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


議会基本条例のパブリックコメントを募集中

2018年07月11日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

先月には、市内で震度6弱を記録する北大阪地震が発生し、その2日後には大雨警報が出るといった非常に危険な状況にありました。また、この地震が第2回定例市議会の会期中にあったということで、残された会期での議会運営をどうするかといった、非常に難しい判断が求められました。市議会としては、この緊急時、市が災害対応に追われている中、市内の被災の状況やそれへの対応状況、余震の発生の可能性などを総合的に検討した結果、市を上げて災害対応と復旧作業に取り組むことを最優先るべしとの結論にいたり、今会期中に必ず処理しなければならない案件のみを処理することとし、本会議での一般質問については取りやめるといった決断をしたところです。
また、先週は、先月発生した北大阪地震で地盤が緩んでいるところに、水曜日から長時間にわたる記録的な大雨となり、土砂災害の警戒区域などに避難指示や勧告が出されるなど、大きな災害がいつ発生してもおかしくない状況が続き、緊張した中での災害対対応が続きいました。幸いにも本市では大きな被害はありませんでしたが、各地で多くの犠牲者が出るなど空前の大災害となりました。依然として、行方不明者の捜索活動が続いていますが、お亡くなりになられた方々のご冥福と一日も早い復旧復興を心からお祈りいたします。

 


議会基本条例(案)のパブリックコメントを実施中

 

市議会では、本市の議会基本条例の第3回定例会(9月議会)での議決を経て10月中の制定を目指し、7月2日から7月31日まで、同条例案のパブリックコメントを行っています。

                                     → 募集の詳細はこちら

 

 

市議会では、他の地方議会で次々と議会基本条例が制定されていく中、基本条例ありきではなく、先ずは行動する、出来きることをしっかり実践するということを基本方針とし、議会のインターネット中継、市民との意見交換会の開催、請願者の意見陳述の機会の確保、議員間での自由討議の実施など、試行錯誤を重ねながら様々な取り組みを実践し、箕面市議会としての一定の形を作り上げてきました。そのような組みを進める中、市議会は、これら実践を踏まえた現時点での集大成として、議会と議員の役割や基本的な事項を定める「箕面市議会基本条例」を制定することを決め、平成28年11月に議会基本条例制定作業部会を設置し議論を進めてきました。作業部会では、この間17回部会を開き条例の素案の作成に取り組み、作業部会で作り上げた議会基本条例(素案)を全議員で構成する議会改革検討会議で議論し成案として決定されました。

 

 

この条例は、議会と議員の活動の原則や基本的な事項、これまで議会が取り組んできた事項を例規として定めるもので、条例制定後は、この条例をベースに様々な活動がされることになります。議会の改革は、この条例が制定されたことで完了するというものではありません。条例制定後は、しっかりとこの条例の趣旨や目的を踏まえた活動が求められることはもちろんのこと、時代の変化に応じてその内容の見直しも行い、市民に開かれた信頼される議会を将来に渡って目指していくものです。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、12月1日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは10月31日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

また、8月15日号にご応募くださいましたみなさま、本当にありがとうございました。

 

                                   → 応募の詳細はこちら

 

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


引き続きの警戒を

2018年06月21日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

本市議会の今定例会も常任委員会に付託された議案の審査が終わり、25日の議会運営委員会と28日29日の本会議を残すのみとなりました。
今定例会では、会期中に震度6弱の地震が本市を襲いましたが、幸いにも本市では、この地震による送水管の破裂で一部地域において一時的な断水はあったものの、命にかかわるような大きな被害は発生しませんでした。しかし、余震が続く中、昨日には地震で地盤が緩んでいところに長時間にわたり雨が降るなど、土砂災害の危険性がまだまだ続いています。市では引き続き警戒と対策に当たっているところです。みなさんも引き続き警戒に務めていただきますようお願いします。

 


全国市議会議長会定期総会が開催されました

5月30日に第94回全国市議会議長会定期総会が東京国際フォーラムで開催され、内海議長と参加しました。


会議では、会長の開会挨拶の後、内閣総理大臣や衆参議院議長をはじめとする来賓の方々の挨拶で始まり、昨年度1年間の一般事務報告や地方行政委員会ほか6委員会からの事務報告がなされたました。その後の、議案審議では、各地域から国への要望事項として次のような事項について提案があり、それぞれの要望内容について説明がなされ、協議の結果いずれも提案のとおり国に要望していくことに決まりました。

【震災・災害関連の要望事項】
 1 東日本大震災からの早期復旧・復興について
 2 原子力発電所事故災害への対応について

【地方行財政関連の要望事項】
 1 今後の市町村議会のあり方について
 2 地方選挙における投票時の移動支援に要する経費の全額措置について
 3 北方領土問題の早期解決等について
 4 日米地位協定の抜本的な改定について
 5 市町村役場機能緊急保全事業制度の延長について

【社会文教関連の要望事項】
 1 国民健康保険広域化に伴う財政支援の拡充について
 2 地域の医師不足、偏在の解消について
 3 国と地方が連携した質の高い幼児教育・保育環境の推進について
 4 保育サービスの受け皿整備と質の確保について
 5 「教員の働き方改革」を求める要望
 6 関西の地方創生と活性化について


【建設運輸関連の要望事項】
 1 社会資本整備総合交付金の予算拡充について
 2 日本海沿岸東北自動車道の整備促進について
 3 所有者不明土地対策について
 4 老朽危険空き家除却支援の拡充について
 5 道路交通網の整備促進について
 6 首都圏中央連絡自動車道の早期4車線化について
 7 高速道路網の整備促進について
8 都市の成長力強化、活性化、安全・安心の確保につながる道路等社会基盤整備に
    ついて
 9 九州における高速交通網等の整備備促進について
10 北陸新幹線の早期完成について
11 山陰への高速鉄道の実現について
12 JR北海道の経営再建及び路線維持に向けた支援措置について
13 並行在来線への支援措置について
14 地域公共交通を維持するための財源の確保と支援の拡充について
15 クルーズ客船寄港に向けた港湾施設の整備について

また、会長からは次のような決議案が提案され、全会一致で原案のとおり決議することになりました。

【決議案】
  1 地方創生及び地方分権の推進に関する決議
  2 地方税財源の充実確保に関する決議
  3 地方議員のなり手の確保に関する決議
  3 防災・減災対策の充実強化に関する決議
  4 東日本大震災からの復旧・復興に関する決議


その他、今年度の議員表彰においては、本市の内海議長が全国市議会議長会の国会対策委員会の委員の職を務められ、その功績に対して感謝状が授与されました。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、8月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは6月30日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                → 応募の詳細はこちら

 

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


第2回定例会がまもなく開会

2018年05月29日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。

先週の後半ぐらいから気温もグッと上がり暑くなってきました。
いよいよ蒸し暑い梅雨の季節。既に、沖縄・奄美・九州・四国地方と次々に梅雨入りし、平年より早い梅雨入りとなっているようです。近畿地方の平年の梅雨入りは6月7日頃。全国的に早めということになれば、近畿地方の梅雨入りも近いのかもしれません?
今のうちに冬物の洗濯と衣替えを済ませておきたいものです。
また、季節の変わり目のこの時期、体調を崩されないよう十分にご注意ください。

 

平成30年第2回定例会がまもなく開会

さて、平成30年第2回定例会が6月8日から6月29日までの22日間の会期で開会します。

会期等の日程は、次のとおりです。

 6月 1日    招集告示(議案送付)
        6日    第4回議会運営委員会
         8日      本会議(第1日)  条例、補正予算等上程・説明・質疑・付託
     12日     
    ~      常任委員会
   15日
      25日    第5回議会運営委員会
   28日   本会議(第2日)  委員長報告・討論・採決、一般質問
   29日   本会議(第3日)  一般質問

これらの会議は、市のホームページで動画を配信しますのでご覧ください。
                                          → 動画はこちら

 


議会基本条例(案)のパブリックコメントを7月に実施

市議会では、これまで市民に開かれ信頼される議会を目指し、議会のインターネット中継や市民との意見交換会の開催など、様々な議会改革に取り組んできました。また、その取り組みの現時点での集大成として、平成28年11月に議会基本条例制定作業部会を設置し、議会と議員の役割や基本的な事項を定める「箕面市議会基本条例」の制定に向けても議論を進めてきました。作業部会では、この間17回部会を開き条例の素案の作成に向け議論をしてきましたが、今般、作業部会での議会基本条例(素案)が完成しました。この後は、全議員で構成する議会改革検討会議での議論を経て最終的な条例案としての決定を受けた後、7月2日から7月31日までパブリックコメントを行い、第3回定例会(9月議会)での議決を目指して進めています。

 

 

 


この条例は、議会と議員の活動の原則や基本的な事項、これまで議会が取り組んできた事項を例規として定めたもので、条例制定後は、この条例をベースに様々な活動がされることになります。議会の改革は、この条例が制定されたことで完了するというものではありません。この条例の趣旨や目的を踏まえたしっかりとした活動が求められることはもちろんのこと、時代の変化に応じてその内容の見直しも行いながら、市民に開かれた信頼される議会を目指してこれからも取り組んでいきます。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、8月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは6月30日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                → 応募の詳細はこちら

 

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


各種団体との意見交換会を開催しました

2018年05月09日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局の中井です。
今年のゴールデンウイーク。風が強い日もありましたが、概ね、お天気にも恵まれ爽やかな日が続きました。遠くへ旅行された方、近場ですまされた方、家で過ごされた方、色々な過ごし方があったかと思いますが、長い休日を満喫されましたでしょうか?終わってみれば長い休日もあっという間に過ぎてしまったようにも感じます。
5月からはクールビズもはじまりました。日中はかなり暑くなってきましたが、朝晩はまだ肌寒い時もあります。1日の中でも寒暖の差がある中、体調管理には十分ご留意ください。

 

各種団体との意見交換会を開催

4月25日に箕面商工会議所青年部のみなさんと総務常任委員会の委員のみなさんとで意見交換会を開催しました。

開催の冒頭、神代委員長から意見交換会開催の趣旨が説明された後、青年部の会長さんから青年部の活動についての説明を受け、北大阪急行線延伸、観光振興、商業の活性化をテーマに意見交換が始まりました。
まず、北大阪急行線延伸に関しては、延伸後の萱野を中心とした箕面市内の東西を結ぶバス路線網の整備に期待している。(仮称)新箕面駅周辺は自然も豊かで環境も良く、道も整備され自転車も通りやすくなると思うが、箕面市の方ではレンタサイクルを置くような構想はあるのか、併せて、駅周辺の駐輪場の設置などはどのようになっているか。といった意見が出されました。また、地下鉄の御堂筋線と直結することから、観光客も来やすくなる。非常に大きなチャンスである。市としてインバウンドの誘致といった戦略は考えているか。団体旅行は、箕面の観光ホテルに任せればいいが、個人旅行者の外国人相手には、個人商店が頑張って商売していくような施策を市と一緒にとっていく必要があると考えるが、そういったブランド戦略的なものを考えているのか。そういったことをPRしていくのであれば、例えば、ドローンなんかで山からまちまでの市の全体的な景観を撮影してオーロラビジョンなどを設けて駅前で流しておくとかすれば、他市から来た人や外国人に対してもPRになるんではないか。そういった仕掛けがあれば良いなあと思う。といった意見が出されました。
その他にも、阪急箕面線の沿線の飲食店が「はしご酒」というイベントを開催しているが、それに取り組んでいる人たちは、商売抜きの祭り感覚で熱い思いをもってやっていて、我々もお手伝いできないかと考えている。市ともタイアップして周辺の人たちを巻き込んで、また、阪急バスや電車も巻き込んでやれないかと考えている。
その他にも箕面の滝道や本通り商店街の活性化、箕面まつりのあり方、みのおツリーの今後などについても様々な意見が出されました。
また、議員さんの方からもテーマに上がった様々な問題や取り組みに商工会議所の青年部のみなさんも積極的に関わってもらい若い力を存分に発揮してもらえることに期待しているとの意見が出されていました。

また、4月27日には、箕面市美術協会のみなさんと文教常任委員会の委員のみなさんとで意見交換会を開催しました。

開催の冒頭、牧野委員長による趣旨説明の後、美術協会の会長さんから協会の現状と課題について説明を受け、テーマに沿って意見交換が始まりました。
新駅に設置予定のギャラリーについては、市議会にも市にも以前に要望書を出しているが、それが少しずつ実現してきたのかなあと思っている。新駅ギャラリーの設置に関しては、計画段階からの参画、デザインをしている段階から私たちの会が参画する必要があると思っている。また、事業の経営という点については、堪能ではないが運営団体として参加することで、上手く施設を活用していきたい。
ギャラリーには、工芸品とかも置けるように、壁面だけでなく机上の展示場も考えてもらいたい。といったような意見が出されました。
また、市が所蔵している美術作品の管理と活用については、所蔵品のリストは、市の教育委員会が把握しているのではないか。定かではないが、第二中学校の上の水道施設に所蔵されていると聞いている。箕面市内の市立病院、ライフプラザ、聖苑などの各施設に協会の会員の作品が飾られているが展示作品も傷んできている。今後、市立病院が船場に移転するが、他都市の公立の病院などに行くと地元の美術協会の会員の作品が壁面に一杯飾られているところもある。そのような所蔵作品の活用が必要だと考えている。そのためにも額の修復など、必要な予算の確保をしてもらいたい。といったような意見も出されました。

また、市民展については、市民展の予算の手当が薄く、思うようなことができない。
昨年、市民展の60周年だった。そこで60回の記念だから何かやろうと提案したが、市は予算がないということであっさり終わった。昔は参加賞まであった。市民展は美術協会だけでやってるのではない。箕面市、箕面市教育委員会も関わってやっているので、何かチョットしたことをして、市民展を盛り上げる必要があるのでは。お金がないで終わるのではなく、何か工夫がほしい。といった意見や他市の市民展では、絵画の中でも部門を分けて部門毎に賞が出されている。また、他市の者の出品も認めているところもある。箕面は、美術協会のまとまりがいいから市民だけの市民展をやっている。その点は箕面の良いところであるが、先ほどにもあったように、市民展を盛り上げていくには、参加賞みたいなものがあった方が良い。
その他、写真展の開催案内をこれまで公園の掲示板などに掲載していたが、掲示板が老朽化のために撤去された。なかなか我々には市民のみなさんに展覧会を案内する機会も術もないので、なんとかならないか。といったような意見もありました。
また、生涯学習センターなどの施設の利用については、部屋の確保が難しくなってきている。美術室は、美術創作をすことを前提に部屋が作られている。しかし、実際には、部屋ごとの利用方法に決まりがないので、何に使ってもいいことから、どうも美術に関係のない団体が、美術室を美術以外の目的で使用しているようで、実際に美術のために使用しようとしている者に部屋が回ってこないことが多くなっている。運営の問題として、何とかならないか。といったような意見の他にもたくさんの意見が出されました。

市議会では、このよに各常任委員会毎で、それぞれが所管する事務事業に関連する団体と団体の現状や課題、市の施策に対する要望や意見などを掘り起こしていくことを目的に意見交換を実施してます。これらの意見交換会で出された意見等については、市民の代表者である各議員が市議会で取り上げ、市の施策や事務事業の改善などにつなげています。

 

議会だより「ささゆり」の表紙写真を募集しています

現在、8月15日号の表紙写真を募集しています。
締め切りは6月30日です。
たくさんのご応募、お待ちしています。

 

                → 応募の詳細はこちら

 

 

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。