埼玉県ふじみ野市の仏壇店 仏壇のあすかの店長の日記

埼玉県ふじみ野市の仏壇のあすかで仏壇、仏具を販売しております。日常の出来事や感じたことを徒然に綴っていきたいと思います。

埼玉県の仏壇店のあすか    「床の間を仏間として使用していいの?」

2018年02月19日 | 日記
ピョンチャンオリンピックで羽生結弦選手が見事に金メダルを

とりました。




瞬間視聴率が46パーセントという事で私たち日本国民の

関心が高かったことがうかがえます。




そのオリンピックに付きものと言っていいのが国際外交です。

北朝鮮に対して日本と韓国が接触しました。




いい方向に向かうといいですね。




さて、付きものと言えば和室には必ずと言っていい程

床の間があります。




床の間というと掛軸や壺(つぼ)などの置物があるスペースという

印象が強いかと思います。




実際、掛軸とかが飾られていたりします。

またその一方で違うものを置いておく収納スペースに

なっていたりもします。




お客様とお話しさせて頂く時にお仏壇を床の間に

置いても大丈夫なのかというご質問を受けることがあります。




結論から申しますと大丈夫です。




地域性もありますが最近は最初から仏間を設けるお家は

少ないです。




ですので、いざお仏壇を購入してどこに置こうかと迷った場合

タタミやフローリングの上ですと場所をとります。




床の間であれば寸法に合っていれば、そこに収まってしまいます。




私個人の感想ですがなにもないところにポツンと置くより

床の間に置いた方が見た感じが立派になります。







お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/
コメント