埼玉県ふじみ野市の仏壇店 仏壇のあすかの店長の日記

埼玉県ふじみ野市の仏壇のあすかで仏壇、仏具を販売しております。日常の出来事や感じたことを徒然に綴っていきたいと思います。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇と墓石」

2017年05月31日 | 日記
初めて仏様がおられる時はお仏壇と墓石の購入が検討されます。




四十九日の法事の際、お仏壇に入れる本尊様、脇本尊様、本位牌に

御霊入れをお寺様にお願い致します。




また、お墓の工事が間に合えば、一緒に納骨も済ませます。




ただ、最近はすぐに納骨をするのではなく、一時期、ご自宅で

保管する方がやや増えている傾向にある様に思います。




お仏壇の造りにもよりますが下台付きのものであれば

下台の収納部にお骨を納めたりします。




お仏壇のメーカーも最初から収納できるように寸法を考えて

作る様になりました。




その背景には価値観の変化や経済的な理由が考えられます。




時代の流れで、お仏壇と墓石のあり方が、どんどん変化しています。




お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/
コメント

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇と盆提灯」

2017年05月29日 | 日記

今日も埼玉は28度と早くも夏を感じさせるような陽気(?)と

なっております。




夏と言えば、プール、お祭り、花火、夏休みと連想されますが

お盆も忘れることが出来ません。







8月13日(東京では7月)から8月16日の間

お仏壇とは別にお盆だなを組んで頂きます。




13日にお墓参りに行かれまして焼香に使用した火を

お迎えの提灯に移してご自宅に帰ります。




玄関先でおがらとホウロクでもって迎え火を焚いて

頂きます。




お盆だなの中央には十三仏の掛軸を掛けて頂きまして

手前にお位牌を祀って頂きます。




お仏壇はあの世という極楽浄土を具現化したものです。

お盆の間、我々の居る娑婆世界(しゃばせかい)に仏様が

戻ってくるといいます。




お盆の間はお仏壇からお位牌を出して盆だなに祀って

お線香をあげて頂きます。




なすとキュウリで作った牛、馬は、馬のように早くやって来て

牛の様にゆっくりと帰っていってね、という思いが込められています。




8月16日は玄関先で送り火を焚いて頂きます。




「また来年も帰って来てね」という思いを込めて・・・・




新盆の場合は白い無地の提灯を飾りますが、盆だなには別に

柄のはいった提灯を飾って頂きます。




天井から吊下げるタイプとタタミなど床から置くタイプと2種類あります。




最近の住宅事情を考えて、お盆提灯も小さくて可愛らしいものが

増えてきております。




お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/
コメント

埼玉県の仏壇店のあすか 「神棚と仏壇 2」

2017年05月27日 | 日記
「うちは神道だけど神棚があるから大丈夫なのよ」
とおっしゃるお客様がいらっしゃいます。

ですが、本来ですと仏教でいう御位牌にあたる
霊爾(れいじ)または御霊代(みたましろ)は祖霊舎(それいしゃ)
に祀って頂くのが本来の形になります。

または神徒壇を用意して祀って頂きます。

亡くなられた方はその家の守り神となられます。

仏教ですと四十九日の法要がひとつの区切りに
なりますが、神道では五十日祭になります。

お仏壇のあすかのホームページもご覧下さい。
http://www.butsudan-a.com/
コメント

埼玉県の仏壇店のあすか 「神棚とお仏壇」

2017年05月26日 | 日記
「神棚がある部屋にお仏壇を置くんだけど大丈夫かしら?」
とお客様よりご質問を頂くことがあります。




「同じ部屋で問題はありません。」と私。




「ただ、お互いが合い向かうような置き方は避けた方がよろしいですよ。」と
お話させて頂きます。




というのは片方を拝んでいるときに片方におしりを

向けることになるからです。




東北地方では仏壇が入る仏間の上に天袋を用意して
その中に神棚を入れる方が多いそうです。




ですので同じ向きに神棚とお仏壇を置けばよろしいかと思います。


また、ご新築を機に神棚とお仏壇を新しくされる方がいらっしゃいます。

新しいお家に新しいお仏壇と神棚・・・




納品させて頂く私たちもすがすがしい気持ちになります。




「仏様と神様が一番」ということで気にされる方は
ご自身が引っ越す前に、先にお仏壇と神棚を設置するように
ご依頼頂くことがございます。




お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/
コメント

埼玉県の仏壇店のあすか 「洋間に置くお仏壇」

2017年05月25日 | 日記
アメリカの大統領のトランプさんは自身に捜査の手が及ばないように
FBIの長官を罷免したとかしないとか。




また隣国の北朝鮮に至ってはミサイルの実験を繰り返して
中国の言う事を聞かなかったりとか。




一国のリーダーたるべき人が自身の保身に必死になっている感が
いなめません。




時代は変化してるのに人間のやっていることは昔から
そんなに変わらないような気が致します。




時代の変化にともないお仏壇はデザイン、サイズが
どんどんと変化しております。


タタミのある和室に置くことが多かったですが
最近はフローリングの洋室にお仏壇を置くことが
多くなりました。




組み合わせとしては洋室には家具調のお仏壇が馴染みます。

使用されている素材もウォールナット、メープル、サペリ、タモ材が
採用されるようになりました。




照明は標準装備でLED球、ダウンライトが使用されています。

唐木仏壇に見られるような彫刻の類はほとんどありません。




あくまでもスッキリとしたデザインで年を経るごとに小型化の
傾向が強くなっていきます。


お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/
コメント