スタッフ 制作日記

芸術監督西本智実とイルミナート
による舞台の制作日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第25回 イルミナート教育プログラム  「オペラワークショップ 修道女 アンジェリカ」~感想~

2017年12月13日 | イルミナート教育プログラム

2017年12月9日(土)

東洋文庫ミュージアムで行われた

第25回 イルミナート教育プログラム  「オペラワークショップ 修道女 アンジェリカ」を

ご覧になられた方から感想をいただきました。

一部ご紹介いたします。

----------------------------------------------------

 

修道女アンジェリカのワークショップを拝見しました。


プッチーニの音楽は本当に美しいですね。粗筋だけでは分からなかったことが伝わってきました。

敬虔で理知的なアンジェリカが、どうしても子供への愛を断ち切れないこと、

その子を失って悲しみのあまり自ら死を選んだことを、

「それは罪ではない」と聖母マリアは許すのだと。

愛する者を抱きしめたいと望むこと、絶望して罪を犯すこと。

追い詰められた人々の苦しみをマリア様は共に悲しみ、愛をもって包むのでしょう。

私はカトリックの教えを知らず、マリア信仰についてよく分かっていませんでした。

このオペラを見て、苦しむ者に寄り添い、愛と共感をもって救う存在と感じました。

またその悲しみと苦しみの深さを思いました。

ロシア語にペレシバーニエという言葉があるそうですね。

芸術作品に込められた想いは何度も時を越えて繰り返されるのですね。

1000年前の和歌も、100年前の物語も、その時に一瞬でつながってしまう。

今このときに、同じ空を見て、同じ涙を流すように。

今年も残り少なくなりました。寒さ厳しい折、どうぞご自愛くださいますように。

M


第20回イルミナート教育プログラム ワークショップ 『Stabat mater』

2017年02月03日 | イルミナート教育プログラム

前回の教育プログラム(オペラ 修道女 アンジェリカ)終了後から(2015.12より)、

フレンズではマエストロ西本智実の選曲による楽曲のリハーサルを始めました。

 

「くちなし」「Caro mio Ben 」「落葉松」「さくら横ちょう」別宮貞雄・中田喜直の両名の同一歌詞曲等、

1曲ずつ練習曲を増やしていきました。

時には楽典なども含めて勉強してまいりました。

その中に今回の発表曲「Stabat mater」がありました。

 

また、発表の場になりました「東洋文庫ミュージアム」は以前にマエストロが取材で訪れており、

何かの機会に使いたいと、事務局も早くから演奏会の為打ち合わせをしておりました。

 

そして「Stabat mater」と「東洋文庫ミュージアム」のコラボが実現しました。

大阪合唱団の指導者でも有ります、野上貴子さん、上島幸恵さんをソリストにお迎えして、

参加合唱団員が90名。

 

重厚感があり、響きの良い歌声とイルミナートアンサンブルによる演奏会。

 

100名を越える見学者の皆様から大きな拍手をいただきました。

演奏会終了後、マエストロも出席していただきました打ち上げ会も、

団員1人づつのコメントも、笑いを誘うものもあり和やかなうちに終宴を迎えました。

 

マエストロからの「高みを目指して!」の言葉に、

団員は気持ち新たに練習に励んでいく気持ちを固めておりました。

 

会場となりました「東洋文庫ミュージアム」では「ロマノフ王朝展」が開催されております。

「チャイコフスキーとロシア音楽」と題しまして、マエストロ所蔵の本・ポスター等が展示されております。

特別展示は3月13日(月)までです。

→ 東洋文庫ミュージアム


第18回 イルミナート教育プログラム 『オペラワークショップ “修道女アンジェリカ”』  その3

2016年04月08日 | イルミナート教育プログラム

2015年11月21日(土)発表の日を迎えました。

出演者の数名の有志が率先して早めに来て、設営の手伝いをかってでてくれました。

教会の関係者は、外回りの枯葉のお掃除をしてくださいました。

合唱団の人数分の椅子を確保し、図面上で試行錯誤しておりました見学者の方々の席も、皆さんの協力の元配置することができました。



アンサンブル席側もステージマネージャーの指示の元、準備が整っていきます。

教会所有の重要な飾り物も有り、動かすのにも細心の注意で。



合唱団員も集合時間よりも早く集まりはじめ、舞台となる教会に興味津々の様子。

リハーサルから合唱団員は衣装を着けて臨みました。

各自「靴」を用意しておりましたが、舞台として使用したい聖堂中央部分は聖なるところで「履物禁止」。

「靴」は履かないで行うことに統一しました。



12時より「場当たり」開始。ピアノの竹之内先生にリードしていただき、場面の登場者の立ち位置・出入りの確認をしました。

イルミナートフィルの皆さんも各自音出しを開始。


13時から西本智実によるオーケストラとオペラ全体のリハーサルが開始されました。

今まではピアノでのリハーサルでしたので、原曲オリジナルのオーケストラに慣れない箇所が明確になり、各自がピアノの楽譜だけで楽譜を読んできた事に今後の課題も浮かび上がってきました。

指導していただいている駒井先生もリハーサルから立ち会って、本番直前のアドバイスと最終確認事項のチェック。

上演時間、約1時間とオペラ作品では短い部類に入りますが、やはりそこはドラマがつまったオペラ。
オーケストラがドラマを運ぶ役割も多く、合理的かつ緻密なリハーサルをしながらの全体リハーサル。
その間に見学者の方々もお越し始めました。

短い休憩にトイレが長蛇の列に。こちらも心配の種です。時間内に間に合いますように。

秋の陽が傾き、窓越しに西日が差し込みます。さあ、始まります。

マエストロから「教育プログラムの発表ですから、何かあったら止めますからね。」の声に緊張と安心が混じり合いました。

イルミナートフィルが奏でる音楽。
熱のこもった歌声。

公演はとても短い時間に感じられました。

マエストロが「アンジェリカ」役の3人に拍手、合唱団席も立つように促されて、皆様から拍手。

合唱団員の達成感と安堵感の入り混じった良い顔、顔。

終演後は緊張から解き放たれたように一緒に学んできた団員同士の写真撮影が各所で始まりました。

手際良く、楽器の片づけ・運び出しが進み、
参加した団員みんなで元どおりの教会へ。

教会の皆様へ本日のお礼をして、楽しみにしておりました「打ち上げ会」の会場へ移動です。

2,3名のご都合が付かなかった団員を除き大勢の参加となりました。


マエストロも参加していただき、全員がマエストロの前で今日の感想・反省を熱く語りました。

「参加できて大変勉強になりました。」
「大変な役に挑戦させていただき、うれしく思います。」
「もっと勉強していきます。」

イルミナート合唱団として初のオペラに挑戦してまいりました。

マエストロ西本智実、駒井ゆり子先生、黒澤麻美先生、竹之内純子先生のご指導元、各自がステージアップ出来たような感触を得たようです。

引き続き研鑽を重ね次のステージに向けて進んでいこうと皆さん晴れ晴れしい面立ちの中、決意を新たにされていました。


第18回 イルミナート教育プログラム 『オペラワークショップ “修道女アンジェリカ”』  その2

2015年12月07日 | イルミナート教育プログラム

プッチーニ作曲『修道女 アンジェリカ』の発表の場が「聖パトリック教会」に決まり、配役決めに取り掛かりました。

 

役決めは団員の立候補制です。

やってみたい役が重なっても大丈夫。 一役複数人OK! 

オペラがはじめての方でも立候補しやすく、しっかり取り組める機会です。

さらにご指導いただいている、黒澤先生、駒井先生からも

「この機会だからこそやってみたら?」

「一人じゃなくて良いのだから」と、

イルミナートの教育プログラムであるこのワークショップをおおいに活用し、

一歩踏み出すよう力強いアドバイスもありました。

そして、リハーサルは進んでいきます。

今まで全員で歌っていた役を立候補したメンバーだけで歌うと、なんとも頼りない感じがするようです。

ピアノの竹之内先生から

「コレペティ稽古をしましょうか?」 

と提案があり

皆「是非、お願いします!」 。

すでに決まっていた「アンジェリカ」のリハーサル日以外に、

1回約30分、役によっては3回ほど竹之内先生にお稽古していただきました。


8月になると配役もほぼ決まり、

各役ごとリハーサルの前後で練習したり徐々に打ち解けあっている様子が見受けられるようになりました。

役によってはすでに暗譜している方もおり、まだ準備ができていない人たちに良い刺激も与え始めていきました。

発表時の衣装もそろそろ気になり、皆で提案し相談し、カタチになり始めていきました。


「暗譜でしょ。動きもあるのでしょ。立ち稽古にしましょう。」


小道具も役ごとに必要なもの用意が始まりました。

リハーサル時の受付は、

「これはどう思います?」

「こんなのあってもいいですか?」

毎回たくさんのアイディアが出てきます。

最終リハーサルはマエストロの指導日でした。

    

新宿村スタジオで、このオペラ「修道女アンジェリカ」の解説や歌もですが演技 のご指導も最終的に受け、

最後の一週間でまだまだやらなければいけない課題も山積です。

 

 事務局では教会の見取り図と向かい合い、

ステージマネージャーからいただいた アンサンブルの配置図から、

着席の見学席の50席をどこに設定しようかと、頭を抱えておりました。

今回の場所は教会ですし舞台と違って全体をご覧いただけるスペースの確保が難しい中、

マエストロ西本がいつも言っておられる『考えられる可能性を探り、最善を尽くす』をモットーに取り組みました。

 


第18回 イルミナート教育プログラム 『オペラワークショップ “修道女アンジェリカ”』  その1

2015年11月27日 | イルミナート教育プログラム
 
2014年9月から「アンジェリカ」のリハーサルはスタートしました。 
当初は「フレンズ」の発表の場として、参加はオペラがほとんど初めての「フレンズ」所属の 団員でした。 
 
オペラ作品を丸一本原語で勉強し、
指揮はマエストロ西本智実、
演奏はイルミナートアンサンブルという贅沢な機会をいただきました。 
 
 まずは全員で「合唱」の部分をリハーサル。 
イタリア語を読むのも、音取りをするのも時間がかかりました。 
 
10月からは「イルミナート合唱団」の方ならどなたでも参加できることになり(コーラスのみでもOK)、
参加団員も増えてのリハーサルになりました。 
 
2015年になりましたが、マエストロのスケジュールもまだ確定できず、
発表の日程・会場が決定しておらず調整に時間がかかりました。 
「アンジェリカ」に参加の団員から、 
「いつになりますか?」「仕事の都合があるので参加できるか日程を知りたいです?」 
「どこのホールですか?」と、
問い合わせが多くなっていきました。 
劇団のお稽古場を見学に行ったり、学校の体育館、
大学の音楽室と候補をあたりました。 
なかなか該当会場がなく頭を抱えておりましたが、「教会がいいのでは?」とお知らせをいただき、ご紹介いただきましたのが「聖パトリック教会」さんでした。 
 
 
 
 
 
教会を拝見させていただき、ここなら「アンジェリカ」のイメージに合うのでは! 
 
そして2015年11月21日(土) 聖パトリック教会 にて 
「第18回 イルミナート教育プログラム 『オペラワークショップ “修道女 アンジェリカ”』」が決定しました。   
 
イルミナート合唱団については下記をご参照ください。
イルミナート合唱団HP http://chorus.illuminart-phil.com/