スタッフ 制作日記

芸術監督西本智実とイルミナート
による舞台の制作日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【INNOVATION OPERA「ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜」】リハーサル

2018年03月17日 | リハーサル

本日3月17日は【INNOVATION OPERA「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」】

のリハーサル。

 

芸術監督を務める西本智実のもと、
合唱リハーサルから始まりました。


続いて西本による舞台設定の説明の後、

俳優陣の佐久間良子氏、青山達三氏も加わっての荒立ち稽古。


西本の譜面台には楽譜と台本が置かれ、

合唱はもちろん、俳優陣への演出、照明や美術等々、

舞台スタッフへの指示も同時進行で行われ、

“INNOVATION OPERA”の舞台が、立体的に組み立てられて行きます。

 


小野小町役 佐久間良子氏、従僧役 青山達三氏には音楽が、

そして合唱メンバーには、俳優陣の演技や呼吸が、

それぞれが持つ舞台の世界観が流れ込んでゆきます。


マエストロ西本智実のもと、

音楽と演劇が有機的に結びつけられ、

リハーサルが進むにつれて相乗効果がぐんぐん増してゆきます!

東京公演に向けて、今後の展開がますます楽しみです!!



この記事をはてなブックマークに追加

ヴァチカン国際音楽祭2017 リハーサル

2017年11月05日 | リハーサル

今年で5年連続の招聘となるヴァチカン国際音楽祭2017へ向けて、

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団のメンバーは、

11月2日に成田を発ち、ヴァチカンへと旅立ちました。

 
翌日11月3日から、ヴァチカン国際音楽祭2017へ向けて現地リハーサルが始まりました。
会場はサンタンドレア デッラ  ヴァッレ教会。
オペラ「トスカ」の舞台ともなった教会です。
 
 
 
 
教会を訪れる方々も、大勢いらっしゃり、
足を止めて、リハーサルに聴き入っていました。
 
リハーサル終了後、教会の扉を開けると、
雨上がりの淡い夕べの空に浮かぶローマの街が広がっていました。
 
徒歩でリハーサル会場からホテルへ移動する途中にも教会が点在しており、
多様な言語が飛び交い、様々な掛け声や笑い声や話し声が飛び込んできます。
遥かに重ねられる“祈り”と、
“今”を生きる人々の命の煌めきが隣り合わせにあることを感じさせられます。
 
 
そして翌日11月4日は、カトリックの総本山 サンピエトロ大聖堂でのローマ教皇代理ミサです。
 
 
今年で5年連続の招聘となるヴァチカン国際音楽祭2017。
2年目からは、マエストロ西本智実がヴァチカンより名実ともに評価され事もあり、
イルミナートに与えられたサン ピエトロ大聖堂におけるミサは、
ローマ法皇の名による公式ミサですので、ヴァチカンの記録に末永く記録されます。
そして、今年はイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団合わせて272名が参加。
また、日本から鑑賞でお越しくださる方々が53名。総勢325名!
 
リハーサルもミサと同じ
カトリックの総本山 サン ピエトロ大聖堂で行われます。
 
年々厳しさを増すセキュリティ検査を受けて、ヴァチカン領内のサン ピエトロ大聖堂へ。
オーケストラ&合唱団272名にスタッフを合わせると約300名が入国するには相当の時間がかかり、
リハーサル開始ギリギリにスタンバイが完了しました。
 
 
サン ピエトロ大聖堂の祭壇の前でのリハーサルは、
昨日より格段に高まりをみせる集中力と熱が伝わってきます。
 
 
 
 
リハーサルが終了すると、少しの休憩をはさんで【ローマ教皇代理ミサ】
参列される方々も続々と着席されています。
 
続く
 
 



 


 


この記事をはてなブックマークに追加

舞台が出来上がりつつあります

2017年09月29日 | リハーサル
【ストゥーパ~新卒塔婆小町~】
 
本日より本番に向けて、富山オーバードホールにてのリハーサル、ゲネプロ等が始まります。
朝から大道具、舞台装置、オーケストラ楽器の搬入が次々行われ、
舞台はみるみる内に【ストゥーパ~新卒塔婆小町~】の『幽玄の世界』か作られて行きました。
 
紗幕などの大道具が入ると、今までの稽古場での空気とは全く違って臨場感が増します。

 

(※制作途中です。)

マエストロ西本が創る『幽玄の世界』
出演者、オーケストラ、合唱、照明、音響、大道具、字幕、
全てが揃う今夜のリハーサルが待ちどうしくあります。

この記事をはてなブックマークに追加

【ストゥーパ新卒塔婆小町】初演間近に

2017年09月28日 | リハーサル
世界初演の日を10月1日に富山オーバードホールで迎える【ストゥーパ新卒塔婆小町】いよいよ本番まで4日となりました。
 
ここ富山に出演者、舞台スタッフ、舞台装置などが集まり総稽古が始まりました。
 
稽古場には各新聞社や放送局などの取材撮影も入り、益々稽古は熱を帯びてきます。
 
マエストロ西本の描こうとしている【輪廻転生】の世界観がもう直ぐ舞台で観られる瞬間です。
 
その為に稽古では芸術監督である西本より
役者の動き、舞台の装置、1つ1つにも指示が飛びます。
 
出演者、スタッフ全員も緊張感が増します。
 
初演いよいよです!

この記事をはてなブックマークに追加

ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜お稽古

2017年07月17日 | リハーサル
 
 
 
昨日はストゥーパ〜新卒塔婆小町〜のお稽古。
 
日本を代表する大女優佐久間良子さん、新進気鋭の若手俳優木村了さん、
そしてイルミナートバレエメンバー玄玲奈さんによる立ち稽古です。
 
マエストロ西本智実が書いた台本が、
生身の人間の感情となり、言葉となってゆく様は、
台本とは別次元に移行する過程を目の当たりにし、
まさに“舞台は生きもの”であることを実感する出来事!
 
台詞の細やかな背景をマエストロ西本智実が説明し、
仕草や立ち位置もその場で決めて行きます。
顔の傾け方一つとっても、ほんの少しの違いで意味合いが変わってきます。
 
そして俳優陣の声色や息遣い、身体の熱が、
登場人物が生きている人間であることを、
強烈に訴え掛けてきます。
 
演出をはじめ、
同時に照明や衣装、小道具等々もマエストロ西本のもとに決められてゆきます。
まさに西本智実総合プロデュース・指揮の舞台、世界初演です!
 
昨日はドラマ部門のお稽古でしたが、
音楽部門も着々と準備が進められています。
先日のテレビ朝日の「白の美術館」で
ほんの少し紹介された洋楽器で和楽器の演奏をする試みも、
今後本格的に始動です!
 
マエストロ西本智実が総合プロデュース・台本・指揮を務める
 INNOVASION OPERA  ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜
世界初演は10月1日  オーバード・ホールにて。
 
オーバード・ホールHP
 
今後の展開が楽しみです。
 
そして今日7月17日23:00〜23:30 BS朝日「白の美術館」では、
取り組みへの様子も放送される予定です。
 
番組HP
 
是非ご覧下さい!
 
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加