スタッフ 制作日記

芸術監督西本智実とイルミナート
による舞台の制作日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第25回 イルミナート教育プログラム  「オペラワークショップ 修道女 アンジェリカ」~感想~

2017年12月13日 | イルミナート教育プログラム

2017年12月9日(土)

東洋文庫ミュージアムで行われた

第25回 イルミナート教育プログラム  「オペラワークショップ 修道女 アンジェリカ」を

ご覧になられた方から感想をいただきました。

一部ご紹介いたします。

----------------------------------------------------

 

修道女アンジェリカのワークショップを拝見しました。


プッチーニの音楽は本当に美しいですね。粗筋だけでは分からなかったことが伝わってきました。

敬虔で理知的なアンジェリカが、どうしても子供への愛を断ち切れないこと、

その子を失って悲しみのあまり自ら死を選んだことを、

「それは罪ではない」と聖母マリアは許すのだと。

愛する者を抱きしめたいと望むこと、絶望して罪を犯すこと。

追い詰められた人々の苦しみをマリア様は共に悲しみ、愛をもって包むのでしょう。

私はカトリックの教えを知らず、マリア信仰についてよく分かっていませんでした。

このオペラを見て、苦しむ者に寄り添い、愛と共感をもって救う存在と感じました。

またその悲しみと苦しみの深さを思いました。

ロシア語にペレシバーニエという言葉があるそうですね。

芸術作品に込められた想いは何度も時を越えて繰り返されるのですね。

1000年前の和歌も、100年前の物語も、その時に一瞬でつながってしまう。

今このときに、同じ空を見て、同じ涙を流すように。

今年も残り少なくなりました。寒さ厳しい折、どうぞご自愛くださいますように。

M

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ☆ヴァチカン国際音楽祭に参加... | トップ | 第3回帝国ホテル芸術祭 »
最近の画像もっと見る